RESPONSIBLE DOWN

RESPONSIBLE DOWN

ボルコムはサプライチェーン全体で動物保護を最高レベルで確実にすることを約束しており、現在、責任ある基準に従ってダウン素材を調達しています。2017年には、ボルコム製品で使用されるダウンの100%がRDS規格に認証される予定です。継続的な改善を目指し、ボルコムはTextile Exchangeと協力して「Scope認定ブランド」になることで、整合性とベストプラクティスを確保しています。Textile ExchangeResponsible Down Standardのオーナーであり、現在はGlobal Traceable Down StandardTDS)と合併しています。これらの標準は業界のベストプラクティスを推進しています。ボルコムはTextile Exchangeのメンバーであり、またRDSの強化と改善のための作業を支援しています。

 RDSについて

Responsible Down Standardは独立した、任意のグローバル基準です。つまり、自社の製品をRDSに認証することを義務付ける法律がなくても、企業は自社の製品をRDSに認証することを選択できます。RDSは、動物福祉団体、業界の専門家、ブランド、小売業者の協力を得て、3年間かけて開発および改訂されました。この規格は、動物保護におけるベストプラクティスを認識しており、動物の幸福を侵害するものは除外しています。

 RESPONSIBLE DOWN」とはどういう意味ですか?

この基準の意図と精神は、Oxford Dictionaryの責任の定義の1つ、「自分の行動に対する道徳的な説明責任」に最もよく反映されています。農家だけでなく、ブランドやサプライチェーンのメンバーも、羽毛や羽毛を提供する動物の5つの自由を尊重し、RDS製品を選択している消費者の信頼を満たすという義務を果たす必要があります。

更にresponsibledown.org.ついて学ぶ