Search

VOLCOM GIVE JEANS A CHANCE 2015 第2弾実施中!

Volcom Japan

VOLCOM_GJAC2015_JP

Volcom New Future Program(社会貢献、地域支援、環境保全、教育支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として行っている、VOLCOM Give Jeans A Chanceの第2弾がムラサキスポーツ協力の元、下記8店舗で実施中!!

使わなくなったジーンズやジャケットにもう一度チャンスを与えよう!

不要になったジーンズもしくはジャケット(不良品、避け、破れ等不可)をお客様から回収し、
ホームレス支援団体に寄付します。

第1弾の実施(⇒http://urx2.nu/pF74)は終了しました。ご協力頂いた全ての方々ありがとうございました!大阪での配布実施の模様は追ってレポートをUP予定!

 

ムラサキスポーツ開催8店舗

上野本店
東京都台東区上野4-6-10
03-3831-1868
渋谷スペイン坂店
東京都渋谷区宇田川町13-8千歳会館 1F
03-3770-4140
原宿明治通り店
東京都渋谷区神宮前3-22-9
03-3405-1251
池袋P’パルコ店
東京都豊島区南池袋1-50-35 池袋パルコ別館P´パルコ8F
03-5953-6062
新宿南口店
東京都新宿区新宿3-35-18 新宿東南口ビル2F・3F
03-6273-2691
アリオ北砂店
東京都江東区北砂2-17-1 アリオ北砂 3F
03-5653-5851
アリオ亀有店
東京都葛飾区亀有3-49-3 アリオ亀有アリオモール 3F
03-5629-2340
アリオ西新井店
東京都足立区西新井栄町1-20-1アリオ西新井 2F
03-5888-3581

 

回収期間

現在上記8店舗にて絶賛回収受付中!1/31(日)回収終了予定。

特典

上記各店にて寄付にご協力頂き、エントリー用紙に記入頂いた方に抽選で、「VOLCOM BRAND JEANS」を各店より1名様にプレゼント致します(合計8名様)。

当選者様へは各店よりご連絡致します。

 

皆様のクローゼットに眠っている、使わなくなったジーンズもしくはジャケットを上記店舗までお持ち下さい。皆様のご参加とご協力をお待ちしております。

cropped-NewFutureHeader900x

Recent News + Video

New Future

熊本地震復興支援チャリティーTEEリリース

平成28年度4月14日以降発生した、「熊本地震」により、多くの尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げます。また、被害に遭われている方々のご無事と早期復旧を祈るとともに、災害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。 VOLCOMは被災地および被災された方々へのできる限りの支援活動として、収益金の寄付を目的とした、チャリティーTシャツのリリースをご案内させていただきます。 明日7/23より順次、VOLCOM STORE各店及び正規取扱店舗にて販売開始いたします。 従業員・関係者一同、様々な活動を通じて被災された方々を元気づけられるよう従事していく所存でございます。また、皆様のご安全と被災地における1日も早い復興を心よりお祈りいたします。 PRAY FOR KUMAMOTO JAPAN KUMAMOTO RELIEF T-Shirt “EMBRACE RECOVERY”~復興への一体化~ 前面には熊本の県鳥である“ヒバリ”が、VOLCOM STONEを咥えて飛び立つイメージをあしらい、Embrace Recovery(復興への一体化)というメッセージを盛り込みました。 Embrace Recovery Kumamoto Tee Price : 2,500yen +tax Size : S, M, L このTシャツの売り上げについて このTシャツの収益金の一部を、熊本県行政機関への寄付金へと換えさせていただきます。 http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_15416.html このTシャツは国内生産に関わる各業者様のサポートのもと、生産されています。 株式会社LIQUID BLUE様 株式会社VEST様 株式会社富士ロジテック様 本商品に関するお問い合わせ先 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE 03-5771-4560
New Future

VOLCOM PATAGONIA MOUNTAIN CLEAN UP 2016レポート

残雪と新緑が絶妙なコントラストを見せてくれた心地よい春の日を感じることができた4月16日(土)、第2回となるPatagoniaとVOLCOMによるマウンテンクリーンナップが開催されました。今回は地元の白馬エリアだけでなく、隣の小谷や大町エリアからも幅広い年齢層のスノーボーダー・スキーヤーが120人以上来場してくれました。岩岳で冬を楽しんだ新潟や富山、東京、神奈川からも! 最高齢参加者はなんと80歳(!!)登山ついでに飛び入り参加してくれました!! 参加者へは参加記念Tシャツが配られ、清掃用トング "MAGIP"の貸出もおこないました 今回は清掃場所を広げるため、ゴンドラに乗車して上から下りながらゴミを拾うという家族連れにもやさしいスタイルで実施できました。 北アルプスの山々に囲まれて、オフシーズンのゲレンデを散策するだけでも気分爽快。 この周辺で活動するYONE FILMのフィルマーYONE氏とRIDEチームのサヤカ、そしてVOLCOM SNOWチームの仁科正史も参加。ゴミだけでなく、この時期ならではのふきのとうを大量GETして、ふき味噌を作ってくれました。 Patagoniaのブースでは、参加者に地元産のオーガニックフードやドリンク、お菓子が提供されました。また、熊本地震被災者に対しての募金活動もおこないました。 回収されたゴミを分別しました。ギアのパーツやライター、タバコのフィルターやお菓子の包装が目立ちますが、クレジットカードや携帯電話、返却されなかったレンタルスノーボードまでが捨てられていました。うっかり落としたリフトチケットや財布も……シーズン中の滑走時に、1人1人が気を配ることで山のゴミは確実に減っていきます。 シーズン中でも雪の上でゴミを見つけたら、手間にはなるけどすぐにゴミ箱へ持っていくクセをつけるようにしましょう!! わたしたちひとりひとりの意識が地球の未来を創ります。 Special Thanks :白馬岩岳スノーフィールド、patagonia Japan、patagonia Hakuba、永塚製作所 VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、環境問題に真摯に取り組むアウトドアウェアブランドPatagoniaとタッグを組み、我々が遊ぶフィールドの将来を地球規模で考えながら、海と山のクリーンアップ活動をおこなっていきます。
New Future

New Future – リサイクルペットボトル素材を使用したボードショーツ

ここではVOLCOMの“SUSTAINABILITY”(サスティナビリティ : 持続可能性)を追求することを目的とした、”VOLCOM NEW FUTUREプログラム” (環境保全、教育支援、地域支援など、より良い未来を創るための様々な取り組み)について紹介したいと思います。 VOLCOMのMOD-TECHボードショーツは、SURFチームライダーによるプロダクトテストを重ねたうえ、ペットボトルをリサイクルした再生繊維素材である”REPREVE”を使用して作られています。 MOD-TECHボードショーツ1着に対して、ペットボトルを約5本分使う計算になります。 また、このリサイクルポリエステル素材”REPREVE”を使用することにより、製造時に排出される温室効果ガスを、通常のポリエステルに比べ約45%減らすことができ、石油のような新たなリソースの必要性を相殺できます。 REPREVEリサイクルファイバー 昨年私たちは、ビジネスが生み出す環境への様々な影響に対してのガイドラインを構築することにフォーカスし、より良い未来へのロードマップを築き上げました。VOLCOM MOD-TECHボードショーツは明日を信じる人のために作られています。私たちはこれからもよりよい未来を創るための変革を推進していきます。MOD-TECHボードショーツに”REPREVE”を使用することは、その変革のひとつです。 REPREVEを使用したMOD-TECHボードショーツを着用するVOLCOM SURF TEAM Balam StackとNate Tyler VOLCOM SURF TEAM Carlos Munoz, Nate Tyler, Mitch Coleborn, Balam Stack VOLCOM MOD-TECHボードショーツの全ラインナップはこちらよりご覧いただけます。 SUSTAINABILITY追求に向けたこれまでの取り組みはこちらよりご覧いただけます。
New Future

New Future – VOLCOM PIPE HOUSE太陽光発電

ここではVOLCOMの“SUSTAINABILITY”(サスティナビリティ : 持続可能性)を追求することを目的とした、”VOLCOM NEW FUTUREプログラム” (環境保全、教育支援、地域支援など、より良い未来を創るための様々な取り組み)について紹介したいと思います。 ハワイ・オアフ島・ノースショアに居を構える2つのVOLCOM PIPE HOUSEには、太陽光発電用のソーラーパネルが搭載されています。 太陽光発電の可能性を最大限に見出すため、今年の始めに新しいソーラーパネルの設置が完了しました。環境とローカルコミュニティーに良い影響を与えることができるでしょう。 ノースショアに多数存在するサーフブランドが運営するHOUSEの中でVOLCOM PIPE HOUSEが一番初めに#SponsoredByTheSun(ハワイを拠点に活動するソーラーパネル設置推進コミュニティ)に賛同できたことと、Rising Sun Solar社のソーラーパネル製品に感謝します。 近年ソーラーパネルは、住宅所有者が電気代を相殺するために設置することと、ビジネスへ活用することにおいて注目を集めています。 初期設置費用は少々高価ですが、全ての面を長期的に考えると電気代の節約にもなりますし、多少の利益を生み出すこともできるでしょう。 海、ビーチ、山、そして街とそこで住む人々、働く人々の生活をより良くしていくために、ビジネスが生み出す様々な問題に歩み寄ることでより良い未来への一歩を踏み出そうという想いから、VOLCOMの正式なミッションステートメントには”SUSTAINABILITYの追求”という項目を掲げています。 VOLCOM HAWAII PIPE HOUSE (Grom house) VOLCOM HAWAII PIPE HOUSE (Gerry house) VOLCOM HAWAII PIPE HOUSE (Gerry house) Video courtesy of Drew Toonz 私たちはSUSTAINABILITY追求に向けたできる限りの努力をこれからも続けていきます! SUSTAINABILITY追求に向けたこれまでの取り組みはこちらよりご覧いただけます。
New Future

VOLCOM PATAGONIA MOUNTAIN CLEAN UP 2016

VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、環境問題に真摯に取り組む、アウトドアウェアブランド“Patagonia”とタッグを組み、今回で2回目となるマウンテンクリーンを4/16(土)白馬岩岳スノーフィールドにて開催します! 前回のPatagonia VOLCOMマウンテンクリーンの模様はこちらからご覧になれます。 ひとりひとりが自分たちの未来に対して意識を持って、実際にアクションを起こすことでよりよい未来を築きましょう! 本イベントはどなたでも参加することができます。いつもたくさんのことを与えてくれる自然、海に感謝し、できることからはじめましょう! 当日は先着で参加者限定の記念Tシャツ無料配布も行います! 【詳細】 日程:4月16日(土) 時間:9:00 (受付開始) 9:30(スタート)~12:00(終了) 参加特典:先着で記念Tシャツをプレゼント致します。 場所:白馬岩岳スノーフィールド(長野県北安曇郡白馬村北城岩岳) 近隣のスキー場にはまだ残雪が残っていますので、白馬にステイしてマウンテンクリーンとライディングや温泉等を楽しむ週末にしてみてはいかがでしょうか。皆様のご参加をお待ちしております! 【注意事項】 ※マウンテンクリーンであると便利なもの:軍手、トング、動きやすい服装と靴、帽子やレインウエア等 ※ゴミの回収用ビニール袋はこちらで用意します。 ※当日は小雨決行となります。 ※荒天の場合は中止となります。判断が難しい場合は、前日の夕方18時までにパタゴニア白馬&VOLCOMのSNSから情報発信します。 パタゴニア白馬 Facebook パタゴニア白馬 Twitter @PatagoniaHakuba VOLCOM Facebook VOLCOM Twitter @JapanVolcom
Events

VOLCOM PATAGONIA PARTNER CHP SUNRISE BEACH CLEAN UP レポート

先週4月3日(日)千葉県長生郡一宮町サンライズ&ヨンライズポイントにてpatagoniaとVOLCOM、地元のサーフショップCHP、そして海洋ごみ問題解決に向けて活動する一般社団法人のJEANが協力し、今回で6回目となるビーチクリーンアップイベントを開催しました! 当日空模様は曇りでしたが、周辺サーフポイントは胸肩サイズのファンウェーブに恵まれ、これまでで一番多くの約400名ものボランティア参加者が集まってくれました。 なにより今回もたくさんの子供たちが参加してくれたことが、私たちはとても嬉しく思います! 参加者への記念Tシャツプレゼント。キッズ用サイズも配布しています! 今回一番の大物…地中に埋まっていた謎の巨大ビニールゴミ… 今回もこれだけの量のゴミが、最終的にCHPに集積されました。 今回はビーチクリーン終了後、CHPとpatagonia Surf Chibaのふたつの会場にてマーケットを開催しました!こちらはCHP会場でのビーチグッズなどの販売とVOLCOMワークショップ   VOLCOMワークショップでは、不要になったスワッチ(洋服商品製作の際に使われる生地見本)と使用済み発砲スチロールを材料にフォトフレームなどをみんなで作りました! こちらpatagonia Surf Chiba会場では、ローカルのお店を中心にオーガニックフードのケータリング、野菜販売、コーヒー、ワークショップなどが出展したオーガニックマーケットを開催! patagoniaプレゼンツ、ウエットスーツのハギレを使ったワークショップと紙芝居”オーガニックコットンってなんだろう? VOLCOMブースでは、これまでに製造したエコプロダクトを展示紹介しました! ローカルの方々、ご協力、ご参加頂いた方々ありがとうございました!#VPPC2016S わたしたちひとりひとりの意識が地球の未来を創ります。 Special Thanks : あいよ農場、海glass、貝殻磨きワークショップ、サボテンミサイル、ナチュラロハ、晴れや、AKYU SurfBoardCase、AMBESSA & CO、ATLANTIC COFFEE STAND、Ben & Jerry’s、CHP、JEAN、LILIA&YAYA、mind、patagonia Japan、patagonia Surf Chiba、sewcean、smile smile、Thankful” take out food & BEER stand、and SUNRISE&YONRISE LOCALS VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、環境問題に真摯に取り組むアウトドアウェアブランドPatagoniaとタッグを組み、我々が遊ぶフィールドの将来を地球規模で考えながら、海と山のクリーンアップ活動をおこなっていきます。 次回ビーチクリーン開催は今秋を予定しています。ファミリーで参加されても楽しめるイベントです!是非みなさまのご参加をお待ちしております!