Search

Speak Two The Wind Webisode Series: Motorcycling + Skateboarding Through United States and Europe

Volcom Japan

※本映像YOUTUBEは、日本語字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。

モーターサイクルメーカーであるHarley-Davidson協力の元、
スケートボードとモーターサイクルライディングをフィーチャーしたWEB配信映像集“Speak two the wind”をリリース!

スケートボードとモーターサイクル・ライディングの共通点を見いだすように、砂嵐、雨、雹、そしてまた降りかかる雨と戦いながら、仲間たちと共にハイウェイをひた走る。
“スロットルを回してれば余裕だろ!” ハイウェイで横滑りするバイクたちの横で、誰かが雄叫びを上げる。

エピローグを公開!
スケートチームライダーCJ CollinsCollin ProvostJackson Pilzと仲間達は、メキシコシティーからサン・ミゲル・デ・アジェンデを目指した。植民地時代から残る古い建造物、およそ2000年以上前から存在するピラミッド、そして様々なスケートスポットをヒットしながら、メキシコをバイクで走り抜けるクルー達なのであった。

5つのエピソード+エピローグをUPCHECK IT OUT!

スケートボードとモーターサイクル・ライディングには根深い共通点があります。中毒性、あふれ出るアドレナリン、情熱がつまった自由のドアは、目いっぱい大きく開かれています。
一人一人異なった個性、ライディングスタイルを受け入れ、仲間と一緒でも一人でも、舗装された道路であれば、どこでも乗ることができます。
交通手段として、表現として、もしくは単に風を切るために、何にせよ自由なツールであることは確かです。
我々VOLCOMはその両方を愛しているので、情熱をひとつのプロジェクトにすることには時間がかかりませんでした。

アメリカとヨーロッパからスケートチームライダー、世界中からフォトグラファー・フィルマーであるVOLCOMヘッズを呼び集めました。
Speak Two The Windは、スケートボードとモーターサイクルライディングの両方に最も望ましいロケーションへと旅をし、そのふたつが織り成す力を呼び起こすべく、まだ誰も企んだことのない試みとして生み出されました。

EU Harley-DavidsonマーケティングのStevenによる多大なサポートの元、VOLCOMスケートチームライダーChris Pfanner(オーストリア)、Collin Provost(アメリカ)、Jackson Pilz(オーストラリア)、フォトグラファーArto Saari(フィンランド)、Jelle Keppens(ベルギー)、映像監督のLannie Rhodes(アメリカ)、そしてVOLCOMの旗振り役としてChristian Vankelst(フランス)とJake Smith(アメリカ)が参加。

我々チームは、今回敢行した北米、ヨーロッパでのツアーの両方で、新車のHarley社製バイクを提供していただいたことに感謝します。

“バイクで旅に出る。短かろうが長かろうが、どんな旅でも構わない。モーターサイクル、スケートボード、そして人生という旅路は、男たちの自由な精神に絆をもたらす。共に行動し、隊列を形成し、道路を占拠する。バイクに乗って外に繰り出すのは最高だ。生きてるって実感させてくれる。”
Narration by Jamie Lynn from VOLCOM SNOW LEGEND

日本語字幕付きティーザー⇓

エピソード1⇓
カリフォルニア・ビスタにあるスケートチームライダーCollin Provostの自宅を仲間たちと出発し、カリフォルニアとアリゾナの砂漠地帯を走り抜けるクルー達。これから始まる旅の前に広がる道に、いったいどんなことが待っているのか、そんな期待を馳せながら、スケートボードと共に走り始めたのであった。


エピソード2⇓
スケートスポットをヒットしながら、アリゾナからユタへとバイクを走らせる。そしてグランドキャニオンを訪れたクルー達なのであった。


エピソード3⇓
引き続きバイクにまたがり、スケートスポットをヒットしながらベルギーとドイツを走り抜けるクルー達。“The Picturebooks”なるバンドと出会い、彼らのプライベートライブショーを彼らのスタジオで観るのであった。


エピソード4⇓
ドイツからデンマークへ向かう道中、デンマークのビンテージバイク・ショップ“Motorious”のオーナーと出会い、周辺のストリートとローカルスケートパークをヒットするクルー達なのであった。


エピソード5⇓
デンマークからスウェーデンへ向かう道中、スウェーデンでおこなわれるモーターサイクルの祭典“Fücker Fest”で、キャンプ&ハングアウトするクルー達なのであった。

 

Recent News + Video

Art

Slightly Removed – Capturing the memories with Chris Pfanner

※本映像YOUTUBEは、日本語字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。 このショートストーリー“Slightly Removed”では、カナダ・バンクーバーという土地に魅せられた、スケートチームChris PfannerとAxel Cruysberghsの2人をフォローしています。 針葉樹の熱帯雨林に囲まれた繁忙な都市・バンクーバー。都心部と自然の情景が隣り合わせにある、陰と陽の二重性をもつ都市… その二つが合わさることによって、対照的な環境の両方を受け入れ、共存していくためのバランスの取れたきわめて稀なエネルギーを放っています。 Chris Pfannerはスケーターとしてだけでなく、好奇心旺盛でスキルのあるフォトグラファーとしても、この都市で自然とコンクリートを行き来し、バンクーバーがもつ両方のバランスをドキュメントしたのでした。 Chris Pfanner HERNAN JACKET Axel Cruysberghs BREWS COACH JACKET、VSM WHALER PANT、FULL STONE BEANIE THRIFTER P/O
Skate

Speak Two The Wind Webisode Series: Motorcycling + Skateboarding Through United States and Europe

※本映像YOUTUBEは、日本語字幕でご覧いただけます。右下の設定ボタンから字幕変更可能です。 モーターサイクルメーカーであるHarley-Davidson協力の元、 スケートボードとモーターサイクル・ライディングをフィーチャーしたWEB配信映像集“Speak two the wind”をリリース! スケートボードとモーターサイクル・ライディングの共通点を見いだすように、砂嵐、雨、雹、そしてまた降りかかる雨と戦いながら、仲間たちと共にハイウェイをひた走る。 “スロットルを回してれば余裕だろ!” ハイウェイで横滑りするバイクたちの横で、誰かが雄叫びを上げる。 エピローグを公開! スケートチームライダーCJ Collins、Collin Provost、Jackson Pilzと仲間達は、メキシコシティーからサン・ミゲル・デ・アジェンデを目指した。植民地時代から残る古い建造物、およそ2000年以上前から存在するピラミッド、そして様々なスケートスポットをヒットしながら、メキシコをバイクで走り抜けるクルー達なのであった。 5つのエピソード+エピローグをUP!CHECK IT OUT! スケートボードとモーターサイクル・ライディングには根深い共通点があります。中毒性、あふれ出るアドレナリン、情熱がつまった自由のドアは、目いっぱい大きく開かれています。 一人一人異なった個性、ライディングスタイルを受け入れ、仲間と一緒でも一人でも、舗装された道路であれば、どこでも乗ることができます。 交通手段として、表現として、もしくは単に風を切るために、何にせよ自由なツールであることは確かです。 我々VOLCOMはその両方を愛しているので、情熱をひとつのプロジェクトにすることには時間がかかりませんでした。 アメリカとヨーロッパからスケートチームライダー、世界中からフォトグラファー・フィルマーであるVOLCOMヘッズを呼び集めました。 Speak Two The Windは、スケートボードとモーターサイクルライディングの両方に最も望ましいロケーションへと旅をし、そのふたつが織り成す力を呼び起こすべく、まだ誰も企んだことのない試みとして生み出されました。 EU Harley-DavidsonマーケティングのStevenによる多大なサポートの元、VOLCOMスケートチームライダーChris Pfanner(オーストリア)、Collin Provost(アメリカ)、Jackson Pilz(オーストラリア)、フォトグラファーArto Saari(フィンランド)、Jelle Keppens(ベルギー)、映像監督のLannie Rhodes(アメリカ)、そしてVOLCOMの旗振り役としてChristian Vankelst(フランス)とJake Smith(アメリカ)が参加。 我々チームは、今回敢行した北米、ヨーロッパでのツアーの両方で、新車のHarley社製バイクを提供していただいたことに感謝します。 “バイクで旅に出る。短かろうが長かろうが、どんな旅でも構わない。モーターサイクル、スケートボード、そして人生という旅路は、男たちの自由な精神に絆をもたらす。共に行動し、隊列を形成し、道路を占拠する。バイクに乗って外に繰り出すのは最高だ。生きてるって実感させてくれる。” Narration by Jamie Lynn from VOLCOM SNOW LEGEND 日本語字幕付きティーザー⇓ エピソード1⇓ カリフォルニア・ビスタにあるスケートチームライダーCollin Provostの自宅を仲間たちと出発し、カリフォルニアとアリゾナの砂漠地帯を走り抜けるクルー達。これから始まる旅の前に広がる道に、いったいどんなことが待っているのか、そんな期待を馳せながら、スケートボードと共に走り始めたのであった。 エピソード2⇓ スケートスポットをヒットしながら、アリゾナからユタへとバイクを走らせる。そしてグランドキャニオンを訪れたクルー達なのであった。 エピソード3⇓ 引き続きバイクにまたがり、スケートスポットをヒットしながらベルギーとドイツを走り抜けるクルー達。“The Picturebooks”なるバンドと出会い、彼らのプライベートライブショーを彼らのスタジオで観るのであった。 エピソード4⇓ ドイツからデンマークへ向かう道中、デンマークのビンテージバイク・ショップ“Motorious”のオーナーと出会い、周辺のストリートとローカルスケートパークをヒットするクルー達なのであった。 エピソード5⇓ デンマークからスウェーデンへ向かう道中、スウェーデンでおこなわれるモーターサイクルの祭典“Fücker Fest”で、キャンプ&ハングアウトするクルー達なのであった。
Product

VOLCOM BRAND JEANS & CHINOS with Japan Skate Team

VOLCOMスケートチームライダー阿部涼太、我如古亘、増田竜万、戸倉大鳳の4名と共にVOLCOM BRAND JEANS & CHINOS シューティングトリップを敢行!スポットをシークしつつ、日本を北上した一行。 阿部涼太 IN THE VORTA DENIM (BKO) and (SVI) 我如古亘 IN THE VSM GRITTER PLUS CHINO (SVB) and VSM WHALER PANT (CML) 増田竜万 IN THE VORTA DENIM (BKB) and (RNS) 戸倉大鳳 IN THE SOLVER DENIM (IRG) and FRICKIN REGULAR CHINO (KHA) Photos by Joji Shimamoto Film by Daisuke Takahashi & Takayoshi Saito Edit by Daisuke Takahashi CHECK LINEUP VOLCOM BRAND JEANS AND CHINOS Designed for Skateboarding, Recommended for life...
Product

Abandoned Playground Collection

郊外のライフスタイルとヴィンテージスポーツウェアに、VOLCOMのルーツ、そしてその象徴であるオールドスタイルなロゴをミックスしたコレクション“ABANDONED PLAYGROUND”をリリース! 本日9/28(金)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始! ※一部店舗除く このコレクション全体の雰囲気は、イングランドの“カジュアル”サブカルチャーとして知られている、郊外のライフスタイルから派生して生まれました。 “カジュアル”サブカルチャーとは、サッカーのフーリガンイズムとハイエンドなデザイナーズファッションに代表されるようなカルチャーに分類されるものです。 このサブカルチャーは、多くのフーリガンがハイエンドなデザイナーズクロージングや、スポーツウェアを着用し始めた1980年代初頭にイギリスで始まりました。このトレンドを、ヨーロッパ主要都市スケートボードクルーの一部が取り入れています。 当然ながらVOLCOMはストリートのライフスタイルの中で最も影響力があるといっても過言ではないであろうスケーターと対話したいと思っています。 冒頭の映像は、VOLCOMスケートチーム Ben Raemers, Jorge Simoes, Harry Lintellをフィーチャーしたプロモーションクリップ! 各アイテムの詳細はこちらよりor各アイテム写真をクリック! AP Jacket Price : 13,000yen Size : S, M, L, XL Color : BPR, TMC AP Mock Price : 11,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, WHT AP P/O Price : 11,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, FTH AP Track Jacket Price : 7,800yen Size : S, M, L, XL Color : BLK AP Crew Price : 9,200yen Size : S, M, L, XL Color : BLK, FTH AP Cargo Price : 9,800yen Size : S, M, L, XL Color : BLK AP Hat Price : 4,800yen Size : Onesize Color : BLK, HZL AP Beanie Price : 4,200yen Size : Onesize Color : HZL, TMC AP Sock Price : 1,600yen Size : Onesize Color : FTH, HZL AP Hip Pack Price : 3,900yen Size : Onesize Color : BLK 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN
Events

VOLCOM PATAGONIA PARTNER CHP BEACH CLEAN UP レポート

8月5日(日)千葉県長生郡一宮町サンライズ&ヨンライズポイントにてVOLCOMとpatagonia、地元のサーフショップCHP、そして海洋ごみ問題解決に向けて活動する一般社団法人のJEANが協力し、今回で10回目となるビーチクリーンアップイベントを開催しました!当日は一日を通して"ド"ピーカンの猛暑となりましたが、関係者含め、過去最高の延べ約800名もの参加者が集まってくれました!VOLCOMサーフチームから吉岡智文 、佐藤魁、脇田泰地、脇田サラ、スノーチームから浜直哉、飛田流輝、スケートチームから増田竜万が参加しました! 本イベントは“環境について考える”というメッセージを発信したいという趣旨のもとにおこなっています。このビーチクリーンイベントをきっかけに、環境に対して何か少しでも意識が生まれ、それぞれがどんな小さなことでも何かアクションを起こしてもらえたら、と私たちは願っています。特にこれからの未来を創る子供たちに向けて! 今回が10回目記念ということで、同日開催したオーガニックマーケット/ワークショップのコンテンツ・アクティビティを、環境保全・地域活性・社会的配慮等をテーマに、特設スケートランプでのスクールやセッション、ビーチクリーン後のビーチでサーフスクールなど、これまで以上の出展でブースエリアもパワーアップさせ、盛りだくさんでお送りしました! 初回から恒例になっているオーガニックコットン100%素材の参加記念Tシャツプレゼント。今回は”地球に虹を架ける”というインスピレーションのデザイン! ビーチクリーン参加者への数量限定記念Tシャツ無料配布 本イベント、そしてこのTシャツには、“環境について考えるキッカケ”になってくれたら…という私たちの想いを込めています。また、環境に配慮した100%オーガニックコットン素材のボディを使用しています。Tシャツを持って帰って、着た時やタンスの中で見かけた際に、本イベント/ビーチクリーンのことについて思い出して、環境への意識を思い出すキッカケになってくれたらいいなと願っています。 前回に引き続き、永塚製作所協力のもと、清掃用トング”MAGIP”の無料貸し出しも実施! 集積されたゴミ(一部より)の種類内訳↓今回もJEAN協力の元、「国際海岸クリーンアップ(International Coastal Clean : ICC)」の手法でゴミの内容調査をおこないました。参加者の方(特にキッズ達!)と一緒に、調査をおこないました。今回は夏休みの自由研究課題として、調査に協力してくれた小学生が多数いたことが印象的でした。 実際のゴミの多さや種類に疑問を持つことで、そもそもゴミをできるだけ出さないように、普段の生活から意識できたらいいですね! 「国際海岸クリーンアップ(INTERNATIONAL COASTAL CLEAN : ICC)」とは: 海のごみ問題は、拾うだけでは決して解決しません。それはいくらごみを回収しても、新たなごみが繰り返し発生し、漂着するためです。秋のキャンペーンでは、海ごみ問題の根本的な解決方法を探るため、アメリカの環境NGOオーシャン・コンサーバンシーが提案する世界共通の手法(ICC)を取り入れ、ごみの内容を調査し、ごみの問題点を参加者一人ひとりに気づいてもらいながら、改善するための方策を探っています。これから先もずっとごみを拾い続けるのではなく、私たち自身がごみを減らさなければ海ごみ問題は解決しないことを、参加者一人ひとりに理解してもらうことが目的です。 ビーチクリーン終了後、ビーチではCHP主導によるキッズサーフスクールを開催しました。CHPクルーと共にVOLCOMライダー、patagoniaアンバサダーも講師スタッフとして参加!自分たちで綺麗にしたビーチでの波乗りは最高ですね!生徒はもちろん、スタッフ達もみんな楽しんだようです! またpatagonia Surf Chibaに、この日限定の特設スケートランプを用意!VOLCOMによるスケートボードスクールを開催しました。VOLCOMスケートチームライダー増田竜万による、それぞれのレベルに合わせた指導で、みんな着実にスキルアップしていました! VitamixとSAMBAZONのサポートによるフリーアサイー&地元一宮の梨を材料にしたスムージー無料配布も!BIG THANKS Vitamix & SAMBAZON! 毎回恒例のオーガニックマーケットもpatagonia Surf Chiba会場にて開催!ローカルのお店を中心にケータリング、オーガニックフード、手作り雑貨や観葉植物販売、ワークショップなどが出展。 patagoniaブースでは、ビーチで採集された”マイクロプラスチック”と呼ばれる小さなプラスチックのかけらゴミを使いアートを制作するワークショップを開催。昨今問題になっているマイクロプラスチックことについて知り、考えるきっかけになれば... 「いま世界で排出されるゴミの年間平均量は約25億万トン。そのうちプラスチック製のゴミは約2.75億万トンにのぼり、さらにそのうちの800万トンは海へ流出しています。2050年までに海中に浮かぶプラスチックゴミの量は重量ベースで魚の量を上回ると予測されています。」(パタゴニアブログ・クリーネストライン、赤井絵理さんの投稿からの抜粋) THINK GLOBAL, ACT LOCAL - グローバルな思考で、ローカルに活動する”Ripples”による #SayNoToPlastics署名活動(できる限りペットボトル、ビニール袋、ストロー等を消費しない)も実施。 Ripples:地域のコミュニティや個人を通じてグローバルにつながり、一緒にプラスチックフリーを目指そう!Ripplesは、使い捨てプラスチックの消費を削減し、ゼロウェイスト(根本からゴミを出さない)なライフスタイルを推奨し、さまざまなイベントやワークショップを行うコミュニティグループです。 CHP前に出展したVOLCOMブースではシルバーリボンジャパンの協力のもと、不要になった”スワッチ”と呼ばれるハギレをリユースするワークショップを開催!みんなでVOLCOM STONE型のドリームキャッチャーをつくりました! シルバーリボンジャパンとは?: シルバーリボンジャパンは、脳や心に起因する疾患(障がい)およびメンタルヘルスへの理解を促進することを目的とした運動のシンボルです。「脳や心に起因する疾患(障がい)への理解ある社会の実現を目指す」、シルバーリボンジャパンは、その理念を掲げて啓発活動を展開しています。 前回に引き続き、今回のVOLCOMワークショップは、シルバーリボンジャパンが運営する、うつ病患者などの社会復帰支援施設”ゆめが丘DC”の利用者様たちに協力していただき運営しました。 イベントの締めくくりには、笑美講師による参加無料のヨガワークアウト!ライダー、スタッフも一緒になってヨガを楽しみました。 また、本イベントは地元のサーフショップCHPをはじめ、マーケットへの出店者様やローカルの方たちの協力があってこそできることであり、この地域への還元という部分も趣旨のひとつとして、盛り上げていきたいという気持ちを持っています。 CHPでは、継続して毎月第一日曜日にサンライズビーチのビーチクリーンをおこっています。誰でも参加可能とのことなので、是非参加してみてください。 LET'S TAKE ACTION! ローカルの方々、ご協力、ご参加頂いた方々ありがとうございました! わたしたちひとりひとりの意識が地球の未来を創ります。 Photos by GEN Films by Danho Endo, Creepsick Production & Japan Goose Edit by Japan Goose Special Thanks : 一宮ウミガメを見守る会、永塚製作所、ブラウンフィールズカフェ、好文堂、米つぶ屋、サボテンミサイル、シルバーリボンジャパン&ゆめが丘DC、上総小農苑、太東はちみつ、木工作家クラモチ、ゆーちゃんふぁーむ、ワルン オン バック、AKYU SurfBoardCase、ATLANTIC COFFEE STAND、Big Mama's Cafe、Bimini、CHP & CREW、COMET☆、Creepsick Production、Danho Endo、gbtb(Moringa&Natural)、GEN、Inning、JEAN、Kei Otsuka(波乗り絵描人)、LILIA、MBM PARK BUILDERS、MOANI、Ryota Matsushita、SAMBAZON、SECURITY GUARD MANS、SHINTARO SASAKI、patagonia Japan、patagonia Surf Chiba、patagonia Ambassadors、Vitamix、VOLCOM FAMILY、SUNRISE&YONRISE LOCALS and MOTHER NATURE… VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、環境問題に真摯に取り組むアウトドアウェアブランドpatagoniaとタッグを組み、我々が遊ぶフィールドの将来を地球規模で考えながら、海と山のクリーンアップ活動をおこなっていきます。 次回ビーチクリーン開催は、去年までのスタイルに戻し、来年の春を予定しています。 ファミリーで参加されても楽しめるイベントです!是非みなさまのご参加をお待ちしております!
Skate

MAR DEL PLATA, ARGENTINA “MY CITY” WITH MILTON MARTINEZ

MY CITYはVOLCOMラテンアメリカスケートチームのビデオシリーズで彼らがどこでスケートして成長し、どのような困難に立ち向かい克服していったのかを紹介。 My cityのエピソード9ではアルゼンチンのマル・デル・プラタから来た27歳のMilton Martinez を紹介。アルゼンチンのマル・デル・プラタは、夏は非常に暑く、冬は孤独で寒い場所である。アルゼンチンのサーフキャピタルとも呼ばれるマル・デル・プラタは夏になると最も観光客が訪れる町の一つである。毎年の観光客の流入に伴い、新しいインフラストラクチャーが都市にあり、新しいスケートスポットも増えている。海岸近くのスポットはほとんど見つけることが出来るが、ドライブしてまでも価値があるいくつかのスポットは内陸にある。 サーフとスケートが両立しているマル・デル・プラタのスケートボードは歴史が深い。その為、Milton Martinezのようなアルゼンチンで最高のスケーターがこの都市から現れている。数年前、政府はスケートボードが都市で成長しているスポーツであることを学び、その活動を支援する為にこの地域にスケートパークを建て、その成長は大きくなるに連れて、地元住民の間で受け入れられて来た。 Milton Martinezがスケートボードを始めるきっかけは両親によるもので、彼の父親は有名なスケートボーダーであり、彼の母親は数年前から、地元マル・デル・プラタでソーシャル・スケートショップと言うショップを経営している。Milton Martinezの2人の弟もスケートをしている。ローカルスケートシーンにやさしい都市当局は賑やかなビーチシーン、そしてすばらしい食べ物、夢のような場所です。海が近く港には素晴らしいシーフードレストランを見つける絶好の場所です。間違いなく、あなたがアルゼンチンを訪れるなら、仲間たちと一緒にアメリカのバーベキューに似ている、アルゼンチンのアウトドア料理で "アサード"を食べるでしょう。 まったりとパーティーをしたい時は、アルゼンチンのマル・デル・プラタの夏は最高です。 昼間は日差しが多く、ビーチに隣接する新しいバーゾーンは、朝から晩まで踊ったり、飲んだりしたりするのに最高な場所です。狂ったことが起こらない限り、警察は無駄に動くことはありません。彼らは街を理解し、スケートボーダーを理解する。スケーターが警察に注意された場合、スケーターは深刻なチケットなどを受けることなく解放されます。アルゼンチンのマル・デル・プラタでスケートボーダーとして成長していってもそれほど悪くはありません。たくさんのスケートパークと街の作り、そして歓迎する社会があり、Milton Martinezのように選手たちはプロに挑戦し、このエリアから有望なスケートボーダーが輩出することを願っています。マル・デル・プラタについて耳にすることは、これが最後ではないと確信しています。