Search

“世代を繋ぐカルチャー。さぁ!パーティーの続きを始めよう!!” BY NAZ CHRIS

Naz Chris

 

IMG_1502思えば2017年の夏は、
本当にたくさんのParty、イベントに参加♡

フライヤーを振り返って見ても、
一夏〜初秋のヒストリーを垣間見れて
自分でも面白いなと。

クラブシーンとナイトライフ、
“冬の時代”と言われる東京でも、
大小カウントしなければ、無数のイベントやPartyが開かれている。IMG_8351

IMG_8478

IMG_8498

IMG_8501

IMG_1292

IMG_0022

IMG_0126

IMG_0584

HipHop_Psycore_Kaigi_omote


IMG_2743

IMG_2886

IMG_2819

IMG_3688

IMG_3972

IMG_3946

IMG_3807

その瞬間瞬間を、DJやアーティスト、

そしてお客様同士が繋ぐリングとなって、

カルチャーや特別な時間を
ケミストリーしている。

今、ヨーロッパを中心に、
夜の経済を活性化させようという
そんな動きが行政と民間の間で行われ、
その波が2020年を迎える東京にも
やって来ようとしているんです。

IMG_4195

大人のイデオロギーや派閥、
一定の固定観念に縛られず、
もっと自由にもっと強気に。

本当に”真の”アーティストたちが
才能に見合った、平等に評価される、
多くのチャンスを得られるよう、
また夢に向かって努力出来る環境、
人間関係が絶たれないように、
私は願っています。

IMG_1259

9月は、千葉にある美しい湖畔を有する、
リュアールして数年の
“湖畔美術館”で開催された

『HIP-HOP最高会議
M.O.C by=YOU THE ROCK★』

の中で、幼稚園生〜小学生の子供達に
アナログレコードとDJの魅力を
教えるワークショップに、
W講師として参加しました。

IMG_1260

私世代にとっても、
90年代のカルチャーすらが
Old Schoolになっているように、
70年代、80年代に産声をあげた
カルチャーやその産物は、
現在のキッズたちにとっては、
もはや”学校の教科書で見た事ある!!!”
…レベル。もはや世界史の一環。

そしてインターネットの発達により
“便利”で”すぐ手に入る”ツールを
与えられ、学びの機会が失われています。

IMG_1261

IMG_1262

インターネットやSNSや
YouTubeはとても便利で、
ある種私達の生活をスムーズにしたけど、
こうして”本物”の”素”を実際に
手に取る機会を奪ってしまったのも事実で。

スケートやサーフィンは、
実際にストリートや海に行って、
自然の洗礼を受け、
ストリートの洗礼を受け、
仲間が出来て、悔しい思いをして、
たまに好きな人が出来たりして、
そうやって人間を育てた。

音楽だって、現場が、LIVEが、
partyがカルチャーを生んだ。

IMG_0280

IMG_0346

IMG_3565

 

IMG_1968

IMG_2085

IMG_3836

IMG_2950

I put everything in to this word.

“SNSやパソコンの中だけで、
現実や友達を知ったつもりにならないで。外へ出よう!”

実際に私達の生活に便利なものも、
ましてや音楽やアートやその場所も、
誰かが誰かに、大人が子供に、
仲間が別の仲間に伝えて、
直に共有して伝える事で生まれます。

キッズは?
パソコンの中だけで育む愛の中で
生まれるの?生まれない。それと同じです。

IMG_3595

“PLAYCOOL CAMP”の
カルチャースクールのも
普段はクラブやパーティーに
訪れる機会のない人たちが持っている
DJ・クラブミュージック・カルチャー
こういったものに対する意見交換や
“学びの場”としても機能し、
約8時間、8つのクラスが行われました。

IMG_4332

eyecatch
IMG_3907

そしてVolcom Japanもー、
“Volcom Entertainment Live”に
U.S.Aからレジェンドである、
SUICIDAL TENDENCIESを招待。

この数年でこんなにStudio Coastの
ステージとオーディエンスが
一体化したのを観たのは久しぶりだった。
これがまさにアーティストが、
バンドが、裏方が、オーディエンスが、
ALL一体化した理想のかたち。

こういう瞬間に何かが生まれるのです。

IMG_3980

仕掛け人のBigボスが、
このROCK魂溢れる
Volcom Japanのmeikoさんだということも、
日本のストリート・カウンター
カルチャーの未来に
まだ希望の光を感じてもいいじゃん!

そう思えた瞬間でした。

IMG_3415

 

IMG_3515

IMG_3565

IMG_3264

IMG_2827

IMG_2531

IMG_2084

IMG_0516

IMG_1012

IMG_1417

IMG_2499

IMG_3520

IMG_3586

IMG_1850

次の笑顔の行方はー!?

 

“さぁ!!
パーティーの続きを始めようか!!”
TRUE TO THIS
Naz Chris

Recent News + Video

Volcomunity Blog

“写真展 CONNECT” BY JOJI SHIMAMOTO

写真は自分とこの世界が接続した瞬間の記憶でもある。 そんな瞬間の記憶をただいま代々木上原にあるレストランFireking cafeにて展示してます! 写真展のタイトルは”Connect” 繋がる。 人は常に何かと繋がって生きていく。 それは人、文化、街、社会だったり、もちろんインターネットもそうである。 なにと繋がっていくかで変わっていく世界。 今回の写真展は約10年にわたり様々な国で撮影した作品と、ペインターとのコラボレーション3点を加えた15点を展示しています。 コラボレーション作家は普段からつながりのある三人に頼みました。 一人目は、同じJで最近よくコラボレーションをしていてMAGNETのプロジェクトににも参加してくれたJONJON GREEN 二人目は、自分のスケートのローカルスポットの後輩で#bs_archivesでもコラボしたRust 三人目は、サンフランシスコに住んでいた頃から一緒に現地のアートショーに参加していた盟友の yoshi47 コラボ作品はダンボールに直接プリントした写真の上に各々ペイントしてもらいました。 出来上がりは現地で確認してください!かなりいい感じに仕上がってます。 11月4日まで展示してますのでぜひあなたの人生の繋がりにいれていただければ。 会場はお洒落なレストランで夜のライティングが綺麗です。デートにもおすすめですよ。 この写真展きっかけで気になるあの人とのつながりを深めてもらえれば幸いです^^ 在廊のタイミングなどはtwiiterで更新していきますのでタイミングで自分とも繋がれます! 宜しくお願い致しますm(_ _)m Photography exhibition "Connect" images by Joji Shimamoto 会場 /  Fireking cafe 東京都渋谷区上原1-30-8 最寄駅 代々木上原駅 会期 / 2018年 10月15日(月)〜11月4日(日) 営業時間 / 月〜金 11:30am - 3:00am    土〜日 12:00pm - 3:00am 繋がりは大事で何と繋がっていくかはもっと大事 True to this joji
Volcomunity Blog

“VOGUE Fashion Night-out 2018!” BY NAZ CHRIS

北海道〜大阪、列島各地 で被災された皆様に 1日も早い安息の日々が訪れることを 心からお祈り申し上げますー。 --------- 夏もそろそろ終わり!そして秋到来です♡ 秋といえばもうこんな時期。 【VOGUE Fashion Night Out】が、 今年も4都市で開催決定!!! 東京〜大阪〜神戸〜名古屋! ファッショニスタたちと そのキーパーソンたちが大集合します♡ その中でも東京会場は豪華! 表参道ヒルズを中心地として、 様々なコンテンツが展開予定なのですが... 私、Naz Chrisも、 この東京会場のオープニングDJとして、 参加してまいりますー!! 米VOGUE誌編集長:アナ・ウインターを 発起人としてスタートした、 この【VOGUE Fashion Night Out】!! 参加出来ることは、 ファッショニスタの証し!!! ストリート代表として、 オープニング飾ってまいります!! TRUE TO THIS Naz Chris
Volcomunity Blog

“South African Volcom stone” BY JOJI SHIMAMOTO

スケートボードには色んなチャンネルがある。 その中にコンテストスケートシーンというものがある。 世界大会ともなると開催地に世界中からスケーターの猛者どもが現れる。 現代の賞金稼ぎにも似た世界を周るコンテストスケーター、その中に南アフリカ共和国出身でVolcomがサポートしているスケーターがいた。 彼の名はBrandon Valjalo 現在20歳の南アフリカ共和国のVolcom riderだ。 アメリカで約半世紀前に生まれたスケートボードは母なる大地にも繋がっている。 彼は一体南アフリカからどのように世界へスケートボードという乗り物で旅を始めるようになったのだろう? “兄貴の影響で3歳から始めたスケートはjust for funでどちらかというと学校でやるスポーツの方が熱心だった。転機は14歳の時、スケートコンテストへの出場は、経験のためにもAMクラスではなくPROクラスで出場することを友人に勧められた。どこまで通用するのか知るためにも、初めて大人たちに混ざってPROクラスで出場すること決めた。結果は好調な滑りで予選を勝ち抜き、決勝まで進むことができた。 この時の興奮と楽しさがスケートボードと真剣に向き合わせてくれて自分がやりたいことはスケートボードだと悟った。それからは毎日スケートに乗り続けた。 その後コンテストにも出続け15歳から3年連続で南アフリカのチャンピオンシップで優勝に輝いた。 そして国際大会にも声がかかるようになって現在20歳になり世界中を旅をしてスケートボードをしている。” 世界中を自由にスケートボードで旅をする。 自由を愛するスケーターにとっては夢のようだ。 ”世界を回って仲間を作り、いつでも仲間を頼って行ける場所が、世界各地にあることは気持ちいいのことだ。” コンテストはその扉を開ける手段の一つでもある。 世界は広い。スケートボードは世界を繋いでくれる。 半世紀前に生まれた、ただの板に4つタイヤがついたおもちゃの可能性は無限大だ。 実はそんな扉が日本でもある。 神戸で10月に開催される“Ark League”だ。 今年で2回目を迎える。 僕にコンテストスケートを魅力を教えてくれた瀬尻稜がプロデュースしている世界大会だ。 一般エントリーも開始しているのでこの機会に世界の扉を叩いてみよう。 何事もやり続ける先には世界がある。 挑戦し続けよう。 True To This Joji
Volcomunity Blog

“Los Cabos Open QS6000” BY SARA WAKITA

メキシコ、ロスカボスから帰ってきましたー! 2回目のQS6000でめっちゃ学ぶことがありました! 私は、ラウンド3で負けてしまい。。またまた悔しいです! 試合の前は波がでかくて何日かサーフィンできない時もありました、 台風が直撃して色々と大変でした笑 みんなと試合前の練習! メキシコはとにかく暑すぎてずっと水着、日に焼けすぎて顔が痛いw 毎日サーフィンして、プール入って、食べて、またサーフィンして、食べて、寝る。この繰り返し! 最高でした! 最終日は波がよくて、夜の8時までサーフィンしちゃいました! 次は伊豆でJPSAの試合です! 今回学んだことを出し切って、頑張ります!
Volcomunity Blog

”Chiba Ichinomiya Open QS1000” BY SARA WAKITA

この間は千葉で、QS1000の試合がありました! 私はラウンド2で負けてしまったんですけど、いい経験になりました! 男の方はQS6000と言う大きな大会を見て勉強になったし、楽しかった! いい刺激になりました! サーフィンは調子良かったので負けてしまってめっちゃ悔しいです! 来週からメキシコに女の子の試合で一番でかいQS6000で出に行きます。 CT選手も出るのでちょっと緊張してますが、頑張ります! 試合前のフリーサーフィンの時の写真です! 写真はプロサーファの村田嵐くんのお父さんが撮ってくれました! @yasushi_photo 試合の時の写真です! ボルコムストア東京に行った時の写真!
Volcomunity Blog

“UKデビュー!!!” BY NAZ CHRIS

Hello!!! Naz Chrisです♡ 先日、Volcom blogでも発表した、 Watusi (COLDFEET)さんとのユニット: 【NAZWA!】がロンドンのDJ management promotion total media【RONDO】で 最新の MIXと共に紹介されました♡ 【 MIXはこちら】 https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ nature、forest、sea、globe、people、tribal.... あらゆる"WA!"の繋がりを 音楽と共にフィーチャーしながら 今後も国内〜東南アジアを中心に、 【NAZWA!】の世界観を広げに今年から スケジュールが決まってきそうなので、 是非サポートよろしくお願いします♡ https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ 今回の最新 MIXは、 Tribal Houseを中心とする MIXですが、 是非聴いてみてくださいね♡ 夏にはフェスにも出たい!!!! https://m.mixcloud.com/RondoGlobal/rondo-presents-nazwa/ TRUE TO THIS Naz Chris