Search
  • Skate

    FIRST SESH IN CJ COLLINS’ BACKYARD

    すべての14歳のスケーターが夢見る、いつでも滑りたい時に滑れるスケートパークを自宅裏庭に持つCJ COLLINS CJが10才の時に父親と一緒に裏庭を掘り始めてから、スケートパークを作るのに3年かかった。パークが完成したと聞いて仲間と一緒にこのパークをチェックしに行くこととなった。Pedro Barros, Omar Hassan, Toy Machineでチームメイトの Collin Provostといった豪華なメンツが集結した。パークの一部にはバーベキューが出来るようにグリルも埋め込まれている。日曜日のセッションは最高なものとなった。 CJにこのパークの詳細を聞いてみることにしよう。途中まで宿題をやっていたので少し待つこととなった。 ビデオを観て下の記事も読んでみることにしよう。 いつバックヤードにパークを作ろうとしたの? 裏庭を掘り起こしたのは3年前なんだ。ずっと前からどうしていいのか分かんなくて、マジでやるしかないだろうと思って、やっと作ることに決めたんだよ! パークのデザインってもってた?デザインってどしたの? デザインはしてないね。ナプキンのようなものに簡単に描いたんだ。その後にRemyに頼んでDugOUT Design StudiosのDug KettermanというボルコムHQスケートパークのデザインを手伝ってくれた人にお願いしたんだ。 バックヤードにはどのくらいの期間入ってたの? 3~4ヶ月はバックヤードにいたよ。 出来上がってみて、スケートしてどうだった? マジで興奮したよ! 信じらんないくらい最高だったよ! 自分以外で誰かスケートしてた? 他のスケーターとかは来てないの? ビルダーの人達が滑ってたよ。それが終わってから少しBBQもして、何人かはスケートしてたけど、そんなに多くは来てないね。 誰かそこで吹き飛んだ? まだ吹っ飛んでないね。 最初にそこで滑ったプロってCollinとPedroとOmar? うん、僕以外は彼らが最初だね。 BBQはどのくらいの頻度で使ってんの?俺らが転がしてる時は綺麗に見えたけど... 年明けに一回だけみんなで使ったくらいかな。 VANを運転して興奮した? マジ興奮したよ! あっちこっちぶつけちゃったよ! もっとやっとけば良かったね(笑) そうだね! めちゃくちゃ楽しかった。 かなり危険な感じだった気がするよ。次のフロリダの 'Road Rager' tripに来る? うん、2月の終わりか3月の頭らへんだよね? そう! フロリダは行ったことある? 4年前にTampa Amで行ったよ。ボルコムがコンテストに連れて行ってくれたのが初めてだね。 おお、4年前か、10才の頃だね。去年はエントリーしたんだっけ? 去年はしてないんだ。でも、今年は行きたいと思ってる。行けたら最高。 中国でToy MachineのやばいフッテージをいくつかTransworld Skateboarding videoでみたけど、中国に行くのって初めてだっけ? Vans Park Seriesの前に行ってたっけ? Toy Machineのトリップは、Vans Park Seriesの前に行ったんだ。だからToy Machineのトリップで中国に来たのが初めてなんだよ。 おぉ、最高じゃん! で、どうだった? 病気になっちゃったよ。でも人里離れた所のスポットを回った。最初の2週間はマジで体調悪くて、目は乾くし熱は出るし、寝てるしかなかったよ。 Collinは看病してくれた? みんなスポットに行って、僕はホテルでチルってたよ。みんな、お前大丈夫か寝てろよって感じだったんだよね。朝、調子が良い時は外に行ったり、みんなとスケートしたりしてたよ。 ほかは何してんの? 家で宿題したり、週末は友達と会ったりって感じかな。 何年生? どんな学校なの? 9年生だね。普通の学校と違うかは知らないけど。 まあ、そんな感じか... うん、学校は好きじゃないね、生物はFがついてるしさ。 最近は何のパンツ履いてるの? 今、まさに履いてるのはFrickin' Modern Chinos。デニムならSolverかな。でも普段はチノパンで滑ってるよ。 パークでの夢のセッションは? 3人をあげるとしたら誰? Grant Taylor、Collinはすでに来てくれたから夢が叶ったよ(笑)あとはDustinもここでの滑りを見てみたいと思ってる。彼が何をやってくれるのか見たい(笑) この排水口はどうしたの?やばいよね! 僕と父親のアイデアなんだよね。父の友人で金属関係の仕事をしてる人に頼んで作ってもらったんだ。BBQ グリルもね。 ありがとう! じゃあ、宿題にとりかかってくれ、F欲しくないだろ。 確かに! じゃあ、またね!
  • Product

    KYLE WALKER SIGNATURE COLLECTION

    長年VOLCOMのSkate Teamライダーとして活躍し、近年ではVansの「Propeller and No Other Way」やVOLCOMの「Holy Stokes!」といったメジャーなビデオプロジェクトでその名を轟かせているKyle Walker。 Thrasher MagazineのSkate Of The Year 2016を受賞したことで、その価値の高さを称えるべく、VOLCOMはカイルと手を組んで、セレブレーションの意味を込めたコラボレーションを全世界で展開することになりました。 12/19(火)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始予定。 ※一部店舗除く The VOLCOM x K.W.コレクションは、Kyle自身がインスパイアを受けたアイデアがデザインに落とし込まれています。ハイファッションとストリートウエアの融合、そしてカイルのルーツであるオクラホマの雰囲気がかもし出されています。 "このコレクションは、俺の故郷であるオクラホマからインスピレーションを受けているんだ。俺の左腕に入っているオクラホマ州鳥のタトゥーと、クラシカルなアメリカーナパターンをグラフィックとして採用した。" -Kyle Walker コレクションアイテムは下記をCHECK! VLCM x KYLE WALKER PO FLEECE Price : 13,000yen Size : S, M, L Color : BLK VLCM x KYLE L/S TEE Price : 4,900yen Size : S, M, L Color : BLK, WHT VLCM x KYLE S/S TEE Price : 4,400yen Size : S, M, L Color : BLK, WHT VLCM x KYLE WALKER CUFF BEANIE Price : 4,700yen Size : Onesize Color : BLK, PLM 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN
  • Skate

    CROSSPOLLUTION

    テンション高めのライディング、睡眠不足、強烈なエネルギー、スノーボーディング、スケートボーディング、バカ騒ぎ、超っ早、楽しさ、自由。 VOLCOMのSKATEとSNOWのライダー達のナマの映像がごった返し! イケてるヨゴレ共のイカレた日常。 ボーナスクリップ「HAZARDOUS WASTE(産業廃棄物)」はこちらから
  • Skate

    Volcom In Paris – L’Waiting Game

    スペインで行われたLa Kanteraコンテストの後、VOLCOMスケートチームライダーがフランス、パリの街を訪れストリートシューティングを遂行。 メンバーは、Axel Cruysberghs、Louie Lopez、Collin Provost、Victor 'Doobie' Pellegrin、Eniz Fazliov。ツアー中は雨が止んだり降ったりの毎日だったが、雨が止んでいる合間に撮影も無事終わることができた。 Louie Lopez | Smith Bash Congrats Lou on the COVER of The Skateboard Mag issue 162! パリのど真ん中にあるスポットにて smith bashをメイク。 Cover shotをおさえたのはヨーロッパカメラマンのJelle Keppensによるもの。 Click here↑ ツアーの詳細が見れます。 映像はこちら↑ パリにあるスポットにてEniz Fazliovによる衝撃的なFront blunt!!

Recent News + Video

Skate

FIRST SESH IN CJ COLLINS’ BACKYARD

すべての14歳のスケーターが夢見る、いつでも滑りたい時に滑れるスケートパークを自宅裏庭に持つCJ COLLINS CJが10才の時に父親と一緒に裏庭を掘り始めてから、スケートパークを作るのに3年かかった。パークが完成したと聞いて仲間と一緒にこのパークをチェックしに行くこととなった。Pedro Barros, Omar Hassan, Toy Machineでチームメイトの Collin Provostといった豪華なメンツが集結した。パークの一部にはバーベキューが出来るようにグリルも埋め込まれている。日曜日のセッションは最高なものとなった。 CJにこのパークの詳細を聞いてみることにしよう。途中まで宿題をやっていたので少し待つこととなった。 ビデオを観て下の記事も読んでみることにしよう。 いつバックヤードにパークを作ろうとしたの? 裏庭を掘り起こしたのは3年前なんだ。ずっと前からどうしていいのか分かんなくて、マジでやるしかないだろうと思って、やっと作ることに決めたんだよ! パークのデザインってもってた?デザインってどしたの? デザインはしてないね。ナプキンのようなものに簡単に描いたんだ。その後にRemyに頼んでDugOUT Design StudiosのDug KettermanというボルコムHQスケートパークのデザインを手伝ってくれた人にお願いしたんだ。 バックヤードにはどのくらいの期間入ってたの? 3~4ヶ月はバックヤードにいたよ。 出来上がってみて、スケートしてどうだった? マジで興奮したよ! 信じらんないくらい最高だったよ! 自分以外で誰かスケートしてた? 他のスケーターとかは来てないの? ビルダーの人達が滑ってたよ。それが終わってから少しBBQもして、何人かはスケートしてたけど、そんなに多くは来てないね。 誰かそこで吹き飛んだ? まだ吹っ飛んでないね。 最初にそこで滑ったプロってCollinとPedroとOmar? うん、僕以外は彼らが最初だね。 BBQはどのくらいの頻度で使ってんの?俺らが転がしてる時は綺麗に見えたけど... 年明けに一回だけみんなで使ったくらいかな。 VANを運転して興奮した? マジ興奮したよ! あっちこっちぶつけちゃったよ! もっとやっとけば良かったね(笑) そうだね! めちゃくちゃ楽しかった。 かなり危険な感じだった気がするよ。次のフロリダの 'Road Rager' tripに来る? うん、2月の終わりか3月の頭らへんだよね? そう! フロリダは行ったことある? 4年前にTampa Amで行ったよ。ボルコムがコンテストに連れて行ってくれたのが初めてだね。 おお、4年前か、10才の頃だね。去年はエントリーしたんだっけ? 去年はしてないんだ。でも、今年は行きたいと思ってる。行けたら最高。 中国でToy MachineのやばいフッテージをいくつかTransworld Skateboarding videoでみたけど、中国に行くのって初めてだっけ? Vans Park Seriesの前に行ってたっけ? Toy Machineのトリップは、Vans Park Seriesの前に行ったんだ。だからToy Machineのトリップで中国に来たのが初めてなんだよ。 おぉ、最高じゃん! で、どうだった? 病気になっちゃったよ。でも人里離れた所のスポットを回った。最初の2週間はマジで体調悪くて、目は乾くし熱は出るし、寝てるしかなかったよ。 Collinは看病してくれた? みんなスポットに行って、僕はホテルでチルってたよ。みんな、お前大丈夫か寝てろよって感じだったんだよね。朝、調子が良い時は外に行ったり、みんなとスケートしたりしてたよ。 ほかは何してんの? 家で宿題したり、週末は友達と会ったりって感じかな。 何年生? どんな学校なの? 9年生だね。普通の学校と違うかは知らないけど。 まあ、そんな感じか... うん、学校は好きじゃないね、生物はFがついてるしさ。 最近は何のパンツ履いてるの? 今、まさに履いてるのはFrickin' Modern Chinos。デニムならSolverかな。でも普段はチノパンで滑ってるよ。 パークでの夢のセッションは? 3人をあげるとしたら誰? Grant Taylor、Collinはすでに来てくれたから夢が叶ったよ(笑)あとはDustinもここでの滑りを見てみたいと思ってる。彼が何をやってくれるのか見たい(笑) この排水口はどうしたの?やばいよね! 僕と父親のアイデアなんだよね。父の友人で金属関係の仕事をしてる人に頼んで作ってもらったんだ。BBQ グリルもね。 ありがとう! じゃあ、宿題にとりかかってくれ、F欲しくないだろ。 確かに! じゃあ、またね!
Product

KYLE WALKER SIGNATURE COLLECTION

長年VOLCOMのSkate Teamライダーとして活躍し、近年ではVansの「Propeller and No Other Way」やVOLCOMの「Holy Stokes!」といったメジャーなビデオプロジェクトでその名を轟かせているKyle Walker。 Thrasher MagazineのSkate Of The Year 2016を受賞したことで、その価値の高さを称えるべく、VOLCOMはカイルと手を組んで、セレブレーションの意味を込めたコラボレーションを全世界で展開することになりました。 12/19(火)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始予定。 ※一部店舗除く The VOLCOM x K.W.コレクションは、Kyle自身がインスパイアを受けたアイデアがデザインに落とし込まれています。ハイファッションとストリートウエアの融合、そしてカイルのルーツであるオクラホマの雰囲気がかもし出されています。 "このコレクションは、俺の故郷であるオクラホマからインスピレーションを受けているんだ。俺の左腕に入っているオクラホマ州鳥のタトゥーと、クラシカルなアメリカーナパターンをグラフィックとして採用した。" -Kyle Walker コレクションアイテムは下記をCHECK! VLCM x KYLE WALKER PO FLEECE Price : 13,000yen Size : S, M, L Color : BLK VLCM x KYLE L/S TEE Price : 4,900yen Size : S, M, L Color : BLK, WHT VLCM x KYLE S/S TEE Price : 4,400yen Size : S, M, L Color : BLK, WHT VLCM x KYLE WALKER CUFF BEANIE Price : 4,700yen Size : Onesize Color : BLK, PLM 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN
Skate

CROSSPOLLUTION

テンション高めのライディング、睡眠不足、強烈なエネルギー、スノーボーディング、スケートボーディング、バカ騒ぎ、超っ早、楽しさ、自由。 VOLCOMのSKATEとSNOWのライダー達のナマの映像がごった返し! イケてるヨゴレ共のイカレた日常。 ボーナスクリップ「HAZARDOUS WASTE(産業廃棄物)」はこちらから
Skate

Volcom In Paris – L’Waiting Game

スペインで行われたLa Kanteraコンテストの後、VOLCOMスケートチームライダーがフランス、パリの街を訪れストリートシューティングを遂行。 メンバーは、Axel Cruysberghs、Louie Lopez、Collin Provost、Victor 'Doobie' Pellegrin、Eniz Fazliov。ツアー中は雨が止んだり降ったりの毎日だったが、雨が止んでいる合間に撮影も無事終わることができた。 Louie Lopez | Smith Bash Congrats Lou on the COVER of The Skateboard Mag issue 162! パリのど真ん中にあるスポットにて smith bashをメイク。 Cover shotをおさえたのはヨーロッパカメラマンのJelle Keppensによるもの。 Click here↑ ツアーの詳細が見れます。 映像はこちら↑ パリにあるスポットにてEniz Fazliovによる衝撃的なFront blunt!!
Events

#ThisFirstコンテスト勝者15名によるUPDATES!!

去る6/9-6/22の期間でエントリーを募ったVOLCOM主催のグローバルオンラインコンテスト#ThisFirst の勝者15名は、早速それぞれの情熱を持って取り組む課題“This First”に着手し始めている模様! #ThisFirst コンテスト ‐ あなたにとって「これだ! と思う事」を伝えてください。あなたの人生において何よりも熱中している事を、インスタグラムやフェイスブック等オンラインを通じて応募し、Volcomから6週間分の投資を受けるチャンスを手にしよう! スペインの映画製作者Àngel Pérez は、“Horchata Perez Ortega”なるミュージカル映像作品集で、彼の映像制作を開始することを明らかにしました。すでに最初の曲を作っており、出演する俳優もキャスティングしています。彼は今後数週間にわたって制作プロセスを文書化していきます。 “私は今回、自分自身のプロジェクトのためだけに時間を費やせるということに、とても興奮しています。私は何度も言われてきました。『あなたはあなたの夢に全ての時間を費やすことができますか?それとも、他人の夢のために時間を無駄にしますか?』 UKの勝者であるペインターの Joanna Painterは、彼女の地元であるコーンウォール州のHolywell Bayという場所の美しい風景を捉えた、新しい大判の木炭画の制作を始めました。この作品には彼女の芸術と海洋保全に対する情熱が込められています。同時に彼女は、新しい作品の進行状況を記録したタイムラプスを作成しています。完成するまでに100時間以上かかる模様です。 ドイツのフォトグラファーSteffen Türmerは、自転車でドイツのミュンヘンからフランス、スペインを通って大西洋に向かうロードトリップをしています。実際には、今回の#ThisFirstの勝利者が発表された時、すでに彼はこの旅に出発しており、その道中でした。35mmフィルムに、この旅を収め続けています。 フランスのアスリート Anaïs Chausseは、今年10月にカナダで開催される“Obstacle Course Racing”と呼ばれるアスレチックコースレース選手権に出場するまで、およそ2カ月をかけてTr1be OCR Teamというトレーニングチームとフランス外で厳しいトレーニングをおこないます。オフの日には息抜きにディズニーランドにも行くかもしれないそうです:) アメリカ・ボストンのフォトグラファーTim Briggsはノースイースタン大学3年生で、プラスチックや漁網が及ぼす影響を調査するために、メキシコのラパスに行くことを約束しています。 ヒューストンのポッドキャスト配信者/ジャーナリストのBrandon Clementsは、彼の共催者であるJulian Lara氏と共に、テキサスで開催されていたフェス“Float Fest”に、出演していたアーティスト“Cage The Elephant”と“Moon Taxi”のインタビューを彼らのポッドキャスト“Dead Dialect Podcast”でカバーするために、テキサス州へ車で向かいました。 カリフォルニアのクリフジャンパーRobert Wallは、アメリカで開催された最大級のフリースタイル・クリフジャンプイベントで1位を獲得しました。彼は、まだまだ無名なクリフジャンプというスポーツの認知を広げるために、彼以外の多くのジャンパー達とともに活動しています。 ヒューストンのダンサーCanarus Leon は、彼のクルーであるRADとMZKと共に、今秋ロサンゼルスで開催されるフリースタイルダンス選手権に向けて、日夜練習に励んでいます。 フィラデルフィアのアーティストSara Beckerは、精神疾患と戦う彼女の家族について赤裸々に社会へ発信することに取り組んでいます。現在彼女はサウスカロライナからフィラデルフィアに戻り住み、ひとまずプリントショップとのパートナーシップを確保するために働きかけています。 ペルーのミューラルアーティストCarolina Paz は、首都リマから2時間ほどのところにあるCarapongo Valleyという場所を訪れました。そこで女性の人権問題についての高校生向けワークショップを開いています。"Poder Está Dentro de Mí"(私は自分の中にパワーを持っている)と題されたワークショップで、アート、創造力、イマジネーションを用いて、参加する女性の心の中から潜在的な、信頼、愛、自尊心を引き出しています。 チリのデザイナーSimón Sepúlvedaは、現在チリで起こっている移民問題を明らかにするための取り組みをしています。彼が着目していることは、より良い生活を求めて、荒廃した国から逃げていくハイチ人移住者の困窮です。近年では移住先がチリしかなく、包括的な移民政策がありません。移住者は差別や労働虐待に直面しています。 コスタリカのストリートパフォーマーFabian Ruizは、“Chama”という名前でよく知られており、今秋にアメリカツアーを決行することを計画しています。VISAの取得も完了しました。現在スケートボードデッキのスライドギターを新たに製作中で、アメリカツアーに向けて、彼のワンマンバンドセットアップをさらに強化しようとしています。 日本のドラマー Atsushi Mikiは、先日開催されたフェス“Fuji Rock Festival”にMichael Kanekoのバンドとして参加していました。彼は和太鼓を自然の中や人工的な場所など、様々なスポットに持っていき、新しいインスピレーションを得ながらレコーディングを行っています。 台湾のボランティア活動家Chen Yu Chingは、インドへのボランティアトリップの準備として、母国台湾でのバックパックトリップを先日完了させました。彼女はインドへの旅の前に、自分自身に挑戦し続けるために、精神的にも肉体的にも力を養う必要があると感じ、バックパックトリップを試みたかったのです。 オーストラリアのイベントプロモーターTylah Kerrは、メルボルンでのショーを立ち上げる作業に励んでいます。彼女はすでにThe Gasometer Hotelを会場として押さえており、ニューキャッスルのバンド“Vacations”のブッキングも完了できているようです。また、このショーの収益の一部は、世界中のコミュニティスケートパークを生み出す非営利団体「Life Skate Life」という慈善事業に寄付されます。これは、彼女が16歳の時にネパールに旅行した時に受けた感銘が、きっかけとなっているそうです。
Art

The Irrational Pursuit, “This”の探求

バレエダンサーとスケートボーダーを結び付けるものは何だろう? では、ミュージシャンとスノーボーダーでは? VOLCOMブランドの価値観であり、我々が追い求め続ける“True To This”が何を意味するのかを、そしてあなたが求めて止まない情熱とは何かを、より深く探求していこう。 この映像では、ブランドコンセプトである“True To This”を、ブランド創設から共に歩み、様々な分野でそれぞれの“This”を探求し続けるVOLCOM FAMILYやアンバサダーなどをフィーチャーし、その多様性をひとつの集大成として表現している。 それぞれの胸を内を解き明かし、それぞれの思い描く境地へと行きつくためには... あなたがスケートボーダー、サーファー、スノーボーダー、何かを創出する人、活動家、エンジニア、グルメ、起業家、あるいは他の全く新しい事に投資している人や、どんな人だとしても、それぞれの“This”に対する情熱、すなわち同じ力のもとに人生を導かれていることに分け隔てはなく、その想いは同じはずだ。 ※本映像YOUTUBEは、日本語含む16か国語の字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。