Search

FIRST SESH IN CJ COLLINS’ BACKYARD

Volcom Japan

すべての14歳のスケーターが夢見る、いつでも滑りたい時に滑れるスケートパークを自宅裏庭に持つCJ COLLINS

 

CJが10才の時に父親と一緒に裏庭を掘り始めてから、スケートパークを作るのに3年かかった。パークが完成したと聞いて仲間と一緒にこのパークをチェックしに行くこととなった。Pedro BarrosOmar Hassan, Toy Machineでチームメイトの Collin Provostといった豪華なメンツが集結した。パークの一部にはバーベキューが出来るようにグリルも埋め込まれている。日曜日のセッションは最高なものとなった。

invan

CJにこのパークの詳細を聞いてみることにしよう。途中まで宿題をやっていたので少し待つこととなった。

ビデオを観て下の記事も読んでみることにしよう。

 

いつバックヤードにパークを作ろうとしたの?

裏庭を掘り起こしたのは3年前なんだ。ずっと前からどうしていいのか分かんなくて、マジでやるしかないだろうと思って、やっと作ることに決めたんだよ!

 

パークのデザインってもってた?デザインってどしたの?

デザインはしてないね。ナプキンのようなものに簡単に描いたんだ。その後にRemyに頼んでDugOUT Design StudiosのDug KettermanというボルコムHQスケートパークのデザインを手伝ってくれた人にお願いしたんだ。

 

バックヤードにはどのくらいの期間入ってたの?

3~4ヶ月はバックヤードにいたよ。

出来上がってみて、スケートしてどうだった?

マジで興奮したよ! 信じらんないくらい最高だったよ!

 

cjnocomply

 

自分以外で誰かスケートしてた? 他のスケーターとかは来てないの?

ビルダーの人達が滑ってたよ。それが終わってから少しBBQもして、何人かはスケートしてたけど、そんなに多くは来てないね。

 

誰かそこで吹き飛んだ?

まだ吹っ飛んでないね。

 

最初にそこで滑ったプロってCollinとPedroとOmar?

うん、僕以外は彼らが最初だね。

BBQはどのくらいの頻度で使ってんの?俺らが転がしてる時は綺麗に見えたけど…

年明けに一回だけみんなで使ったくらいかな。

collinblunt_1-2

 

 

VANを運転して興奮した?

マジ興奮したよ! あっちこっちぶつけちゃったよ!

もっとやっとけば良かったね(笑)

そうだね! めちゃくちゃ楽しかった。

 

かなり危険な感じだった気がするよ。次のフロリダの ‘Road Rager’ tripに来る?

うん、2月の終わりか3月の頭らへんだよね?

そう! フロリダは行ったことある?

4年前にTampa Amで行ったよ。ボルコムがコンテストに連れて行ってくれたのが初めてだね。

おお、4年前か、10才の頃だね。去年はエントリーしたんだっけ?

去年はしてないんだ。でも、今年は行きたいと思ってる。行けたら最高。

 

cjinroom_1

 

showingphoto_1

 

中国でToy MachineのやばいフッテージをいくつかTransworld Skateboarding videoでみたけど、中国に行くのって初めてだっけ? Vans Park Seriesの前に行ってたっけ?

Toy Machineのトリップは、Vans Park Seriesの前に行ったんだ。だからToy Machineのトリップで中国に来たのが初めてなんだよ。

おぉ、最高じゃん! で、どうだった?

病気になっちゃったよ。でも人里離れた所のスポットを回った。最初の2週間はマジで体調悪くて、目は乾くし熱は出るし、寝てるしかなかったよ。

Collinは看病してくれた?

みんなスポットに行って、僕はホテルでチルってたよ。みんな、お前大丈夫か寝てろよって感じだったんだよね。朝、調子が良い時は外に行ったり、みんなとスケートしたりしてたよ。

 

 

pedrobssmith

ほかは何してんの?

家で宿題したり、週末は友達と会ったりって感じかな。

何年生? どんな学校なの?

9年生だね。普通の学校と違うかは知らないけど。

まあ、そんな感じか…

うん、学校は好きじゃないね、生物はFがついてるしさ。

 

cjproduct

 

最近は何のパンツ履いてるの?

今、まさに履いてるのはFrickin’ Modern Chinos。デニムならSolverかな。でも普段はチノパンで滑ってるよ。

パークでの夢のセッションは? 3人をあげるとしたら誰?

Grant Taylor、Collinはすでに来てくれたから夢が叶ったよ(笑)あとはDustinもここでの滑りを見てみたいと思ってる。彼が何をやってくれるのか見たい(笑)

 

cpkf

 

omardonna

この排水口はどうしたの?やばいよね!

僕と父親のアイデアなんだよね。父の友人で金属関係の仕事をしてる人に頼んで作ってもらったんだ。BBQ グリルもね。

grate

ありがとう! じゃあ、宿題にとりかかってくれ、F欲しくないだろ。

確かに! じゃあ、またね!

 

 

 

 

 

 

 

Recent News + Video

Product

CELEBRATING 20 YEARS OF SKATEBOARDING WITH GRANT TAYLOR | “GTXX: DOWN SOUTH IN HELL”

VOLCOMは、SKATEチームライダーGrant Taylorとの20年間に及ぶスケートボーディングの日々をここに祝福する! アパレルコレクションを12/4(火)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始! ※一部店舗除く GTことGrant TaylorとVOLCOMは20年間共に歩んできた。VOLCOM STONEを形成する一つの要素として、長年にわたり彼の進歩と成長をフックアップすることは、我々VOLCOMにフィットしていると感じている。彼の友人や家族が同じことを言うように。 VOLCOMがアトランタ生まれのスケートチームライダーGrant Taylorと20年間を共に歩んできたことを祝福するこのアパレルコレクション。Grantがまだ幼いころの若々しい記憶からインスピレーションを受け、グラフィックには90年代VOLCOMの大胆なオーガニック・ハンド・アート・スタイルを採用。 さらに、スケートボード業界ではもはや知らぬ者はいないであろう“Down South In Hell”という彼のハンドルネームが、20年間VOLCOMライダーであることを表す“98-18”もしくは“XX”のシンボルロゴと一緒にコレクションアイテムに散りばめられている。 Down South Bk S/S Tee Price : 3,800yen Size : S, M, L Color : WHT Down South Ft S/S Tee Price : 3,800yen Size : S, M, L Color : MIL Down South L/S Tee Price : 4,900yen Size : S, M, L Color : BLK Down South P/O Fleece Price : 10,800yen Size : S, M, L Color : BLK Down South Cap Price : 4,800yen Size : Onesize Color : BLK THE GRANT TAYLOR STORY Grant Taylorのキャリアは、地元ATL(アトランタ)のローカル・スケート・プロであり、スケートショップ“Stratosphere”のオーナーでもある彼の父Thomas Taylorと共にジョージア州アトランタで始まり、まさにスケートボード”に”生まれた。VOLCOMレジェンドであり、現VOLCOM SKATE・バイス・プレジデントであるRemy Strattonは、スケートツアーの道中でThomasの自宅を訪れた際に、まだ生まれたばかりだったGrantと出会った。 GrantとVOLCOMの物語は、数年後、彼がまだ若干6歳の時に始まる。当初、ThomasがRemyに宛てたGrantのフッテージ入りVHSテープをVOLCOMのオフィスに時折送り続けることで、私たちの物語はスピードを上げていった。 "Grantは最初から、まさに‘うってつけ‘だった。故に関係もごく自然に生まれたんだ"とRemyは語っている。その後も、ThomasはいくつかのVHSテープを送り続け、彼らがフロリダのサーフ・エキスポ・トレードショーにアテンドされた際、それに参加していたVOLCOMクルー達は、ブースの目の前にあったバーチカルランプでGrantの才能を目の当たりにした。 その後すぐ、VOLCOMは彼らを自分たちのファミリーに受け入れた。Grantはそれ以来、今に至るまでVOLCOMの一員だ。 父Thomasは、当初Grantが幼少期という時期をただスケートボードと共に過ごしているだけと思っていたが、十代前半を迎えた時期、“彼の才能をきちんと扱わなければいけない”と感じはじめた。 その後VOLCOMに加えて、誰もが羨むであろうスケートボードカンパニー“Alien Workshop”と出会う。 Grantが世界中を旅してスケートする機会を得るようになったのはこの時期からだった。VOLCOMのチームメイトCollin Provostは「Chichagof(VOLCOM映像作品)の最初の撮影の時に初めて、(トレードショーやそのコンテストだけでなく)“本物の旅”に一緒に参加し始めたんだ」と説明する。その後からGrantは、幾度となく世界中の最高のスポットやスケートパークで滑っている。 Grantに立ち止まる気配はない。彼はこれからもできる限りスケートと旅を続けていくつもりだ。 VOLCOMでの彼のキャリアの最初の20年間を振り返ってみると、それはスケートボードに対する彼の揺るぎない情熱の証であり、VOLCOMはそんな情熱によって共に上がっていける関係でいれることにも、とても興奮している。 我々はこれから先もGrant Taylorのスケートボーディングを楽しみにしている。 “スケート狂よ、永遠に!”by Thrasher Magazine Jake Phelps 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN
Events

OG CHEESE / BURDEN VOLCOM JAPAN HQ PREMIERE

本日会場がVOLCOM JAPAN HQに変更になりました。 会場MAPは下記リンクより 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-15-7 4F 来る11/30(金)VOLCOM JAPAN HQにて、SNOWチームライダー小川凌稀が所属するSTONPの映像”OG CHEESE”と、SKATEチームライダー阿部涼太と増田竜万が所属するBURDENの映像、SNOW×SKATE 2本立て試写会イベントの開催が決定! 当日は誰でも入場可能/無料&フリービア―。DJには”OG CHEESE”に音源を提供したKIDDBLAZZを迎え、その場を盛り上げた滑りには、現ナマ賞金ばら撒きスタイルのスケートランプジャムも!飛び入り参加大歓迎!もちろん各ライダーたちも来場予定! この機会にイケてる映像&クルーを2つまとめてチェックして、みんなで遊びましょう!BURN UP!! OG CHEESE / BURDEN VOLCOM JAPAN HQ PREMIERE 11/30(FRI) 18:00 OPEN / 21:00 CLOSE at VOLCOM JAPAN HQ 4F Presented by STONP FREE ENTRANCE / FREE BEER by PRIMO BEER / FREE SKATE RAMP 【TIME TABLE】 18:00:OPEN / DJ iceman 18:45:DJ KIDDBLAZZ 19:00:SKATE RAMP BEST TRICK JAM by VOLCOM 19:45:“BURDEN” 20:00:“OG CHEESE” 20:25:DJ KIDDBLAZZ 21:00:CLOSE STONP "OG CHEESE" TRAILER BURDEN過去作品 SPECIAL THANKS: EPIC SNOWBOARDING MAGAZINE, PRIMO BEER
Art

Slightly Removed – Capturing the memories with Chris Pfanner

※本映像YOUTUBEは、日本語字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。 このショートストーリー“Slightly Removed”では、カナダ・バンクーバーという土地に魅せられた、スケートチームChris PfannerとAxel Cruysberghsの2人をフォローしています。 針葉樹の熱帯雨林に囲まれた繁忙な都市・バンクーバー。都心部と自然の情景が隣り合わせにある、陰と陽の二重性をもつ都市… その二つが合わさることによって、対照的な環境の両方を受け入れ、共存していくためのバランスの取れたきわめて稀なエネルギーを放っています。 Chris Pfannerはスケーターとしてだけでなく、好奇心旺盛でスキルのあるフォトグラファーとしても、この都市で自然とコンクリートを行き来し、バンクーバーがもつ両方のバランスをドキュメントしたのでした。 Chris Pfanner HERNAN JACKET Axel Cruysberghs BREWS COACH JACKET、VSM WHALER PANT、FULL STONE BEANIE THRIFTER P/O
Skate

Speak Two The Wind Webisode Series: Motorcycling + Skateboarding Through United States and Europe

※本映像YOUTUBEは、日本語字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。 モーターサイクルメーカーであるHarley-Davidson協力の元、 スケートボードとモーターサイクル・ライディングをフィーチャーしたWEB配信映像集“Speak two the wind”をリリース! スケートボードとモーターサイクル・ライディングの共通点を見いだすように、砂嵐、雨、雹、そしてまた降りかかる雨と戦いながら、仲間たちと共にハイウェイをひた走る。 “スロットルを回してれば余裕だろ!” ハイウェイで横滑りするバイクたちの横で、誰かが雄叫びを上げる。 エピローグを公開! スケートチームライダーCJ Collins、Collin Provost、Jackson Pilzと仲間達は、メキシコシティーからサン・ミゲル・デ・アジェンデを目指した。植民地時代から残る古い建造物、およそ2000年以上前から存在するピラミッド、そして様々なスケートスポットをヒットしながら、メキシコをバイクで走り抜けるクルー達なのであった。 5つのエピソード+エピローグをUP!CHECK IT OUT! スケートボードとモーターサイクル・ライディングには根深い共通点があります。中毒性、あふれ出るアドレナリン、情熱がつまった自由のドアは、目いっぱい大きく開かれています。 一人一人異なった個性、ライディングスタイルを受け入れ、仲間と一緒でも一人でも、舗装された道路であれば、どこでも乗ることができます。 交通手段として、表現として、もしくは単に風を切るために、何にせよ自由なツールであることは確かです。 我々VOLCOMはその両方を愛しているので、情熱をひとつのプロジェクトにすることには時間がかかりませんでした。 アメリカとヨーロッパからスケートチームライダー、世界中からフォトグラファー・フィルマーであるVOLCOMヘッズを呼び集めました。 Speak Two The Windは、スケートボードとモーターサイクルライディングの両方に最も望ましいロケーションへと旅をし、そのふたつが織り成す力を呼び起こすべく、まだ誰も企んだことのない試みとして生み出されました。 EU Harley-DavidsonマーケティングのStevenによる多大なサポートの元、VOLCOMスケートチームライダーChris Pfanner(オーストリア)、Collin Provost(アメリカ)、Jackson Pilz(オーストラリア)、フォトグラファーArto Saari(フィンランド)、Jelle Keppens(ベルギー)、映像監督のLannie Rhodes(アメリカ)、そしてVOLCOMの旗振り役としてChristian Vankelst(フランス)とJake Smith(アメリカ)が参加。 我々チームは、今回敢行した北米、ヨーロッパでのツアーの両方で、新車のHarley社製バイクを提供していただいたことに感謝します。 “バイクで旅に出る。短かろうが長かろうが、どんな旅でも構わない。モーターサイクル、スケートボード、そして人生という旅路は、男たちの自由な精神に絆をもたらす。共に行動し、隊列を形成し、道路を占拠する。バイクに乗って外に繰り出すのは最高だ。生きてるって実感させてくれる。” Narration by Jamie Lynn from VOLCOM SNOW LEGEND 日本語字幕付きティーザー⇓ エピソード1⇓ カリフォルニア・ビスタにあるスケートチームライダーCollin Provostの自宅を仲間たちと出発し、カリフォルニアとアリゾナの砂漠地帯を走り抜けるクルー達。これから始まる旅の前に広がる道に、いったいどんなことが待っているのか、そんな期待を馳せながら、スケートボードと共に走り始めたのであった。 エピソード2⇓ スケートスポットをヒットしながら、アリゾナからユタへとバイクを走らせる。そしてグランドキャニオンを訪れたクルー達なのであった。 エピソード3⇓ 引き続きバイクにまたがり、スケートスポットをヒットしながらベルギーとドイツを走り抜けるクルー達。“The Picturebooks”なるバンドと出会い、彼らのプライベートライブショーを彼らのスタジオで観るのであった。 エピソード4⇓ ドイツからデンマークへ向かう道中、デンマークのビンテージバイク・ショップ“Motorious”のオーナーと出会い、周辺のストリートとローカルスケートパークをヒットするクルー達なのであった。 エピソード5⇓ デンマークからスウェーデンへ向かう道中、スウェーデンでおこなわれるモーターサイクルの祭典“Fücker Fest”で、キャンプ&ハングアウトするクルー達なのであった。
Product

VOLCOM BRAND JEANS & CHINOS with Japan Skate Team

VOLCOMスケートチームライダー阿部涼太、我如古亘、増田竜万、戸倉大鳳の4名と共にVOLCOM BRAND JEANS & CHINOS シューティングトリップを敢行!スポットをシークしつつ、日本を北上した一行。 阿部涼太 IN THE VORTA DENIM (BKO) and (SVI) 我如古亘 IN THE VSM GRITTER PLUS CHINO (SVB) and VSM WHALER PANT (CML) 増田竜万 IN THE VORTA DENIM (BKB) and (RNS) 戸倉大鳳 IN THE SOLVER DENIM (IRG) and FRICKIN REGULAR CHINO (KHA) Photos by Joji Shimamoto Film by Daisuke Takahashi & Takayoshi Saito Edit by Daisuke Takahashi CHECK LINEUP VOLCOM BRAND JEANS AND CHINOS Designed for Skateboarding, Recommended for life...
Product

Abandoned Playground Collection

郊外のライフスタイルとヴィンテージスポーツウェアに、VOLCOMのルーツ、そしてその象徴であるオールドスタイルなロゴをミックスしたコレクション“ABANDONED PLAYGROUND”をリリース! 本日9/28(金)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始! ※一部店舗除く このコレクション全体の雰囲気は、イングランドの“カジュアル”サブカルチャーとして知られている、郊外のライフスタイルから派生して生まれました。 “カジュアル”サブカルチャーとは、サッカーのフーリガンイズムとハイエンドなデザイナーズファッションに代表されるようなカルチャーに分類されるものです。 このサブカルチャーは、多くのフーリガンがハイエンドなデザイナーズクロージングや、スポーツウェアを着用し始めた1980年代初頭にイギリスで始まりました。このトレンドを、ヨーロッパ主要都市スケートボードクルーの一部が取り入れています。 当然ながらVOLCOMはストリートのライフスタイルの中で最も影響力があるといっても過言ではないであろうスケーターと対話したいと思っています。 冒頭の映像は、VOLCOMスケートチーム Ben Raemers, Jorge Simoes, Harry Lintellをフィーチャーしたプロモーションクリップ! 各アイテムの詳細はこちらよりor各アイテム写真をクリック! AP Jacket Price : 13,000yen Size : S, M, L, XL Color : BPR, TMC AP Mock Price : 11,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, WHT AP P/O Price : 11,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, FTH AP Track Jacket Price : 7,800yen Size : S, M, L, XL Color : BLK AP Crew Price : 9,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, FTH AP Cargo Price : 9,800yen Size : S, M, L, XL Color : BLK AP Hat Price : 4,800yen Size : Onesize Color : BLK, HZL AP Beanie Price : 4,200yen Size : Onesize Color : HZL, TMC AP Sock Price : 1,600yen Size : Onesize Color : FTH, HZL AP Hip Pack Price : 3,900yen Size : Onesize Color : BLK 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN