Search

Recent News + Video

Product

VOLCOM X ANTI HERO COLLECTION

100%スケートボーダーのための至極のコレクションVOLCOM x ANTI HEROのリリースを、今ここに発表します。 各アイテムの詳細はこちらよりor各アイテム写真をクリック!Volcom X Anti-Hero Ride Vest Volcom X Anti-Hero Ringer Tee Volcom X Anti-Hero Flannel Volcom X Anti-Hero Pocket Tee Volcom X Anti-Hero Workshirt Volcom X Anti-Hero Tee Volcom X Anti-Hero Long Sleeve Tee Volcom X Anti-Hero Stone Made Gritter Volcom X Anti-Hero Pullover Hoodie Volcom X Anti-Hero Hat Volcom X Anti-Hero Sock VOLCOMスケートチームライダーであり、スケートデッキカンパニーANTI HEROのプロライダーでもあるGrant Taylorは、このコラボレーションを“説明不要”と呼び、同じくVOLCOMとANTI HEROで彼のチームメイトであるChris Pfannerは“この2つのカンパニーは、何事にも決して恐れず常に未知への探求心を持つシーンのパイオニア的存在として、ともによく知られている。だからこそ、彼らの経験を結合し生み出されるソリッドなアパレルギアたちは、タフなアドベンチャーにもなんなく耐えることができて、俺たちスケートライダーのリアルライフを完璧にカバーすることが約束されているということを意味するんだ”と賛同しました。 この明確な理想像のもと、このVOLCOM x ANTI HEROコラボレーション コレクションを生み出すためのプロセスが始まり、この然るべくプランとANTI HEROクルーと同じ船の上で、GrantとPfannerは彼らのインプットとアイデアをVOLCOMのデザインチームに供給し始めたのでした。 ”Grant Taylor” まずあなたは、この“ANTI HERO”というスケートデッキカンパニーについて知るべきでしょう。1995年にレジェンドスケートボーダー“Julien Stranger”と“John Cardiel”によって設立されました。以来、ANTI HEROは100%リアルスケートボーダーとそのシーンを支持し、ビジネスとしてのスケートボードへ敢然と立ち向かい続け、反体制という選択肢を提供するために存在しています。彼らのチーム、発信されるビデオ、ボードグラフィックと広告ビジュアルまで、ANTI HEROは設立から現在まで20年の間ぶれることなく、スケートボードシーンの強大な力であり続けています。 そして我々VOLCOMも、ANTI HEROが継承してきたそのアイデンティティが、我々自身と完全に合致すると信じています。 つい先日ANTI HEROプロライダーに昇格したVOLCOM SKATE TEAM ライダー”Daan Van Der Linden” このコレクションに要求される成果と、直接的に関係するすべてに対するメッセージを提示するために、我々はビジョンを共有しました。それは、“VOLCOM STONE”とANTI HEROのアイコンである“EAGLE”によって、よりタフなアパレルギアを、粋にデザインするために必須なことでした。 Pfannerは続けて“自分たちが普段から本当に身に着けている、本物のアパレルギアをつくりたかった。それはトリップに出る時に使い勝手がいいように、いかに軽くパッキングできて、何回も洗う必要がないものであるということも意味しているんだ!”と語っています。 それらを必要な人たちへ届けるべく、我々はよりタフで、スケートボードに適したアパレルギアコレクションをクリエイトしました。 頑丈なフランネルシャツやミリタリースタイルジャケット、コンクリートに酷使されることに耐え、糸の段階で加工された抗菌作用により防臭効果を搭載したストレッチツイルチノパンツ、ヘビーウェイトのプルオーバーフードスウェットに加え、半袖と長袖のTシャツ。そして必要不可欠になってくるキャップ、ソックスなどのアクセサリー類。 ANTI HEROクルーと我々VOLCOMの古くからの関係性のもと、このパートナーシップはスケートボーディングに完全にコミットするための指標です。 “リアルスケートボーダーの主張を反映した独自なスタイル” — Chris Pfanner “スケートボードに対する純朴さこそ美学だ” — Grant Taylor 8/19(金)より順次、VOLCOM STORE各店及び正規取扱店舗にて発売開始予定。 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE
Surf

From The Beach To The Country, Nate Tyler In “To The Land”

長髪のブロンドヘアーがトレードマークのVOLCOMサーフチームライダーNate Tylerが最新映像"To The Land"をドロップ! 地元セントラルカリフォルニアで見せる、彼のシグネチャーエアでもある高さのフロントサイドエアは必見! Nate Tyler Instagram: @_natetyler Volcom Surf Instagram: @volcomsurf Volcom Instagram: @volcom
Volcomunity Blog

“JPSA第4戦いってきました” BY MOMOKO MIYASAKA

こんにちは、桃子です! 先週はJPSA参戦のため新島に行ってきました。 いつ来ても綺麗な島。 波は台風の影響でかなりサイズがありました。 そして、試合の結果は2位でした。 勝ちたかった気持ちの分、もの凄く悔しい....。 次は茨城で第5戦があるのでこの悔しさをぶつけてきたいと思います。
Volcomunity Blog

“Defective Trip at Nagoya” BY UDA

今週金曜日、名古屋のclub JB'sにて合同展示会を開催します。 もちろん参加アーティストがパーティーにDJとしても参加します。 アートに音楽に是非一緒に楽しみに来てください。
Surf

VOLCOMサーフチームライダー村上舜がJPSA第4戦新島サーフフェスティバル 新島プロで見事優勝に輝いた!!

東京都新島村で8/18(木)-21(日)開催された、JPSA第4戦新島サーフフェスティバル 新島プロでVOLCOMサーフチームライダー村上舜が昨年に引き続き見事優勝し2連覇を達成した!! Round 2から参戦した舜は、全てのヒートを1位通過でFinalへと駒を進める。 ファイナルデイは、会場を羽伏磯(奥磯)に移動し、頭半からダブルとタフなコンディションの中開始3分でセットの波に深いボトムターンからフィンアウトを決めインサイドでは鋭いロールインを決めて9.25ポイントのエクセレントスコアーをメイク!! セカンドウェイブでもコンビネーションマニューバーを決め8.25ポイントのエクセレントを決めトータル17.50ポイントで下位選手にコンビネーションシチュエーションに追い込んだ! 終了間際には特大のセットにスープからテイクオフしインサイドの特大のバレルセクションに突っ込むも出口がふさがりノーメイク。しかし、ビックウェイブを得意とする村上舜、今回、コンテスト、フリーサーフィンと大活躍をした! 昨年に引き続きビックウェイブコンディションで行われた新島プロで見事2連覇を達成し優勝賞金¥720,000と2,000ポイントをゲットした! おめでとう!舜!! 村上舜の次なるコンテストは、8/30(火)-9/4(日)スペインで開催れるQS 6,000 Event Pantin Classic Galicia Pro、9/6(火)-11(日)ポルトガルで開催されるQS 6,000 Event Azores Proに出場する。 今後の舜の活躍に期待したいところだ! Go shun!!! 念願のJPSA初優勝を逃した物の2位となった宮坂桃子 Photos by JPSA Movie by colorsmagyoge
Skate

CJ Collins – Teenrager

CJ Collinsの13歳のバースデーに彼の父が13歳にちなんで13分のフッテージを制作しました。HAPPY 13TH BIRTHDAY CJ! Music: Tital Wave Performed by Residual Kid Courtesy of Warner Bros. Born To Lose Performed by Jesus Sons Courtesy of Mock Records Lost Performed by Blackout Courtesy of Riding Easy Records How Much You Need Performed by Zachey Force Funk Courtesy of Volcom Vinyl Club Horror in Clay Performed by Sons of Huns Courtesy of Riding Easy Records Coal Mind Performed Salem's Pot Courtesy of Riding Easy Records Lets Ride Performed by Jesus Sons Courtesy of Mock Records