Volcom Brand Jeans Get “Water Aware”

デニム製造における新しい節水プログラムの導入

Volcomデニムコレクションの節水プログラムである”Water Aware”は、12年前に始まったVolcomのサステナビリティへの旅(責任ある製造への取り組み、繊維調達の改善、影響の評価/調査、有意義な還元等)の重要な新しいマイルストーンです。 Volcom Fall 2019コレクションのリリースの特筆すべき点は、すべての男性、女性、若者のスタイルに対応した新しいこの”Water Aware”デニムが、世界に向けて紹介されたということを意味しています。 Volcomデニムの仕上げ工程で節水技術を導入することにより、デニム1本あたり平均13リットルの水を節約することができました。そして、私たちのこの取り組みはまだまだ止まりません。

Volcomは、製品製造に伴う環境への影響に対処することを約束しており、これらの影響を排除または軽減する方法を常に模索しています。デニムの製造に必要なすべての工程を評価/調査した後、最もすぐに対処できる影響は、デニムの仕上げ工程での水の使用量であることが分りました。

Volcomの製造チームは、工場パートナーと共同で、酵素とオゾンのウォッシュ加工および仕上げ技術を採用しました。さらにVolcomチームは、これまで分かれていた水使用サイクルを1つのプロセスにまとめ、水とエネルギーを大幅に節約しました。Levi’s社が開発したWater <Less™の技術に触発され、その「オープンソース:ウォーターイノベーション」ガイドを使用しています。2019年の残りの間に、水の使用量を40%削減し、推計約400万リットルを節水できる見込みです。同時にVolcomは他のブランドにもこれらのベストプラクティスを採用するよう奨励しています。

この“Water Aware”プログラムは、サスティナブル素材の導入に続く、倫理的およびサスティナビリティへの取り組みのネクストチャプターです。
デニムはブランドの中の大きなカテゴリーの1つです。したがって、よりサスティナブルな材料とプロセスを実行しながら焦点を合わせるべきカテゴリーであることを意味します。2019年の残りの間に、水の使用量を40%節水できることは非常に大きなことです。

Volcomは今後もこれに献身的に取り組み、“Water Aware”プログラムをさらに効率よくラインに追加していきます。デニムの終身にわたるライフサイクルのさまざまな段階を通して、他の節水方法も含め模索し、節水量を増やし続けていきます。

“デニム製造に使用される最大の水量はコットン栽培に関連しており、消費者へのケアがそれに続きます。それは”FARM TO YARN”オーガニックコットンプログラムのような取り組みを将来デニム製品にも導入できる可能性が大いにあるということを意味し、本当に興奮しています。デニムを手に取り家に持ち帰ってからも、それぞれが意識を持って悪影響を減らすよう、消費者に啓蒙するための良い材料になるでしょう”

-Ryan Immegart, Volcom 最高マーケティング責任者

*Levi’s社の「オープンソース:ウォーターイノベーション」ガイドおよび平均34Lの水消費量(環境から採取した純淡水から、同じ品質またはそれ以上の品質で同じ流域に戻った水を差し引いたもの)
生地縫製をしてから各ピースが縫製された後、ジーンズを作る最後のステップで多くの水使用プロセスを伴うことがあります。

Truly Transparent

どのように35リットルの水を節約したのか

Vorta “Medium Blue Wash” and the Solver “Tokyo Indigo Blue”
現状、MEN’S、WOMEN’S、KID’Sデニム全体での平均節水量が13リットルです。これはいくつかのカラー/ウォッシュでは節水できておらず、特定のカラー/ウォッシュでは節水できていることを意味しています。Vorta “Medium Blue Wash”カラーとSolver “Tokyo Indigo Blue”カラーは、製造工程での大幅な節水に成功し、通常の工程より35リットルの節水を可能にしたウォッシュの一例です。Volcomはウォッシュライブラリおよびデニムの品質を維持しながら、水使用プロセスを減らしています。

  • 初期段階

    「糊抜き」(製織、切断、縫製で残った糸に加えられた澱粉の除去)の工程と酵素ウォッシュを組み合わせ、軽石を使用しないことにより、2つのウェットバス、糊抜きおよびすすぎを排除しました。通常、これらの初期段階のジーンズには4つのウェットバスが必要です。平均節水量 = 11.8L/jean

  • 初期/中間段階

    一部のダークカラーデニムでは、仕上げ工程の最初に(縫製後にジーンズが濡れる前に)生デニム状態で過マンガン酸カリウムをスプレーすることにより、1つのウェットバスを排除できます。これにより、最初のウェットバスに中和剤を追加できるため、従来独立した水使用プロセスとして必要な中和バスが不要になります。平均節水量 = 5.8L/jean

  • 中間段階

    スペインの市場で最も先進的なオゾンウォッシュマシンJeanologiaを使用することにより、2つのウェットバスを排除することができます。従来、ジーンズを明るくするためには3つのウェットバスが必要です。漂白バス、中和バス、リンスバスです。漂白剤の代わりにオゾンプロセスを使用すると、漂白バスと一般的な中和バスの2つのウェットバスが節約されます。平均節水量 = 12L/jean

  • 後期段階

    すべてのメンズデニムにおいて、仕上げ工程の最後の柔軟剤バスをスキップして、より硬い感触を実現することにより、1つのウェットバスを削除しました。従来はソフトな感触を実現するために、ウェットバスでデニムに柔軟剤が用いられます。平均節水量 = 6L/jean

*デニムのすべてのカラー/ウォッシュが上記4つと同じ特定の節水ステップを使用しているわけではありません。各カラー/ウォッシュのプロセスは、望ましい結果に応じて異なります。 Levi’s社の「オープンソース:水のイノベーション」ガイドとライフサイクルアセスメント(環境影響評価)を使用、計算し節水に取り組んでいます。

  • 初期段階

    「糊抜き」(製織、切断、縫製で残った糸に加えられた澱粉の除去)の工程と酵素ウォッシュを組み合わせ、軽石を使用しないことにより、2つのウェットバス、糊抜きおよびすすぎを排除しました。通常、これらの初期段階のジーンズには4つのウェットバスが必要です。平均節水量 = 11.8L/jean

  • 初期/中間段階

    一部のダークカラーデニムでは、仕上げ工程の最初に(縫製後にジーンズが濡れる前に)生デニム状態で過マンガン酸カリウムをスプレーすることにより、1つのウェットバスを排除できます。これにより、最初のウェットバスに中和剤を追加できるため、従来独立した水使用プロセスとして必要な中和バスが不要になります。平均節水量 = 5.8L/jean

  • 中間段階

    スペインの市場で最も先進的なオゾンウォッシュマシンJeanologiaを使用することにより、2つのウェットバスを排除することができます。従来、ジーンズを明るくするためには3つのウェットバスが必要です。漂白バス、中和バス、リンスバスです。漂白剤の代わりにオゾンプロセスを使用すると、漂白バスと一般的な中和バスの2つのウェットバスが節約されます。平均節水量 = 12L/jean

  • 後期段階

    すべてのメンズデニムにおいて、仕上げ工程の最後の柔軟剤バスをスキップして、より硬い感触を実現することにより、1つのウェットバスを削除しました。従来はソフトな感触を実現するために、ウェットバスでデニムに柔軟剤が用いられます。平均節水量 = 6L/jean

*デニムのすべてのカラー/ウォッシュが上記4つと同じ特定の節水ステップを使用しているわけではありません。各カラー/ウォッシュのプロセスは、望ましい結果に応じて異なります。 Levi’s社の「オープンソース:水のイノベーション」ガイドとライフサイクルアセスメント(環境影響評価)を使用、計算し節水に取り組んでいます。

Water Aware

Volcom Brand Jeans

 

More Than Water

ストーンレス、レーザー、そしてリサイクルペットボトル

「ストーンレス」とはどういう意味でしょうか?衣服の仕上げ工程で軽石の使用(ストーンウォッシュ)を排除し、代わりに節水酵素ウォッシュとオゾン技術を選択することにより、上記のように使用される水が少なくなるだけでなく、廃水もきれいになります。また、私たちはもはや再生不可能な資源を使用していませんし、海底からの火山岩の水中採掘も推奨していません。

Frickin ‘Laser Beams!一部のWOMEN’Sデニムでは、ウォッシュ加工の外観をデジタルで設計し、ジーンズに直接見えるレーザー仕上げ技術を利用しています。これらを使用した場合、同様の外観を実現するために必要な化学的工程の必要性を回避します。それは人と地球への影響を減らす2つの大きな機会となります。

REPREVE®! VolcomのFall 2019デニムコレクションでは、特定のカラー/ウォッシュ「Black on Black」、「Vintage Blue」、「Whiskey Blue」にリサイクルプラスチックボトルから作られたREPREVE®リサイクルポリエステル繊維を導入しています。デニムに使用されるポリエステルの量は最小限(通常3〜7%)ですが、サステナビリティへのコミットメントの一環として、特に大量生産の場合は「より良い」繊維を製品に導入するのが自然です。

More Than Water

ストーンレス、レーザー、そしてリサイクルペットボトル

「ストーンレス」とはどういう意味でしょうか?衣服の仕上げ工程で軽石の使用(ストーンウォッシュ)を排除し、代わりに節水酵素ウォッシュとオゾン技術を選択することにより、上記のように使用される水が少なくなるだけでなく、廃水もきれいになります。また、私たちはもはや再生不可能な資源を使用していませんし、海底からの火山岩の水中採掘も推奨していません。

Frickin ‘Laser Beams!一部のWOMEN’Sデニムでは、ウォッシュ加工の外観をデジタルで設計し、ジーンズに直接見えるレーザー仕上げ技術を利用しています。これらを使用した場合、同様の外観を実現するために必要な化学的工程の必要性を回避します。それは人と地球への影響を減らす2つの大きな機会となります。

REPREVE®! VolcomのFall 2019デニムコレクションでは、特定のカラー/ウォッシュ「Black on Black」、「Vintage Blue」、「Whiskey Blue」にリサイクルプラスチックボトルから作られたREPREVE®リサイクルポリエステル繊維を導入しています。デニムに使用されるポリエステルの量は最小限(通常3〜7%)ですが、サステナビリティへのコミットメントの一環として、特に大量生産の場合は「より良い」繊維を製品に導入するのが自然です。