Search

“♡PLAYCOOL CAMP2017♡” BY NAZ CHRIS

Naz Chris

IMG_7982-1

【PLAYCOOL CAMP】の
シーズンが今年もやってきた🔥

“What’s PLAYCOOL?”

本来「涼しい」という意味の語
“cool” に「カッコいい」という
意味を足し加えたのは、
20世紀初頭のアメリカ合衆国
で、当時奴隷という立場にあった
アフリカン・アメリカン。
彼らに厳しい生活を強いる “heat” に対して、

―coolに
― 涼しい顔で自分らしくあり続ける

…ことは 仲間からの尊敬の対象となった✨

その後、小説家ノーマン・メイラ
ーやジャズ・ミュージシャンの
マイルス・デイヴィスらが
cool = カッコいいを体現し、
定着させていくー。

日本にももcoolによく似た気風
=「いき(粋・意気)」。

 

IMG_2827
江戸の人々は身なり振る舞いを
洗練させ、 人情に通じ、遊び方
を知っていることを美徳とした。

その反面、やぼな振る舞いや
「いきがる」ことは忌み嫌われたのです。

現代に生きる私たちもクラブで
遊ぶときには、こうした美学を
思い出すようにしたいもの。

近年、クラブカルチャーを取り巻く
騒音、ゴミのポイ捨て、ケンカ
への対策など、クラブが取り組む
べき問題は山積み。

クラブ業界は今、
そうした諸問題の解決に向かって
真摯に努力する姿勢を示すことが
求められている。

IMG_2143

日本に先駆けて、
2000年代初頭からそうした
地道な努力を続けた
ドイツのベルリン・クラブ・
コミッションは、行政と共に
再開発地域の街づくりに
参画するまでになっています。

クラブもまた社会の一員として
地域や産業との共存共栄を
目指すということー。

それがこれからのクラブの
あるべき姿です。
それを体現する国内の団体である、
“PLAYCOOL”が毎年、会場や講師を伴って、
クラブ文化や音楽シーンの発展に
一肌脱ごうと、世代間の交流も
目的とした課外授業型の
カルチャー講座を渋谷の中心に
位置するContact・スタジオ
MISSIONで行っています。

今年はメンバーとして私も
この野外カルチャースクールの
お手伝いをしながら、
シーンの発展や若い世代の
代表として、世代間の橋渡しを
してこようと思っています🔥

 

Image-1
11/3(祝金)12:00-21:00、
渋谷のContact Tokyoで開催💥

1クラス105分制の充実した内容で、
1クラスは¥2000、
クラス受け放題の通しチケットで
¥6000という価格で
国内一のDJ・ラッパー・
アーティストのクラスが受けられます!

今年もその理念に賛同して下さった
小室哲哉さんも参加して下さいます♥️

 

今日はその”PLAYCOOL CAMP”の
クラスを一挙紹介します♥️

IMG_2863

★12:00 PM – 13:45 PM
★A教室 1限: DJビギナー講座

★講師:
木村コウ/WASEI CHIKADA/
YOKE aka DJ REDBLOOD

クラブプレイはもちろん、
さまざまな現場で即応用可能な
PCDJの基本的な使い方を
通して、DJ の基礎知識の習得を
目指すクラス。

KO KIMURA、WASEI CHIKADA
によるDJソフトTRAKTORの
説明、YOKEによるDJソフト
SERATOの説明が行われる。
PCDJを始めたい方に
必見のセミナー!

実際にクラブでプレイする際に
知っておきたい「DJマ ナー」、
「DJ交代のタイミング」、
「現場で困らない機材のスイッチ
ング」、「店舗スタッフ や
PA(音響係)との接し方」など、
クラブDJにとどまらず、
様々な現場における”DJ”としての
基 本的な知識とスキル習得を
ベースに、「今更人に聞けない
Q&A」など、⻑いDJキャリアを
持つ 講師陣が丁寧にレクチャー。
現場デビューしたて、これから
クラブデビューしたいDJ初心者
に もお薦めしたい内容となって
いる。

講師陣には、HOUSE MUSIC
シーンはもちろん、
国内外クラブシーンの30年史に
おいて、日本 DJ界のパイオニア
であり続ける木村コウ、
DISCO/HIP-HOP/ HOUSE、
そしてELECTRIC FUNK に至る
まで、多岐にわたるジャンルで
プレイするWASEI CHIKADA、
ECLER・DENON DJ・ KORG・
STANTON・TONIUM・TECHNICS・
NATIVE INSTRUMENTSなどの
機材メーカー各社の
デモンストレーターを
務めた経験を持ち、デジタル・
オーディオ機器に精通、
現在は様々な アーティストの
プロデュースや、DJ BEAT率いる
”THE JAZZ ZODIAC”としても
活動するYOKE aka DJ REDBLOODを迎え、
主にPCDJを用いたビギナーDJの
ための入門講座となる。

 

IMG_2860★12:00 PM – 13:45 PM
★B教室 1限:
小室哲哉が語る
ダンスミュージック史の軌跡
-スター誕生/流行の終焉と軌跡/
音楽プロデューサーとは-

★講師:小室哲哉/Zeebra.

90年代中期より、安室奈美恵、
観月ありさ、篠原涼子、trf、
hitomi、内田有紀、H Jungle
with t、globeなど多数の
音楽プロデュースを兼任。
数々の歴史的ミリオンセラーや
ヒット 曲を打ち立て、
「小室ファミリー」、「小室サウンド」
といった呼称でカテゴライズされ る
【小室ブーム】という
社会現象を巻き起こした、
国内音楽史において後世にまで
語り継 がれる重鎮・
音楽プロデューサー:小室哲哉と、
PLAYCOOL CAMP主催・クラブ
とクラブ カルチャーを守る会会⻑、
渋谷区観光大使:ナイトアンバサダーとして
シーンに多大なる功績を残す
活動に従事しながらも、
近年のフリースタイルブームの
火付け役となった人気TV 番組

「フリースタイルダンジョン」の
メインMC兼オーガナイザーを
務めるZeebraを中心 とする
90年代のダンスミュージック史」・
「スター誕生」と
「これから求められる人 材」・
「音楽プロデューサー」という
職業」をメインテーマに、

PLAYCOOL CAMPのみで
展開されるエクスクルーシヴな
音楽トークと秘話を含む、
内容充実の105分。

さらなるスペシャルゲストも
登壇予定、ある種の時代の節目に、
次世代とそのシーンに捧ぐ
特別なトーク・セッションとなる。

 

IMG_2865

★14:00PM – 15:45PM
★A教室 2限:
Pioneer DJ rekordbox講座
★講師:Q’HEY/YOKE aka DJ REDBLOOD

プロフェッショナルDJ機器を
踏襲した”高音質”・”高レスポンス
性能”で“本物”のパフォー マンス
を実現するソフトウェアとして
注目を集め、世界中にユーザーが
急増、次世代エンジン
「KORETECH」を搭載し、
さらなる進化を遂げようとして
いる【rekordbox dj】を
フィーチャーした初心者向けの講座。

組み合わせにより即興で作成した
フレーズに対し、更にアレンジを
加えオリジナリティ の高い演奏
を可能にする「SEQUENCE
CALL」・「SEQUENCE
LOAD」機能や直感的で 個性的な
アレンジを可能にする
「PAD FX」・「SAMPLER」に
加え、プロフェッショナル DJ
ミキサー/リミックス・ステーシ
ョンと同様のエフェクトを搭載するなど、
次世代のワー ルド・スタンダー
ドとしての可能性を秘めた
【rekordbox dj】の基本的な使い方、
また今 年9月にリリースされた
ばかりの最新アップデート版
【Ver.5.0】にもスポットを当て
ていく。
rekordboxユーザーやこれから
同ソフトウェアを使用してみたい
DJに向けたビギナー向けクラス。

 

IMG_2867
★14:00PM – 15:45PM
★B教室 2限: Watusiの私塾
PLAYCOOL CAMP-出張SP-

★講師:
Watusi (COLDFEET)
ゲスト : arvin homa aya

前回の「PLAYCOOL CAMP
WINTER 2016」のvol.1では、
ゲストに MONDO GROSSO・
大沢伸一氏を迎え好評を博した
【Watusiの私塾-出張版- 】が
今年もPLAYCOOL CAMPに登場。
今回はシンガーやソングライター、
そして歌ものを操り、
歌録音やディレクションを行う
皆さんへ「日本語と歌との大切な
関係」というテーマで特別講義。

▲日本のポップスの歴史と
歌詞と歌との大切な関係」

▲自分らしい歌詞の響かせ方とは
またメロディを輝かせる歌詞とは?

▲歌詞とメロディの身体的な
関連を昭和のポップス史を
追いながら紐解く120分

▲ゲストにクラブ系アーティスト
への客演でも知られるarvin
homa ayaさんをお招きし、
英詞作成や歌う為のポイントなども解析。

▲昭和歌謡史(国産初のポップス
から自作自演の時代へ)に見る
洋楽と日本詞との関係

▲洋楽を日本詞表現する為の
響かせ方とリズムのトライアル史

▲日本語の持つ身体との密接な関連
▲歌唱における歌詞の磨き方

▲歌詞やライミングとメロディとの関係

▲リリックとポエムの違い

▲メロディの中で言葉を響かせる為に

▲50音と向き合う為に・・・
あ段(ア母音を含む音節の総
称)、い段、う段、濁音や2種類
の鼻濁音、半濁音の特徴

▲ポップスの源流とも言える英詞
の持つ身体との密接な関連英詞を
響かせる大切なポイント

 

IMG_2875

◾︎16:00 PM – 17:45 PM
◾︎A教室 3限:
ACID HOUSEトークセッション –
ACID HOUSE生誕30周年記念 (対談編)-

◾︎ナビゲーター:DJ EMMA
スピーカー:
KO KIMURA/DJ TASAKA/YUMMY

87年頃より、シカゴやロンドン
で同時多発的に拡散、トータル・
カルチャーにも及ぶ影響力を現在
に も放ち続け、シカゴでDJ
Pierreが『Acid Trax』を制作した際、
アナログ・シンセサイザー
:Roland TB-303のツマミを
ランダムに操作する事によって
偶然生み出されたサウンド
“Acid House”の歴史から
現在の痕跡までを国内屈指の
レジェンドDJ陣が熱烈に挑む
スペクタクル・ロング対談。

ナビゲートには、“Acid House
生誕30周年記念”として、
House/Techno最後のレジェンド
であるシー ンのオリジネータ
ー:Phutureを招聘する
「EMMA HOUSE」のレジデント:DJ EMMA 、

スピーカーに は、
KO KIMURA、DJ TASAKA、DJ YUMMYなど
シーン核となるDJ陣を招致し、
RolandTB-303・ PHUTER・TRAX
またシカゴ発のElectro Body Musicの
レーベル”WAX TRAX”と
デトロイト、 ニューヨークとの関連性や

“Acid House”と”Acid Techno”との相違点までを
網羅したディープなトー ク・
セッションを展開する。

現在の”Acid House”に関しては、
2年ぶりとなる10月11日に
リリースされた、国内のAcid Houseシー ンに
フォーカスしたコンピレーション
シリーズの最新作「ACID CITY 3」に
フォーカスして余すところなく
語り尽くす唯一無二の
まさに”ACID CITY”東京の地下で
巻き起こる大放談となるだろう。

受講者によるスピーカーへの
質問は挙手制にて受付。
国内屈指のレジェンド陣に
直接疑問をぶつける機会も設けられる。

 

IMG_2881

◾︎16:00 PM – 17:45 PM
◾︎B教室 3限:
-Zeebra presents-
HIP-HOPヒストリー

◾︎講師:
Zeebra/ダースレイダー
◾︎ゲスト:
荏開津広/DJ MASTERKEY

1996年7月7日ー、
日比谷野外音楽堂で開催された
「さんぴんCAMP」から20年余りが経過 し、
着実に進化と変貌を遂げてきた
国内におけるHIP-HOPシーンとその現在。

いわゆるさ んぴん世代と
それ以前の黎明期、そして現在のブームと
”フリースタイルダンジョン”の
放 送開始まで、さんぴん世代を
基軸としたシーンの20年史を
ベースに、国内のHIP-HOP史上
欠くことのできないキーパーソン
と共にお届けするスペシャルロング対談。

今年、国内初となるHIP-HOP
専門ラジオ・ステーション【WREP】を開局、
PLAYCOOL CAMPを主催する
クラブとクラブカルチャーを守る会の
会⻑でもあり、昨年より慶應義塾大学
(三田キャンパス)で教鞭をとるなど、
”現代芸術”の分野にも貢献する
Zeebra、聞き手として東京大学
中退という異色の経歴を持ち、
多摩大学などでも講演、
オフィス北野への電撃移籍も
話題となったダースレイダー、
国内のクラブ黎明期よりDJを
始め、執筆家・翻 訳家としても
活躍、京都精華大学や立教大学の
非常勤講師も務める:荏開津広、
Buddha Brandと共に凱旋帰国し、
渋谷のHIP-HOPシーンに
パーティーカルチャーを根付かせた
オリジネーター:DJ MASTERKEYなどが参加。

 

IMG_2877
◾︎18:00 PM – 19:45 PM
A教室 4限:
ACID HOUSEを作ろう
-ACID HOUSE生誕30周年記念(実践編)-

◾︎講師:DJ EMMA/Q’HEY/DJ AMIGA/SERi

“対談編”から続く第2限目の
【ACID HOUSE講座】は、
”Acid House”の制作過程を通じ
て、”Acid House”そのものの
魅力をディープに体験する【実践編】。

DJのみならずトラックメイカー
としても 活躍する講師陣が、
Roland社のアナログ・シンセサ
イザー【TB-303】をはじめとする
Acid House の歴史に大きく影響を与えた
TB実機を用いて、解説・実演を
交えながら即興でAcid Houseを制作。
昨今のクリエイターたちによる
”ハード・シンセ”や”モジュラー・
シンセ“、リズムマシン回帰 にも
通ずる着眼点から、ハードウェア
と制作にスポットを当てて展開する。

講師陣には、“Acid House生誕30
周年記念”として、
House/Techno最後のレジェンド
であるシーンのオリジネーター
:Phutureを招聘する
「EMMA HOUSE」のレジデントDJ EMMA 、
QʼHEY(REBOOT)、DJ AMIGA、SERiなどを招致、
国内屈指のDJ/トラックメイカー
の制作現場を 生で見られるかのような
興奮にも包まれる貴重な時間を体験できる。

また希望者には、会場のTB実機
を実際に触りながらのデモンスト
レーションに参加することも可能だ。

(使用機材/機種)
TB-303/TT-303/TB-03/TB-3/TR8/KORG Volca Bass/KORG KAOSS PAD/ BOSS HM-2 HEAVY METAL/ProCo RAT他)

 

 

IMG_2869

◾︎18:00PM-19:45PM
◾︎B教室 4限:
-Zeebra presents-
PLAYCOOLダンジョン-HIP-HOPカルトQ&A-

◾︎講師:Zeebra/ダースレイダー

受講生・全員参加型による
”初・中・上級編”=カルトクイズ形式の
【HIP-HOPバラエティー】。

会場全体を駆使ながら、
出題される問題に参加者が
会場に設置された”解答エリア”に移動、
クイズをクリアしていく。
難問から珍問 まで、ホスト:Zeebraと
MC:ダースレイダーによる
目から鱗の問題が出題されるとともに、
最終問題をクリアした参加者には、
WREPへの出演権や
オリジナ ル・グッズなどの進呈もあり。
クイズ中盤からは、サプライズな
PLAYCOOL版モンスターたちが
参加者に混じっ てクイズに参戦、
解答を繰り広げる!?
人気ラッパーやDJたちと
一丸となって切磋 琢磨しながら、
ダンジョンをクリア、全問正解目指して
Zeebraのもとまで辿り着 こう!

 

IMG_1506

最近は、都内の私立大学だけでなく
地方の専門学校や大学でも
受けられるようになってきた
アーティストによる講義や授業。

私たちが10代だった頃は、
特別講義まではあったものの、
これで単位が取得出来るなんて
ちょっと画期的過ぎる!

恵まれている分、
そしてさらにこの講義が、
リアルタイム配信までされてて(!)
10代のハングリー精神が
どこまで鍛えられるのかは
逆にちょっと心配だけれど、
この恵まれた環境を生かして、
次の世代に繋げて、
さらに刺激的な世の中づくりの
一手を担ってもらいたいと思う!

そんな一手を担う講義、
そして課外授業が、
【PLAYCOOL CAMP】🔥

11/3(文化の日)祝日に開校です♥️

 

気になった方は是非詳細を下記からcheck🔥

PLAYCOOL CAMP2017
TRUE TO THIS
Naz Chris

 

Recent News + Video

Volcomunity Blog

“VOGUE Fashion Night-out 2018!” BY NAZ CHRIS

北海道〜大阪、列島各地 で被災された皆様に 1日も早い安息の日々が訪れることを 心からお祈り申し上げますー。 --------- 夏もそろそろ終わり!そして秋到来です♡ 秋といえばもうこんな時期。 【VOGUE Fashion Night Out】が、 今年も4都市で開催決定!!! 東京〜大阪〜神戸〜名古屋! ファッショニスタたちと そのキーパーソンたちが大集合します♡ その中でも東京会場は豪華! 表参道ヒルズを中心地として、 様々なコンテンツが展開予定なのですが... 私、Naz Chrisも、 この東京会場のオープニングDJとして、 参加してまいりますー!! 米VOGUE誌編集長:アナ・ウインターを 発起人としてスタートした、 この【VOGUE Fashion Night Out】!! 参加出来ることは、 ファッショニスタの証し!!! ストリート代表として、 オープニング飾ってまいります!! TRUE TO THIS Naz Chris
Volcomunity Blog

“South African Volcom stone” BY JOJI SHIMAMOTO

スケートボードには色んなチャンネルがある。 その中にコンテストスケートシーンというものがある。 世界大会ともなると開催地に世界中からスケーターの猛者どもが現れる。 現代の賞金稼ぎにも似た世界を周るコンテストスケーター、その中に南アフリカ共和国出身でVolcomがサポートしているスケーターがいた。 彼の名はBrandon Valjalo 現在20歳の南アフリカ共和国のVolcom riderだ。 アメリカで約半世紀前に生まれたスケートボードは母なる大地にも繋がっている。 彼は一体南アフリカからどのように世界へスケートボードという乗り物で旅を始めるようになったのだろう? “兄貴の影響で3歳から始めたスケートはjust for funでどちらかというと学校でやるスポーツの方が熱心だった。転機は14歳の時、スケートコンテストへの出場は、経験のためにもAMクラスではなくPROクラスで出場することを友人に勧められた。どこまで通用するのか知るためにも、初めて大人たちに混ざってPROクラスで出場すること決めた。結果は好調な滑りで予選を勝ち抜き、決勝まで進むことができた。 この時の興奮と楽しさがスケートボードと真剣に向き合わせてくれて自分がやりたいことはスケートボードだと悟った。それからは毎日スケートに乗り続けた。 その後コンテストにも出続け15歳から3年連続で南アフリカのチャンピオンシップで優勝に輝いた。 そして国際大会にも声がかかるようになって現在20歳になり世界中を旅をしてスケートボードをしている。” 世界中を自由にスケートボードで旅をする。 自由を愛するスケーターにとっては夢のようだ。 ”世界を回って仲間を作り、いつでも仲間を頼って行ける場所が、世界各地にあることは気持ちいいのことだ。” コンテストはその扉を開ける手段の一つでもある。 世界は広い。スケートボードは世界を繋いでくれる。 半世紀前に生まれた、ただの板に4つタイヤがついたおもちゃの可能性は無限大だ。 実はそんな扉が日本でもある。 神戸で10月に開催される“Ark League”だ。 今年で2回目を迎える。 僕にコンテストスケートを魅力を教えてくれた瀬尻稜がプロデュースしている世界大会だ。 一般エントリーも開始しているのでこの機会に世界の扉を叩いてみよう。 何事もやり続ける先には世界がある。 挑戦し続けよう。 True To This Joji
Volcomunity Blog

“Los Cabos Open QS6000” BY SARA WAKITA

メキシコ、ロスカボスから帰ってきましたー! 2回目のQS6000でめっちゃ学ぶことがありました! 私は、ラウンド3で負けてしまい。。またまた悔しいです! 試合の前は波がでかくて何日かサーフィンできない時もありました、 台風が直撃して色々と大変でした笑 みんなと試合前の練習! メキシコはとにかく暑すぎてずっと水着、日に焼けすぎて顔が痛いw 毎日サーフィンして、プール入って、食べて、またサーフィンして、食べて、寝る。この繰り返し! 最高でした! 最終日は波がよくて、夜の8時までサーフィンしちゃいました! 次は伊豆でJPSAの試合です! 今回学んだことを出し切って、頑張ります!
Volcomunity Blog

”Chiba Ichinomiya Open QS1000” BY SARA WAKITA

この間は千葉で、QS1000の試合がありました! 私はラウンド2で負けてしまったんですけど、いい経験になりました! 男の方はQS6000と言う大きな大会を見て勉強になったし、楽しかった! いい刺激になりました! サーフィンは調子良かったので負けてしまってめっちゃ悔しいです! 来週からメキシコに女の子の試合で一番でかいQS6000で出に行きます。 CT選手も出るのでちょっと緊張してますが、頑張ります! 試合前のフリーサーフィンの時の写真です! 写真はプロサーファの村田嵐くんのお父さんが撮ってくれました! @yasushi_photo 試合の時の写真です! ボルコムストア東京に行った時の写真!
Volcomunity Blog

“UKデビュー!!!” BY NAZ CHRIS

Hello!!! Naz Chrisです♡ 先日、Volcom blogでも発表した、 Watusi (COLDFEET)さんとのユニット: 【NAZWA!】がロンドンのDJ management promotion total media【RONDO】で 最新の MIXと共に紹介されました♡ 【 MIXはこちら】 https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ nature、forest、sea、globe、people、tribal.... あらゆる"WA!"の繋がりを 音楽と共にフィーチャーしながら 今後も国内〜東南アジアを中心に、 【NAZWA!】の世界観を広げに今年から スケジュールが決まってきそうなので、 是非サポートよろしくお願いします♡ https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ 今回の最新 MIXは、 Tribal Houseを中心とする MIXですが、 是非聴いてみてくださいね♡ 夏にはフェスにも出たい!!!! https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ TRUE TO THIS Naz Chris
Volcomunity Blog

“#BCTION x MAGNET by SHIBUYA109” BY JOJI SHIMAMOTO

#BCTION再始動しました! 復帰第一弾は渋谷駅前スクランブル交差点すぐ横の 商業施設内の屋上と内階段に壁画を完成させました! 2018年4月28日、109MEN’SがMAGNET by SHIBUYA109としてリニューアル・オープンしました。 リニューアルのテーマは「シブヤのシゲキ」。若手アーティスト・クリエイターが、自分達の個性を表現し、繋がり、新しい世代が新たな渋谷カルチャーを作り上げていく為の遊び場・実験場として、このスクランブル交差点横のMAGNETを、エンタメ発信基地として活用していきます。 また、新しいアートの発祥地ともすべく、屋上と店舗内の階段壁面は#BCTIONキュレーションのもと、国内外で活躍するアーティストの作品で彩りました。MAGNET by SHIBUYA109を巡りながら総勢9組+αのアーティストの作品を見ることができます! 無料で開放されているのでぜひ渋谷に行った際はよろしくお願いします! 今回参加してもらったアーティストは 屋上 Mon Koutaro Ooyam 屋上はMAG's PARK として晴れている日は開放されてます!これからの季節は気持ちいいですよ〜 今後はいろんなイベントもやるみたいなのでお楽しみに! 内階段は上から7F~6F Imaone このスプレーのみで描かれたキャラの名はマグネットおにいさん あのマグにいも気になってます。 6F~5F Jon Jon Green 蝶々柄を起点したいろんなテクスチャーが織り混ざってる壁画なので 壁バックに写真も撮りやすいです〜早速友達のマリアンをパシャり 5F~4F Whole9  大阪にホームをおく2人組のWhole9が手がけてくれた "Multi View" 4F~3F Jun Inoue モノトーンのイメージが強いJUN君だけどこんなカラフルで優しい絵のサイドもある。キッズチャンネルのような感じで見ていて優しい気持ちになれそうです。 3F~2F 苦虫ツヨシ 刺激的な女の子が描かれてる2~3F  可愛い猫もいますよ! 2F~1F BakiBaki x 木全靖陛 1階に新しくできた和風のお土産さんもあるので ここはBakiBakiと木全君の初コラボでインバウンド向けの和風壁画を堪能できます。 階段踊り場の数カ所あの方にもスペシャルゲストとして参加していただきました! うちの一箇所は見ての通り苦虫のところです。 他にも数カ所ハナウタ君がいるので探して見てください〜 壁画って自分も一緒に写真撮って作品の一部になれるのがいいですよね ぜひお気に入りの壁の前で記念撮影してみてください〜 そして急遽Aruta Soupも7階(フードコートエリア)のエスカレーター前のシャッターを やってもらいました。21時から閉店の23時の間だけ出現します! いつも彼が描いてるうさぎのキャラを109の非公認キャラの限界うさぎに色を寄せてもらいました! こんな感じでこのプロジェクトは始まったばっかりでこれからもっといたるところにアートが増えそうです! 場所は渋谷駅前スクランブル交差点の角を旧109Mensです! ちなみ屋上には展望台があってスクランブル交差点を見下ろせます〜 MAGNET by SHIBUYA109 〒150-0041 Tokyo, Shibuya, Jinnan, 1 Chome−23−10 東京都渋谷区神南1-23-10 open everyday 10:00~21:00 7F MAG7 11:00~23:00 屋上 MAG's PARK 10:00~23:00 Volcom から借りたヘルメットで高所作業中のmon これからも#BCTIONをよろしくお願いします!! アートの力で世界を面白くしていきます! True To This joji