Search
GUY SATO

GUY SATO

From: Chigasaki Kanagawa
Birthday: 1996/11/17
Age: 20

生年月日 – 1996/11/17

出生地 – 茅ヶ崎

現住地 – 茅ヶ崎

身長 – 167cm

体重 – 60kg

スポンサー – VOLCOM

VOLCOM RIDER歴 – 2012年〜

サーフィン歴 – 11年

初めて乗ったサーフボードは? – ゴッデスのサーフボード

サーフィンする前は何をする? – めいそう

好きなサーフスポット – クラシカルパイプライン

好きな国は? – ハワイ

サーフィンは誰とする? – 大橋海人、湯川正人、茅ヶ崎ボーイズ

サーフィン以外の趣味は? – トレーニング

ゴールは? – 色々な海外に行きフィルマーを雇いムービーを出す!

好きな音楽? – 610 CHANG、風輪

好きなサーフムービー? – Noa DeaneのCHEESE

好きなサーファー? – アンドリュー・ドヘニー、ノア・ディーン

Recent News + Video

Art

PORTRAITS: Volcom Pipe Pro 2017

THE MANY FACES AT THE VOLCOM PIPE PRO Photos by Mike Morrissey Related: Behind-the-scenes - Finals Day - Day 3 - Day 2 - Day 1 - Sustainability + Giveback Programs Balaram Stack Matt Bemrose Billy Hume Charly Quivront Daniel Terry Dave Wassel Dave Riddle Drew Toonz Kaimana Henry Gavin Beschen + his grom Banyan! Yoshiaki "Goose" Masuda Brian Toth Dane Jeffreys Hayden Rodgers, Hagan Johnson, Nolan Rodgers. Harry Timson Burger Thor Taichi Wakita Freddy Henssens Levi Slawson Billy Marcelo Trekinho Tom Carey Scott Stinnett James Lucarelli Lugo Mike Morrissey Nate Leal Pat Schmidt Richie Olivares Tom Dosland Kimo Leong Brian Bielmann Mark "Scabs" Gabriel Drew Toonz Rusty Keaulana Jeff Arnold Larry Haynes Chris Cote Jim Mincher Bruce Irons Sal Masekela Jeff Doner Thomas Joe Turpel Chris Stebley Jake Burack Ryan Immegart Tai Vandyke Mike Parillo Brad Dougherty Kaipo Guerrero + Joe Turpel Van RT Todd Hymel Imai Devault Jason Shibata Jamie O'Brien Kai Borg Yago Dora + Miguel Tudela Yago Dora Tom Dosland Mitch Coleborn Tom Carey
Surf

Finals Day Highlights – 2017 Volcom Pipe Pro

CONGRATULATIONS TO SOLI BAILEY, 2017 VOLCOM PIPE PRO CHAMPION! 2/9(木)(ハワイ時間)2017 VOLCOM PIPE PROファイナルデイが無事終了した! Round 3の残りの2ヒートを朝からスタートしRound 4に進んだ。 Sunset Elementaryの上に太陽が上がるにつれ波はゆっくりスタートしましたがセットが入り始めビックスコアーが出始めた。 最初のビックスコアーはRound 4でブラジルのCTサーファーAdriano De Souzaがバックドアの波で9ポイントライドを叩き出した。その他、Ian Crane、Benji Brand、Luke Shepardsonが次のラウンドに進んだ。 Round 4 Heat 3では我らがMitch Colebornがソリッドなパイプラインの波で6.17ポイントを獲得し、その後同様の波でバレルをメイクしたKoa Smithと共にラウンドアップ。 その他Round 4の見所は、 John John Florenceがバックドアの波にディープレイバックをメイクし7.5ポイントをスコアー。 地元Mason Ho、Makuakai Rothman、VOLCOM期待のYago Doraがまさかの敗退。 しかし、 Bruce Irons、Aritz Aranburu、Lucas Silveira、Luke Shepardson、Adriano De Souza、Makai McNamaraらは順当にQuarterfinalに進んだ。 Quarterfinalではサイドの風でラインナップが少し乱れたがまだまだスコアー出来る波は残っていた。 Soli Baileyはクリーンなバックドアの波で6.17ポイントと前にスコアーした4ポイントでラウンドアップ、アルゼンチン出身のLeandro Usunaはミッドレンジのスコアーを出しSemifinalに進んだ。 Heat 2 John John Florence、Griffin Colapinto、Mitch Coleborn、Brian Tothのヒート辺りから波もスローになり風が強くなった。 彼らはバレルを望んだがJohn John Florence、Griffin Colapintoがバックドアの波を見つけ勝利を収めた。 Quarterfinal Heat 3では誰もがまともな波をキャッチするのに15分ほどかかってしまった。 Bruce Ironsは小さなバックドアの波で6.33ポイントを獲得しDavid do Carmoも2位でSemifinalに進出した。 Heat 4ではArtiz Aranburu、Adriano De Souzaがラウンドアップ。 Semifinalは、オーストラリア Soli Bailey、アルゼンチンLeandro Usuna、地元ハワイアンJohn John Florence、アメリカのGriffin ColapintoのHeat 1になった。Soli Baileyはパイプの波でバレルをメイクし5ポイントをスコアー。4位まわったJohn John Florenceはバックドアの波で1ターンをしたが十分ではなかった。 Soli Baileyは8.17ポイントを出し、Griffin Colapintoはバックドアの波でバレルをドギードアでメイクし7.37ポイントをスコアーしFinalに勝ち上がった。 Semifinal Heat 2 完璧な8.93を叩き出したBruce Ironsと共にAdriano De SouzaがFinalに進出した。 THE FINALS Bruce Ironsの復活、Adriano De Souza、ルーキーGriffin Colapinto、underdog-hopes Soli BaileyのFinalは本当に面白かった。 プライオリティー獲得の為Bruce Irons、Adriano De Souzaのパドルバトルから始まり、Soli Baileyがバックドアバレルでミッドレンジ5.67ポイントをスコアー。 Soli Baileyはヒートシングルハイスコアーの7.33ポイントを叩き出した残り9分にはBruceとGriffinはコンビネーションスコアーのシチュエーションへと追い込まれていた。その後カウントダウンとなる。 全てのフィナリストにおめでとう! そして、Soli Bailey 2017 VOLCOM PIPE PROチャンピオンおめでとう!! FINAL (1) Soli Bailey - 13.26 (2) Adriano De Souza - 8.43 (3) Griffin Colapinto - 3.90 (4) Bruce Irons - 3.66 SEMIFINALS H1: (1) Soli Bailey, (2) Griffin Colapinto, (3) Leandro Usuna, (4) John John Florence H2: (1) Bruce Irons, (2) Adriano De Souza, (3) David do Carmo, (4) Aritz Aranburu QUARTERFINALS H1: (1) Soli Bailey, (2) Leandro Usuna, (3) Hank Gaskell, (4) Koa Smith H2: (1) John John Florence, (2) Griffin Colapinto, (3) Mitch Coleborn, (4) Brian Toth H3: (1) Bruce Irons, (2) David do Carmo, (3) Luke Shepardson, (4) Makai McNamara H4: (1) Aritz Aranburu, (2) Adriano De Souza, (3) Lucas Silveira, (4) Seth Moniz Round 4 H1: (1) Leandro Usuna, (2) Griffin Colapinto, (3) Billy Kemper, (4) Nathan Florence H2: (1) Soli Bailey, (2) Brian Toth, (3) Kiron Jabour, (4) Jeronimo Vargas H3: (1) Mitch Coleborn, (2) Koa Smith, (3) Balaram Stack, (4) Tom Whitaker H4: (1) John John Florence, (2) Hank Gaskell, (3) O’Neill Massin, (4) Koa Rothman H5: (1) (1) David do Carmo, (2) Seth Moniz, (3) Miguel Tudela, (4) Mason Ho H6: (1) (1) Bruce Irons, (2) Aritz Aranburu, (3) Yago Dora, (4) Makuakai Rothman H7: (1) (1) Lucas Silveira, (2) Luke Shepardson, (3) Ian Crane, (4) Marco Giorgi H8: (1) (1) Adriano De Souza, (2) Makai McNamara, (3) Benji Brand, (4) Wiggolly Dantas Round 3 H15: (1) Benji Brand, (2) Ian Crane, (3) Lucca Messings Novaro, (4) Michael Ridrigues H16: (1) Adriano De Souza, (2) Luke Shepardson, (3) Finn McGill, (4) Parker Coffin WATCH DAY 3 HIGHLIGHTS WATCH DAY 2 HIGHLIGHTS WATCH DAY 1 HIGHLIGHTS
Surf

Day 3 Highlights – 2017 Volcom Pipe Pro

2月4日(ハワイ時間) 2017 VOLCOM PIPE PRO Day 3が行われた。 Round 3 Heat 14まで完璧な条件で終了した。 昨年チャンピオンVOLCOMアンバサダー Kelly Slaterは、Bruce Irons、ヤングガンSeth Monizに敗退した。 他のストーリーと言えばBino Lopes 、Joshua BurkeのHeat 6の激突が起こりパイプライン方向とバックドア方向のクロスが原因で起きた。 John John Florenceは彼のホームポイントの知識で高得点の2本をまとめた。 Makuakai Rothmanも完璧なバックドアバレルを抜けラウンドアップ。 Miguel Tudelaはパイプランインの教科書通り素晴らしいパイプラインの波でバレルを抜けラウンドアップ。 そして、もちろんクラシックパイプラインワイプアウトもありました。 本日のハイライト映像、アクションの全ては上記のYouTubeをチェック! 明日2/5 7:30am(ハワイ時間)、2/6 2:30am(日本時間)ファーストコールが発表される。 是非  redbull.tv/volcompipepro をチェックしてください。 本日ヒートを見逃した方も redbull.tv/volcompipepro で全てのヒートをチェック出来るのでそちらもチェックして頂きたい。 またスマートフォン、タブレットではRed Bull TV appを登録し視聴も出来ます。 DAY 3 RESULTS Round of 64, 1st and 2nd advance, 3rd = 33rd place, 4th = 49th place H1: (1) Nathan Florence, (2) Kiron Jabour, (3) Dean Bowen, (4) Taichi Wakita H2: (1) Griffin Colapinto, (2) Jeronimo Vargas, (3) Kai Mana Henry, (4) Manuel Selman H3: (1) Soli Bailey, (2) Leandro Usuna, (3) Joshua Moniz, (4) Wyatt McHale H4: (1) Brian Toth, (2) Billy Kemper, (3) Luis Diaz, (4) Kaimana Jaquias H5: (1) Tom Whitaker, (2) Koa Rothman, (3) Olamana Eleogram, (4) Jack Robinson H6: (1) Koa Smith, (2) Hank Gaskell, (3) Joshua Burke, (4) Bino Lopes H7: (1) O’Neill Massin, (2) Mitch Coleborn, (3) Kaito Ohashi, (4) Nomme Mignot H8: (1) John John Florence, (2) Balaram Stack, (3) Kaito Kino, (4) Ezra Sitt H9: (1) Seth Moniz, (2) Bruce Irons, (3) Kelly Slater, (4) Imaikalani deVault H10: (1) Mason Ho, (2) Yago Dora, (3) Maxine Huscenot, (4) Cody Young H11: (1) Aritz Aranburu, (2) David do Carmo, (3) Reo Inaba, (4) Taumata Puhetini H12: (1) Makuakai Rothman, (2) Miguel Tudela, (3) Jesse Mendes, (4) Carlos Munoz H13: (1) Marco Giorgi (URY), (2) Wiggolly Dantas, (3) Shayden Pacarro, (4) Kekoa Cazimero H14: (1) Lucas Silveira, (2) Makai McNamara, (3) Gatien Delahaye, (4) Torrey Meister WATCH DAY 2 HIGHLIGHTS WATCH DAY 1 HIGHLIGHTS
Surf

Day 2 Highlights – 2017 Volcom Pipe Pro

2017 VOLCOM PIPE PRO DAY 2が本日2/3(ハワイ時間)行われ、ハイスコアーを出せる波、パーフクト10が出るなどエピックサーフデイとなった。 バックドアの波はDAY 1より更にクリーンな条件で選手に素晴らしいスコアーを提供した。 特に目立った選手は、Bruce Irons、Makuakai Rothman、 Mason Ho達だった。 コンテスト終了間際に風が少し変わったが、本日行われたRound 2、Round 3 Heat 2までハイスコアーが続いた。 VOLCOMサーフチームライダー村上舜は、昨年日本人最高位25位タイでフィニッシュし今大会にフォーカスし気合が入っていたが良い波をキャッチする事が出来なく惜しくも4位敗退 81位タイでフィニッシュ。 オートネ(キャンセル待ち)でRound 3から急遽参戦が決まった脇田泰地は、バックドアの波でバレルに入るも浅くスコアーが伸びないまま惜しくも4位敗退 49位タイでフィニッシュ。 VOLCOM PIPE PRO初参戦ではあったがホームブレイクがノースショアだけに今後の活躍に期待がかかる。 明日2/4 7:30am(ハワイ時間)、2/5 2:30am(日本時間)ファーストコールが発表される。 是非  redbull.tv/volcompipepro をチェックしてください。 本日ヒートを見逃した方も redbull.tv/volcompipepro で全てのヒートをチェック出来るのでそちらもチェックして頂きたい。 またスマートフォン、タブレットではRed Bull TV appを登録し視聴も出来ます。 DAY 2 RESULTS Round of 64, 1st and 2nd advance, 3rd = 33rd place, 4th = 49th place H1: (1) Nathan Florence, (2) Kiron Jabour, (3) Dean Bowen, (4) Taichi Wakita H2: (1) Griffin Colapinto, (2) Jeronimo Vargas, (3) Kai Mana Henry, (4) Manuel Selman Round of 96, 1st and 2nd advance, 3rd = 65th place, 4th = 81st place H1: (1) Nathan Florence, (2) Manuel Selman, (3) Eli Olson, (4) Noa Mizuno H2: (1) Kai Mana Henry, (2) Dean Bowen, (3) Mikey Bruneau, (4) Nic Von Rupp H3: (1) Wyatt McHale, (2) Brian Toth, (3) Jordy Collins, (4) Tomas Tudela H4: (1) Kaimana Jaquias, (2) Leandro Usuna, (3) Flavio Nakagima, (4) Gregg Nakamura H5: (1) Olamana Eleogram, (2) Hank Gaskell, (3) Ian Walsh, (4) Keoni Yan H6: (1) Joshua Burke, (2) Koa Rothman, (3) Guillermo Satt, (4) Jared Hickel H7: (1) Nomme Mignot, (2) Ezra Sitt, (3) Miguel Blanco, (4) Yuri Gonsalves H8: (1) Kaito Kino, (2) Kaito Ohashi, (3) Alonso Correa, (4) Dylan Goodale H9: (1) Seth Moniz, (2) Cody Young, (3) Jamie O’Brien, (4) Shane Holmes H10: (1) Mason Ho, (2) Bruce Irons, (3) Tim Reyes, (4) Danny Fuller H11: (1) Taumata Puhetini, (2) Makuakai Rothman, (3) Turo Ariitu, (4) Shun Murakami H12: (1) Miguel Tudela, (2) Reo Inaba, (3) Eala Stewart, (4) Chris Foster H13: (1) Kekoa Cazimero, (2) Makai McNamara, (3) Tyler Newton, (4) Andy Criere H14: (1) Gatien Delahaye, (2) Shayden Pacarro, (3) Elijah Gates, (4) Masatoshi Ohno H15: (1) Benji Brand, (2) Luke Shepardson, (3) Cory Arrambide, (4) Tanner Hendrickson H16: (1) Parker Coffin, (2) Lucca Mesinas Novaro, (3) Charly Quivront, (4) Ulualoha Napeahi WATCH DAY 1 HIGHLIGHTS!
Surf

Day 1 Highlights – 2017 Volcom Pipe Pro

より良い気象条件と最適なうねりを待つ事によってノースショア、パイプラインでは多くのレイデイ(ノーコンテスト)の後、本日ついに2017 VOLCOM PIPE PRO Day1、Round 1が激しいコンディションの中幕を開けました。 先週ノースショアを襲ったストーミーウェザーがパイプラインの砂をバックドア、オフザウォールに移動してしまった。 今日はいくつかの狂気の波、ヘビーワイプアウト、そして一握りのハイスコアーがあった。 Tyler NewtonはVolcom Last Chance Qualifierヒートで9ポイントライドを出しRound 2に進んだ。 15歳のパイプチャージャーWyatt McHaleも同じように8.5ポイントを出しRound 2に駒を進めた。 明日2/3 7:00am(ハワイ時間)、2/4 日本時間2:00amファーストコールが発表される。 是非  redbull.tv/volcompipepro をチェックしてください。 本日ヒートを見逃した方も redbull.tv/volcompipepro で全てのヒートをチェック出来るのでそちらもチェックして頂きたい。 またスマートフォン、タブレットではRed Bull TV appを登録し視聴も出来ます。 RESULTS Volcom Last Chance Qualifier 1st – Tyler Newton Round of 112, 1st and 2nd advance, 3rd = 97th place, 4th = 105th place H1: (1) Nathan Florence, (2) Mikey Bruneau, (3) Kai Lenny, (4) Jason Shibata H2: (1) Wyatt McHale, (2) Gregg Nakamura, (3) Kelson Lau, (4) Noah Beschen H3: (1) Hank Gaskell, (2) Koa Rothman, (3) Alex Pendleton, (4) Myles Padaca H4: (1) Ezra Sitt, (2) Dylan Goodale, (3) Landon McNamara, (4) Evan Valiere H5: (2) Seth Moniz, (2) Danny Fuller, (3) Braiden Maither, (4) Kevin Sullivan H6: (1) Turo Ariitu, (2) Chris Foster, (3) Sheldon Paishon, (4) Kekoa Bacalso H7: (1) Kekoa Cazimero, (2) Shayden Pacarro, (3) Lance Gruver, (4) Tereva David H8: (1) Luke Shepardson, (2) Ulualoha Napeahi, (3) Takayuki Wakita, (4) Logan Bediamol photo: Lugo photo: Lugo photo: Tom Carey photo: Brian Bielmann photo: Tom Carey photo: Brian Bielmann photo: Brian Bielmann photo: Tom Carey photo: Brian Bielmann photo: Tom Carey photo: Brian Bielmann
Surf

2017 VOLCOM PIPE PRO

 2017 VOLCOM PIPE PRO ハワイ、オアフ島、ノースショアにある世界に名高いバンザイパイプラインで開催されるこのイベントは世界中から112人以上のワールドクラスのベストサーファーが集まります。 最も素晴らしい条件でコンテストが行われる為、1/29-2/10(ハワイ時間)の13日間オフィシャルウェイティングピリオドを設け、2017年でVOLCOM PIPE PROは8年目になりました。World Surf League(WSL)の3,000ポイントのHawaii Qualifying Series(QS)イベントで賞金総額が$75,000に設定されています。 『私たちは2017年にVOLCOM PIPE PROを再び開催することに非常に興奮しています。過去のイベントでは歴史的な瞬間が沢山あり、今後もそれを超える事を目指しています。私達の目標はSustainabillty(持続可能)な取り組みを推進しながら、ワールドクラスのイベントを作り出す事です。パイプラインは世界で最も多彩な波の一つであり、私たちはこのような素晴らしいコンテストに参加する事を光栄に思っています。』Brad Dougherty, Global VP of Surf VOLCOM PIPE PROは、人気と視聴率が最も高いサーフィンイベントの一つである上、ツアー内でも最高峰のバレルがコンスタントにあり、歴史上に残るヒートが見れる大会として名が高い。 2016年大会は世界中から75万人近くの方々がウェブ中継を視聴されました。 この一流イベントはSustainabillty(持続可能)と環境へ最小限の影響しかないことを立証するDeep Blueに承認されています。 2016年にはWSLシーズン中、最もクリーンで「海にやさしい」イベントとして認識されました。 今年(2017年) はVOLCOMが掲げるSustainabillty(持続可能)へのコミットメントは、VOLCOM PIPE PROを最もエキサイティングなイベントにするだけではなく、世界で一番革新的なプロサーフィンイベントにしていく予定です。 そして、VOLCOMサーフチームライダーも多数参加し、日本からは村上舜が参戦!!キャンセル待ちで脇田泰地(キャンセル待ち25番、1/27現在)の参加にも期待したい!その他多数の日本人も参戦するので是非チェックして頂きたい。 大会オフィシャルサイトでは、Red Bull TVによるLive中継やコンテストリザルト、デイリーハイライト映像、ビデオ、写真など様々なコンテンツを用意しています。 Liveを見逃した方は、HEATS ON DEMANDで全てのヒートをチェックする事が出来るのでそちらもチェックして下さい! 大会を記念したオフィシャルアイテムも多数リリースしているのでそちらもチェックして頂きたい! 2017 VOLCOM PIPE PROの最新情報は、 Instagramで随時アップされるので@volcom, @volcomsurf, @volcomhawaii_ ,@volcomjapan をフォローして下さい! そして、Instagramで2017 VOLCOM PIPE PROの情報をアップする際は、‪#‎VolcomPipePro‬ を付けて下さい! 現地での情報は、カラーズマガジンでもアップするのでそちらもチェックして頂きたい!! 2016年のVOLCOM PIPE PROの模様は下記から! Final Day Highlights – 2016 Volcom Pipe Pro Day 2 Highlights - 2016 Volcom Pipe Pro Day 1 Highlights - 2016 Volcom Pipe Pro