カリフォルニアSB657の開示

サプライチェーンのカリフォルニアの透明性実態開示 2010年9月、カリフォルニア州政府は新しい法律を承認しました。これは、州内で活動している小売業者および製造業者が、サプライチェーンからの奴隷制度および人身売買を根絶するために講じた措置を公表することを義務付けるものです。ボルコムは、奴隷労働と人身売買の実行には、「不本意な奴隷制への服従を目的とした、権力、詐欺、または強制の使用による、人員の斡旋、収容、輸送、支給、または獲得を含む」と考えています。会社として、私たちはこれらの慣行を強く非難し、それらが私たちのサプライチェーンの中に存在することを許しません。 以下は、継続的なコンプライアンスのためにサプライチェーンをどのように監視しているかを説明しています。 VERIFICATION We assess the risks of slavery and human trafficking by understanding that such practices can happen anywhere. With that in mind, we regularly review our supply chain and audit all certified factories that we do substantial business with to ensure that they show continued compliance with...

ボルコムベンダー職場行動規範

ボルコムは、ボルコム製品および部品を製造する法律、文化、および労働者を尊重する、世界中のベンダーとの取引に努めています。 ボルコムは、このVendor Workplace行動規範(以下「コード」)を開発しました。これは、ボルコムがそのベンダーに従うことを要求する最低基準です。  本規範の特定の規定に加えて、ボルコムはベンダーが責任を持って行動し、継続的改善に努め、そしてあらゆる点で最善を尽くして職場に虐待的、搾取的、または違法な状態が存在しないようにします。規格に違いや矛盾が生じた場合は、最高規格が適用されます。  ボルコムは、本規範を遵守し、本規範のコピーに署名し、本規範の遵守を保証するためにボルコムとその代理人が自社の施設と文書を検査することを許可することに同意したベンダー、サプライヤー、下請業者のみと協力します。  私たちの行動規範の翻訳は、標準中国語、ベトナム語、ヒンディー語、ベンガル語、スペイン語、タイ語、そしてインドネシア語で利用可能です。 雇用関係 ボルコムベンダーは、労働および社会保障に関する法律および規制に関して、国内、国内および国際法を遵守する雇用の規則および条件に従う必要があります。 児童労働 ボルコムのベンダーは、地域、国内および国際的な法律および規制で定義されているように児童労働を使用することを禁じられています。現地の法律に関係なく、当社のベンダーは、就学に15歳未満または義務的な年齢未満の労働者を使用してはなりません。 若年労働者 彼らの健康、安全、または道徳を危うくするかもしれない仕事を実行しないならば、売り手は地方の法定最低年齢より年齢が高いが18歳未満である未成年者を雇うかもしれません。仕入先は、未成年労働者に残業、危険または夜間労働の遂行を要求してはならず、未成年労働者保護のためのすべての法的要件が満たされていることを確認します。 強制労働 ボルコムのサプライヤーおよびベンダーは、奴隷、人身売買、その他の方法で得られた誓約、奴隷、刑務所または労働にかかわらず、いかなる形態の非自発的または強制労働も使用してはなりません。 差別 ボルコムのベンダーは、人種、宗教、性別、性的指向、色、出身国、年齢、身体的または精神的障害、病状、政治的意見、労働組合、社会的関係、地域、国内、および国際法で保護されている団体、配偶者の有無、妊娠またはその他の分類に基づく雇用関係のどの段階においても従業員を差別してはなりません。 嫌がらせと虐待 ボルコムのベンダーは、従業員を尊敬と尊厳をもって扱い、いかなる従業員も身体的、性的、心理的または言葉による嫌がらせや虐待を受けないようにしなければなりません。 結社の自由 ボルコムのベンダーは、結社の自由および団体交渉の自由に対する従業員の権利を認識し、尊重するものとします。 健康と安全 職場は安全で健康的なものでなければならず、ベンダーは安全で衛生的で健康的な職場環境の規定に関して、あらゆる重要な点で現地、国内および国際的な法律を遵守する必要があります。仕入先は、職場での怪我や病気を防ぐための対策を講じる必要があります。また、安全な職場慣行を使用するように従業員を訓練する必要があります。 補償 すべての従業員は、求められる基本的な労働時間を満たせば、生活に必要な費用とある程度の可処分所得を含む報酬を得る権利を持っています。ベンダーは、ボルコムの製品または部品を製造したすべての従業員に最低賃金または適切な一般賃金のうち高い方の支払いを行い、賃金に関するすべての法的要件を遵守し、法律または契約で義務付けられる給付を提供する必要があります。報酬が必要な生活費を十分含んでいない場合、各ベンダーは基本的な必要生活費とある程度の可処分所得収入を支払う事ができるようボルコムと工場と協力し、報酬レベルを徐々に改善することが求められています。 勤務時間と休みの日 製造者は、製造国の法律で認められている1日あたりまたは1週間あたりの労働時間を超えて労働することを従業員に要求してはなりません。通常の労働週は48時間を超えてはなりません。現地の法律で残業が許可されている場合、それは合意に基づくものであり、定期的に要求されるのではなく、保険料率で補償される必要があります。ベンダーは7日ごとに24時間の休憩を提供するものとします。例外的な状況を除けば、週あたりの定時および残業時間の合計は60時間を超えてはなりません。 下請け ボルコムの名前またはロゴのマークが付いているか、またはボルコム製品への組み込み専用に作られている材料、部品、または部品を製造しているすべての工場または請負業者の名前と住所をボルコムに開示します。さらに、ボルコム製品または部品の製造において工場または請負業者が使用する下請け業者の名前と住所は、ボルコムに開示する必要があります。 改善 ボルコムのベンダーは、本規範の違反をすみやかに是正するために必要な是正措置を講じることが求められています。ボルコムは、本行動規範を遵守しないサプライヤーまたはベンダーとの取引関係を終了させる権利を留保します。   環境 ボルコムは、環境保護を真剣に考える工場と協力するよう努めています。すべてのボルコムベンダーは、環境への悪影響を軽減し、より大きな環境責任を促進するための予防的アプローチを支持するものとします。これには、操作国のすべての法的要件が含まれます。

責任ある購買実務

責任ある購買実務方針 ボルコムでは、私たちは製造パートナーと私たち自身に大きな期待を寄せています。ただし、その生産プロセスが、労働者の権利、健康および/または安全性を犠牲にすべきではないと信じています。私たちは、10年以上にわたり当社の事業の主要パートナーであるサプライヤーのグループと協力しています。私たちのビジネスと関係が成長するにつれて、私たちはお互いからの絶え間ない改善を期待しています。製造パートナーが品質、納期、価格、およびコンプライアンスの観点から絶えず高い期待に応えることを期待するだけでなく、その決定がサプライヤーの基準を満たす能力にどのように影響するかについても検討します。これは、製品の設計、計画、購入方法に影響を与えます。ボルコムにとって、それはすべてこれに忠実であることの一部です。  闘争 私たちは、購買慣行が職場環境への悪影響を減らしていることを確実にしながら、機敏さと即応性を保つよう努めます。慎重に計画し、定期的にサプライヤーと同様に社内で確認・点検します。コミュニケーションの仕方、計画の遵守、そして製品のデザインはすべて、製造パートナーの高い期待に応える能力に影響を与えることを理解しています。  製造パートナーシップ 私達は私達が私達の工場パートナーシップなしでVolcomプロダクトを作ることができないことを理解しています。私たちは、計画立案において密接に取り組むことが、私たちの総合的な改善のために共に発展し、学ぶ機会を提供することを見出しました。私達は私達の製造者がまた私達の改善プロセスをまた増強するために同時に彼らのフィードバックを組み込む間、彼らの全体的な性能を絶えず改善するように励ます。  コミュニケーション 私達は私達の製造パートナーと密接な関係があり、私達の製品、プロセス、そして計画について絶えずコミュニケーションしています。この長期的な見解は、サプライヤが自社のビジネスを監視し、コンプライアンスの期待に沿って業績を管理するのに役立ちます。社内では、四半期ごとのビジネスレビューを実施して調達決定を下し、より効果的に連携する方法について議論します。

RESPONSIBLE DOWN

RESPONSIBLE DOWN ボルコムはサプライチェーン全体で動物保護を最高レベルで確実にすることを約束しており、現在、責任ある基準に従ってダウン素材を調達しています。2017年には、ボルコム製品で使用されるダウンの100%がRDS規格に認証される予定です。継続的な改善を目指し、ボルコムはTextile Exchangeと協力して「Scope認定ブランド」になることで、整合性とベストプラクティスを確保しています。Textile ExchangeはResponsible Down Standardのオーナーであり、現在はGlobal Traceable Down Standard(TDS)と合併しています。これらの標準は業界のベストプラクティスを推進しています。ボルコムはTextile Exchangeのメンバーであり、またRDSの強化と改善のための作業を支援しています。  RDSについて Responsible Down Standardは独立した、任意のグローバル基準です。つまり、自社の製品をRDSに認証することを義務付ける法律がなくても、企業は自社の製品をRDSに認証することを選択できます。RDSは、動物福祉団体、業界の専門家、ブランド、小売業者の協力を得て、3年間かけて開発および改訂されました。この規格は、動物保護におけるベストプラクティスを認識しており、動物の幸福を侵害するものは除外しています。  「RESPONSIBLE DOWN」とはどういう意味ですか? この基準の意図と精神は、Oxford Dictionaryの責任の定義の1つ、「自分の行動に対する道徳的な説明責任」に最もよく反映されています。農家だけでなく、ブランドやサプライチェーンのメンバーも、羽毛や羽毛を提供する動物の5つの自由を尊重し、RDS製品を選択している消費者の信頼を満たすという義務を果たす必要があります。 更にresponsibledown.org.ついて学ぶ

公正労働組合協会の認定

2018年2月、何年もの準会員ブランドの立場を経て、ボルコムは公認労働者協会(FLA)によって公認の「会員」として正式に投票されました。それは、ブランドを際立たせ、過去12年間に彼らの社会的コンプライアンスプログラムに注がれてきた責任と勤勉さが認められた証です。  FLAに参加するボルコムのような会社は、公正な労働と責任ある調達(および/または生産)の10の原則を約束し、そのサプライチェーンにおいてFLA職場行動規範を支持することに同意する必要があります。行動規範は国際労働機関(ILO)の基準に基づいており、会社の商品を製造する労働者を保護しようとしています。ブランドは準会員として入会できますが、自社のサプライチェーンをFLAの正式な会員になるには、何年ものFLA職場行動規範の実施が必要です。  この基準は、グローバルなサプライチェーンにおいて適切で人道的な労働条件を達成し、無差別、強制労働、児童労働、報酬、労働時間などの重要な課題に対処することを目的としています。  2014年に、最初のステップとして、ボルコムはFLAの準会員になり、「FLAの職場行動規範をボルコムが導入することにより、従業員の基本的賃金や生活を向上させる昇進のための訓練の機会をただ与えるだけでなく、尊厳と尊敬をもって従業員に接することも学びました。」  実施期間中、ボルコムのP.A.S.S. (製品および社会安全)チームはFLAと協力して以下のことを行いました。  職場行動規範を採用し伝達する コンプライアンス違反の問題を評価および修正するためにスタッフを訓練する 施設の内部評価を実施する 内部通報チャネルを労働者に提供する 2018年2月にワシントンDCでFLA投票が実施された際に、ボルコムの努力が報われたことが確認されました。  ボルコムのグローバルサプライチェーン担当副社長であり、コンプライアンスプログラムの責任者でもあるBig Tony Alvarez氏は、次のように述べています。「これは、サプライヤー、FLA、および社内のチームとの間の真のパートナーシップです。私たちはこの功績をとても嬉しく思っています、そしてそれは関係者全員にとっての勝利です。」  現在P.A.S.S.と呼ばれているボルコムのコンプライアンスプログラムは2006年に彼らの最初の行動規範の実施から始まり、それ以来着実に発展し成熟してきました。ボルコムのP.A.S.S.チームは、「我々が普段購入する製品は労働者の権利が犠牲にされたものであってはならない」というFLAの共通の考えに基づいています。彼らの会員資格はその信念を強化します。  ボルコムの認定は3年ごとに更新されますが、期間中労働遵守システムと活動がFLAによる満足のいくものかが更新評価の基準となります。

コンプライアンスの遵守状況

ボルコムのコンプライアンスの旅 私たちのコンプライアンスの旅が始まった2006年以来、ボルコムはこれが真実であることの意味を築いてきました。その年のボルコムは私たちの最初の行動規範を確立し、WRAPの下で2007年に監査を開始するために他のアクションスポーツブランドと連携してサプライチェーンの監査を開始しました。私たちのプログラムの下で化学物質コンプライアンスを追加することにつながる2008年に私たちが最初に参加したコンプライアンス会議から、私たちは成長し続けています。業界で何が起こっているかに先んじて、クラス最高であることがボルコムにとって重要です。これにより、コンプライアンスシリーズが作成され、サプライチェーンパートナーと年2回、社内で年1回実行されます。これは私達に私達の要求と期待が変化しそして産業が発展するにつれて私達の製造パートナーと私達の製品を生産することについての私達の期待を明確にするためのプラットフォームを与えています。   2011年には、すべてのコンプライアンス活動が1つのチームの下に統合され、社会、化学、および規制へのコンプライアンスが組み込まれました。2014年に、製品と社会の安全(P.A.S.S.)というプログラムの名前を変更し、会社が採用したコンプライアンス基準が世界的に満たされるようにしました。   合格へのイントロ P.A.S.S.プログラムは、2006年の最初の監査以来、アクションスポーツ業界全体の基準を設定してきました。私たちは、プログラムの開始を通して、重要なマイルストーンを達成しました。これらのいくつかは次のとおりです。   2006年:ボルコムは最初の行動規範を発行しました。 2007年:ボルコムは、当社のアクションスポーツブランドに合わせて、WRAPを使用して社会監査を開始しました。 2008年:ボルコムがカリフォルニア州サンフランシスコで開催されたVCFカンファレンスに出席。プログラムに化学物質を追加しました。 2010年:カリフォルニア州コスタメサにあるボルコム本社で、最初のグローバルベンダーサミットを開催し、コンプライアンス要件について説明しました。 2011年:社会的責任、化学物質管理および実績が単一のプログラムに統合されました。 2012年:コンプライアンスKPIがエグゼクティブチームに提示されます。 2013年:AAFAでテストおよびコンプライアンスプログラムについて発表。 2014年:ボルコムは、プログラムの名称を製品と社会の安全(P.A.S.S.)に変更しました。 2014:ボルコムはすべての社会監査のためにBureau Veritasに移動します。テストはIntertekとSGSで行われました。 2014年:ボルコムは加盟組合員として公正労働協会に加わりました。 2014:ボルコムはすべての製品チームのために最初の内部コンプライアンスセミナー(ICS)を開催します。 2014年:ボルコムは中国の上海で最初のグローバルコンプライアンスサミット(GCS)を開催し、コンプライアンスとテストの規格およびプロセスを含むベンダーマニュアルをカバーしています。 2015年:第2回年次ICSがカリフォルニア州コスタメサのボルコム本社で開催されます。 2015年:AAFAでテストおよびベンダー選定によるコンプライアンスの向上について発表。 2015年:ラスベガスで開催されたMagic's Sourcing Expoでベンダーの選定とテストについて発表。 2016年:第3回年次ICSが開催され、製品チームに加えてセールスおよびeコマースチームも含まれます。 2016年:ICPHSOでボルコムのP.A.S.S.プログラムに関する発表が業界のリーダーや議員に行われました。 2016年:ボルコムは親会社であるケリングと社会的コンプライアンスの改善プロジェクトを開始しました。 2016年:P.A.S.S.プログラムはすべてのボルコムのライセンシーならびにヨーロッパおよびオーストラリアのサプライチェーンを含むように拡大されました。 2017年:改訂された行動規範が実施されました。 2017年:改訂された監査ツールとプロトコルを実装しました。 2017年:第4回ICSがカリフォルニア州コスタメサのボルコム本社で開催され、マーケティングチームも参加します。 これらは、継続的に改善され、真にグローバルなプログラムを構築するために私たちが長年にわたって行ってきたことのほんの一握りです。