Search

Spiritual Intoxication Featured Photographer Series Tee

Volcom Japan

海、山、コンクリートの上、それぞれのフィールドでSpiritual Intoxication (精神的に高揚)するサーファー、スケーター、スノーボーダー達の人生の中における貴重な一瞬を捉えた、それぞ れのフィールドで活躍するフォトグラファー吉田憲右 aka YOGE、Joji Shimamoto、Neil Hartmannの3人をフィーチャーしたフォトTeeシリーズ、Spiritual Intoxication Featured Photographer Tee Seriesを来る4月10日発売を開始します。

この発売を記念して、4/10金曜日、原宿のVOLCOM STORE TOKYOにて3人のトークショーを開催します!

4/10(金) 18:00 – 21:00
VOLCOM STORE TOKYO リリースパーティー詳細はこちら

PHOTO

 

Yoge Featured Photographer Tee 
YOGE300
鎌倉七里ガ浜正面から撮影された『鎌倉高校前』、『峰が原』、『ロア』の3つのピークが1組のラインナップとなった奇跡的瞬間をとらえた2012年6月の台風『マーゴン』がもたらしたTHE DAY、江ノ島を望む。

吉田憲右 aka Yoge
1977年生まれ茅ヶ崎出身。1998年〜2008年までVolcomサーフチームに所属。
第 一回NSA東日本サーフィン選手権Jrクラス3位、2年連続サーフスケーターズ総合チャンプ。サーフィン・プレビュー/吉田憲右著・泉書房、古都鎌倉ミス テリー旅/吉田憲右著・コスミック出版等、数々の書籍を発行。2002年にトランスワールドサーフの外部スタッフとなったのをきっかけにメディア界に参 入。2001年〜2009年まで月刊サーフィンワールドの編集カメラマンとして活躍。様々な経験を活かし、現在はサーフウェブマガジン 『Colorsmagazine』を主催。
www.colors-magazine.com

 

Joji Shimamoto Featured Photographer Tee
JOJI300
San Franciscoのビッグステアースポット『Wallenberg』。
そこで2009年、THRASHER MAGAZINE主催で開催されたコンテスト『Back To Wallenberg』での観衆を写した作品。
コンテストに熱狂する観衆に交じってそうそうたるメンツのプロスケーター、フォトグラファー、フィルマーたちが顔を揃えている。

Joji Shimamoto
1983年生まれ。
アメリカサンフランシスコで写真を学び、自身もスケートボーダーでアメリカのリアルなサブカルチャーに触れ、現地アメリカで数々の写真展を開催する。2008年に帰国後は新福のThe Artcomplex Center of Tokyoで大規模な写真展を開催。2009年にSTUDI VOICEの別冊として発行された『日本の100人の写真家』にも選ばれ、最近ではラフォーレ原宿やBLUE NOTE TOKYOでの写真展示、ニューヨークで開催されたNEW CITY ART FAIRのメインイメージ写真に使われる。そして近年東京、麹町で開催され、15,000人の来場者を集めたアートプロジェクト『BCTION』を主催するなど活躍は多岐にわたる。
www.jojishimamoto.com

 

Neil Hartmann Featured Photographer Tee
NEIL300
自分の滑り描いたラインを見上げるスノーボーダー。
2012年1月北海道札幌、とあるバックカントリーにて

Neil Hartmann
1972年カリフォルニア州サンディエゴ生まれ。
ニールに先駆けてアメリカから北海道へ移住した父親を訪ねて91年から北海道で暮らし始める。北海道のラジオ局(FM北海道、現AIR-G’)のラジオ司会者としての活動を開始。北海道テレビのスノボード番組『no matter board』のオリジナル司会、1998年長野オリンピックハーフパイプMCや日産エクストレイルジャムのレギュラーMCなどで活躍。90年代後半からスノーボード映像の撮影を独学で開始。北海道在住のスノーボーダーを追った、自主制作のスノーボードムービー『CAR DANCHI (車団地)』をおよそ1、2年のペースで発売し続け、現在までに7作をリリース。写真家としても活動中でTHE NORTH FACE、BLUE BLOOD、TRANS WORLD SNOWBOARDING、FREERUN、DIGGIN MAGAZINE等、数々のメディアにも作品を寄稿している。
Facebook www.facebook.com/neil.hartmann
Instagram @neilhartmann
Twitter @neilhartmann

 

 

Recent News + Video

Art

VOLCOM x NOZAKA x USUGROW TOKYO ART SHOW PHOTO REPORT

Chill skate session with Nozaka and VHS MAG crew before the show starts... Nozaka Slappy... His collab deck Tenugui and sticker gift for first arrivals Usugrow(Left) and Toshikazu Nozaka(Right) Autographs for fans  Part of their arts... Live painting by Nozaka and Usugrow DJ MIC DJ SUNA DJ JIRO Mini ramp session Collab products... Thanks for all visitors ART SHOW TOUR  will be continued. 22-30 APRIL : VOLCOM STORE SENDAI, 4-7 MAY : VOLCOM STORE OSAKA And then Taiwan, Shanghai… Special Thanks : Toshikazu Nozaka, Usugrow, Their Friends, DJ MIC, DJ SUNA, DJ JIRO, ELECTRIC SERVICE, OC STUDIO, VHS MAG, warp, Corona, Volcom Family and All Visitors
Art

TETSUNORI TAWARAYA × VOLCOM COLLABORATION COLLECTION

日本人アーティスト”TETSUNORI TAWARAYA”とのVOLCOM FEATURED ARTIST コラボレーションコレクションをリリース! 4/26(水)より順次、VOLCOM STORE各店、及び正規取扱店舗にて発売開始予定。 ※一部店舗除く 2015年8月、VOLCOMのデザインクルーは、東京でフィールドトリップを開始しました。手探りなリサーチにより、クルーは“Birth Death”という名のヴィンテージブティックに導かれ、デザイナーの一人がハンパじゃないZINE(アーティストなどが、自身の作品をプリントアウトしたり、写真を現像したり、紙を使って作るアートブック)に出くわしました。残念なことに、それは売り物ではありませんでした。しかし、それがあまりにスタイル全開で印象深いものだったので、VOLCOM本拠地であるコスタメサに戻ってから、クルーはオンラインでそのZINEを見つけだし、購入しました。それにより、この非常に興味をそそるハンドメイドの印刷物の背後にあるミステリアスな姿の正体は、アーティストでありミュージシャンの“TETSUNORI TAWARAYA”なる人物であることが判明したのでした。その後、デザインクルーは彼の居所を突き止め、接触し、コラボレーションの計画を立て始めました。 サンディエゴ出身の変態的ファストコア・バンド“The Locust”初の来日ライブを見たTETSUNORIは、とてつもない衝撃を受けたことをきっかけに、90年代後半から00年代前半にかけての間、サンディエゴに住むことを選んだのでした。そんな経験もあり、彼は日本出身でありながら、カリフォルニア南部にもルーツを持っています。サンディエゴに住んでいる間、TETSUNORIは、ストリートの人々の肖像画を描き始め、“Dmonstrations”、“2UP”という彼のバンドを始めました。そういったことが、彼のバンドや他のローカルバンドのショーを宣伝するために、“パンクフライヤーを描く”という方向へと、自然に彼を導いたのでした。 現在彼は日本に住んでおり、今でも“2UP”、そして新しいプロジェクトであるシンセパンク・デュオ“Hangaku”で音楽活動を続けています。並行して、コミック、チラシ、音源のカバーアートワーク(サンフランシスコを拠点に活動するガレージロックバンド“Thee Oh Sees”が2015年にリリースしたアルバム“Mutilator Defeated At Last”のカバーアートワークを担当)などをおこない、最近では、これまでの2次元での創作活動を、人形制作等の3次元創作へと昇華させています。 2016年3月、VOLCOMのデザインクルーは2度目となる日本へのフィールドトリップで、ついにTETSUNORI本人に出会うことができました。彼らは、Volcom x Tetsunoriのアートワークが進行中であることを確認しあった後、一緒に新宿のライブミュージックの夜へと繰り出したのでした。 アートワークが完成し、カプセルコレクションの詳細が固まった後、デザインクルーはもう一度東京に行きました。 完成品のサンプルを渡されたTETSUNORIはストークしていました。私たちもそうです。この最高傑作を是非チェックしてください。 コレクションアイテムは下記をCHECK! TETSUNORI S/S SHIRT Price : 9,900yen Size : S, M, L, XL Color : MLT TETSUNORI S/S TEE Price : 4,800yen Size : S, M, L, XL Color : WHT, BLK TETSUNORI STONE S/S TEE Price : 4,200yen Size : S, M, L, XL Color : WHT, BLK TETSUNORI EYE CAP Price : 5,600yen Size : ONE SIZE Color : BLK TETSUNORI PRINT CAP Price : 5,400yen Size : ONE SIZE Color : MLT VOLCOM SKATE TEAM : CHRIS PFANNER in TETSUNORI S/S SHIRT(above), TETSUNORI S/S TEE(below) 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN  
Art

VOLCOM x NOZAKA x USUGROW コレクションリリース & アートショー開催!!

この度、アーティストとして20年近くも互いにインスピレーションを交換し続けてきた2人の、4年ぶりとなるコラボレーションがVOLCOMの名の下に実現。 日本の伝統表現に敬意を表しながらも、新たな高見を目指す野坂稔和のアートワークに、オリジナリティ溢れる薄黒の文字が絡み、独特の世界観を作り出しています。愛・勇気・智慧を持って描く、未来へのポジティブなメッセージを込めて、リリースします。 3/31(金)より順次、VOLCOM STORE各店、正規取扱店舗及び 野坂稔和、USUGROW両氏のWEBサイト内SHOPにて発売開始予定。 ※一部店舗除く コレクションアイテムは下記をCHECK! TU LOVE TEE Price : 5,000yen Size : S, M, L, XL Color : WHT TU KNOWLEDGE TEE Price : 5,000yen Size : S, M, L, XL Color : WHT TU COURAGE TEE Price : 5,000yen Size : S, M, L, XL Color : WHT TU STREET SURF Price : 13,800yen Size : ONE SIZE Color : WHT TU YING YANG TUMBLER Price : 6,800yen Size : ONE SIZE Color : MLT TU CASE Price : 3,200yen Size : ONE SIZE Color : BLK TU YING YANG TENUGUI Price : 1,200yen Size : ONE SIZE Color : WHT   VOLCOM SKATE TEAM : SHINTARO MARUYAMA in TU COURAGE TEE PHOTOS by JOJI SHIMAMOTO 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE   Toshikazu Nozaka 東京都出身。 幼少の頃からプラモデルやオブジェの制作、絵画、スケートボードに夢中になり、10代と20代をプロスケートボーダーとして過ごす。 現在は画家、スケートボーダーとして国内外で活動し、毎年のように個展・グループ展等で作品を発表する傍ら、様々な分野にアートワークを提供している。作品の制作における根底には、江戸末期から明治にかけて活躍した日本の絵師への尊敬と憧れがあり、そこから平成の現代に何を生み出せるのかを日々の目標にしている。 スケートボードブランド「ASIAN WAVE SKATES」代表 www.toshikazu-nozaka.com USUGROW 90年代初め、アンダーグラウンドミュージックシーンで、フライヤー製作を皮切りにアーティスト活動を始める。繊細なイラストレーション、独特の書体を持ったカリグラフィで、平面・ミューラル・立体等、幅広く作品を世に送り出す。CD・レコードカバー、スケートボードやアパレルブランド等とのコラボレーションも多数。 国内外での個展開催はもちろん、アーティスト活動の傍ら、キュレーション、ギャラリー運営も行う。 http://usugrow.com また、リリースを記念したアートショーを開催! VOLCOM x NOZAKA x USUGROW ART SHOW PLACE VOLCOM STORE TOKYO 渋谷区神宮前6-31-15 B1F DATE & TIME 2017/04/14 (FRI) 18:00 – 21:00  FREE ENTRANCE FREE BEER FREE SKATE SESSION SPECIAL LIVE PAINTING by TOSHIKAZU NOZAKA & USUGROW DJs SUNA, JIRO, MIC SOUND SET BY ELECTRIC SERVICE 先着入場者限定で、コラボ手ぬぐい&スペシャルステッカープレゼント コラボレーションプロダクトの展示および販売 コラボレーションプロダクトアート原画展示 野坂稔和, USUGROW両氏の作品展示および販売 ※当日の店舗営業時間並びに内容は、上記となりますことをご了承ください。 皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております! 4月中旬以降、VOLCOM STORE SENDAI、VOLCOM STORE OSAKA、台湾、上海でもART SHOW TOURを開催予定なので、そちらも要CHECK!
Art

PORTRAITS: Volcom Pipe Pro 2017

THE MANY FACES AT THE VOLCOM PIPE PRO Photos by Mike Morrissey Related: Behind-the-scenes - Finals Day - Day 3 - Day 2 - Day 1 - Sustainability + Giveback Programs Balaram Stack Matt Bemrose Billy Hume Charly Quivront Daniel Terry Dave Wassel Dave Riddle Drew Toonz Kaimana Henry Gavin Beschen + his grom Banyan! Yoshiaki "Goose" Masuda Brian Toth Dane Jeffreys Hayden Rodgers, Hagan Johnson, Nolan Rodgers. Harry Timson Burger Thor Taichi Wakita Freddy Henssens Levi Slawson Billy Marcelo Trekinho Tom Carey Scott Stinnett James Lucarelli Lugo Mike Morrissey Nate Leal Pat Schmidt Richie Olivares Tom Dosland Kimo Leong Brian Bielmann Mark "Scabs" Gabriel Drew Toonz Rusty Keaulana Jeff Arnold Larry Haynes Chris Cote Jim Mincher Bruce Irons Sal Masekela Jeff Doner Thomas Joe Turpel Chris Stebley Jake Burack Ryan Immegart Tai Vandyke Mike Parillo Brad Dougherty Kaipo Guerrero + Joe Turpel Van RT Todd Hymel Imai Devault Jason Shibata Jamie O'Brien Kai Borg Yago Dora + Miguel Tudela Yago Dora Tom Dosland Mitch Coleborn Tom Carey
Art

Anthony Lister × VOLCOM COLLABORATION COLLECTION

モダンコンテンポラリーアーティスト“Anthony Lister”とのコラボレーションコレクションを11月1日(火)より順次リリース! Listerはこのコレクションで、現代のバーチャル世界で渦巻く「金」や「堕落」をテーマとして取り上げています。 私たちVOLCOMのブランドコンセプトである“True To This(真剣に打ち込むこと)”の真意を射抜く、社会風刺に惜しむことなく情熱を持ってコミットしているアーティストとコラボレーションできた事を光栄に思います。 ラインナップアイテムは下記をCHECK! MEN'SコレクションLister L/S Price : 12,000 +tax Size : S, M, L, XL Color : WHT Lister Sweater Price : 13,000 +tax Size : S, M, L, XL Color : STH ※11月中旬以降発売開始予定 Lister Crew Fleece Price : 10,000 +tax Size : S, M, L, XL Color : BLK Lister Zip Fleece Price : 12,800 +tax Size : S, M, L, XL Color : BLK Lister x Vorta Tapered Denim Price : 13,900 +tax Size : 28, 29, 30, 31, 32, 34, 36 Color : MIX Lister L/S Tee Price : 5,600 +tax Size : S, M, L, XL Color : BLK / WHT ※11月中旬以降発売開始予定 Lister S/S Tee Price : 4,800 +tax Size : S, M, L, XL Color : BLK / WHT ※11月中旬以降発売開始予定 Lister S/S Tee Price : 5,200 +tax Size : S, M, L, XL Color : BLK / WHT ※11月中旬以降発売開始予定 WOMEN'Sコレクション  Lister PO Fleece Price : 9,200 +tax Size : XS, S, M, L Color : BLK Lister LS Tee Price : 6,200 +tax Size : XS, S, M, L Color : VWH ※11月中旬以降発売開始予定 Lister Tee Price : 5,500 +tax Size : XS, S, M, L Color : VWH ※11月中旬以降発売開始予定 Anthony Lister (@anthonylister) 1979年にオーストラリア・ブリスベンで生まれ、17歳でストリートアートを始める。出生地であるブリスベンは彼の作品や現在のスタイルに大きく影響を与えた。 オーストラリアのコンテンポラリーアーティストとして名高いListerは、ストリートアート、エクスプレショニズム、ポップアートやコンテンポラリーユースカルチャー等、多方面の文化やジャンルの影響を受け、ハイブローカルチャーとローブローカルチャー(1970年代当時、嗜好品としてのアートのカウンターカルチャーとして、一般大衆の間で行き渡ったアートムーブメント。)を独自の世界観で融合させている。 彼のアートは、ローブローとグラフィティーを調和したスタイルが特徴。西洋ポピュラーカルチャーにある「スピリチュアリティー」や「伝統継承」の双方を大いに楽しみながら、彼の目に映る社会をグロテスク且つ魅力的な手法で描き出す。 バッドペインティングでありがちな、一見ただラフで汚いだけのテクニックを、グラフィティーアートの精神や技法として取り入れている。 その擦れていて、爆発的かつ殴り描きのようなスタイルで、絵画をはじめ、映像や音楽等さまざまなアートを生み出している。 “Anthonyはスタジオに籠っていてもなかなか得ることが難しいルースな世界観を持ってストリートアートにアプローチするんだ。僕自身も10年以上彼のファンであり、VOLCOMのエンドレスなクリエイティビティーが、彼のような鮮やかで天才的な個性とコラボできたことにストークしているよ。” VOLCOMグローバルクリエイティブディレクター -Mike Aho- 11月1日(火)より順次、VOLCOM STORE各店及び正規取扱店舗にて発売開始予定。 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE
Art

Don Pendleton × VOLCOM COLLABORATION COLLECTION

スケートボードアート界のレジェンドアーティスト”Don Pendleton”とのコラボレーションコレクションをリリース!! 冒頭の映像は、本コラボレーションにあたりDon PendletonとVOLCOMがロックバンド「Pearl Jam」のベーシストであるJeff Ament邸に招かれ撮影された、VOLCOM SKATE TEAM RIDERの”Louie Lopez”と”Pedro Barros”出演シークレットセッション収録のプロモーション映像となっている! ABOUT THE COLLECTION “このコレクションは全てハンドメイドにこだわりたかったんだ。なぜなら俺のイメージの中のVOLCOMは初期の頃の印象が強くて、その頃はDIYのものだったり、コピー機で刷ったものを手で割き、張り付けたコラージュだったり、真っ二つのVOLCOM STONEだったり…だからとても自然で、自分のアーティストとしての歴史をトリビュートする感じでやりたかったんだ。このコレクションをやるにあたって、俺にとってのスケートだったりアートだったり音楽のルーツをVOLCOMと話していたから、一昔前の少しノスタルジックなスタイルに戻す必要があるんじゃないかと思ったんだ。” Don Pendleton談 ABOUT DON PENDLETON ウェストバージニアという何もないカントリーサイドで育ったDONは、鉄鋼作業員の父が夜な夜なキッチンテーブルで絵を描いている姿を見てアートに世界に入り込んだ。 “俺が10歳か11歳の時には、父の隣でマーカーやクレヨンを使って一緒に絵を描いていた。だからアートはいつも人生の中にあったよ。”とDONは話す。 がしかし、1985年に家族旅行でバージニアビーチに行った時にストリートスケートをしているKIDSを見かけ、それ以来スケートボード熱に火が付いた。これが彼のスケートボードとの出会いとなった。“もうスケートまっしぐらになったよ。アートよりも他の何よりも。”と彼は言った。 その一方、プロスケーターになるという希望のバックアッププランとして、グラフィックデザインを専攻するようになった。“グラフィックデザインを専攻したけど、大学はうぬぼれた野郎どもばかりだし、その上教授たちからはお前には才能がないと言われたのでアートが嫌いになった。”と彼は説明する。 “こんなのF**Kだ。やってられないから新聞社で働くことにしたよ”Beckley-Register-Herald新聞社のエディターとして働いている間に、オハイオ州を拠点にするスケートボードブランドのグラフィックデザイナー求人広告を見つけ、それに応募した。 それが当時一番先進的で影響力のある“ALIEN WORKSHOP”というブランドだった。“常にアウトプットしまくってたよ”彼は言う。ALIEN WORKSHOPでのアウトプットが彼のアートをスケート業界の最先端にのしあげた。さらには世界中の目につくようになった。 多くのアーティストがスケートボードアートに貢献してきた中で、彼ほど多くの作品を長きに渡りクリエイトし、そして何よりオリジナルアートスタイルを確立したアーティストは数少ない。 今、彼はオハイオ州に住み、NYやLAから依頼されるプロジェクトを手掛けながら、ピースフルな生活を送っている。自分のアートをする時間の中で、多くのギャラリーに出展したり、ホームタウンであるウェストバージニア州でソロショーを行なったり、“MOUNTAIN DEW“や”OAKLEY“などといったクライアントからの仕事もこなしている。 また、Pearl Jamのアルバムアートワークを手掛け、2014年グラミー賞レコーディングパッケージ部門に輝いた。“VOLCOMと仕事するのはすごくいい機会だと思った。彼らがやってきたことは、はじめからフォローしていたしね。” このシグネチャーコレクションを創り上げるにあたって、VOLCOM クリエイティブディレクターMIKE AHOは次のように話す“個人的に何年も前からDONのファンだったよ。多くの人と同じようにね。俺たちが一緒にやるのには、パーフェクトなやり方だったよ。” 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE