Search

Recent News + Video

Events

VOLCOM PATAGONIA PARTNER CHP SUNRISE BEACH CLEAN UP レポート

5月14日(日)千葉県長生郡一宮町サンライズ&ヨンライズポイントにてpatagoniaとVOLCOM、地元のサーフショップCHP、そして海洋ごみ問題解決に向けて活動する一般社団法人のJEANが協力し、今回で8回目となるビーチクリーンアップイベントを開催しました! 開始直前まで降り続いた小雨も、奇跡的に止み、過去最高の約450名ものボランティア参加者が集まってくれました。開始前にはご覧の通り長蛇の列が。Tシャツが行き渡らなかったみなさま、ごめんなさい… 初回から恒例になっている参加者への記念Tシャツプレゼント。単に無料でお配りしているわけではなく、このTシャツを持ち帰ってもらって、普段に着てもらったり、タンスの中で見かけた時に、あ、そういえばビーチクリーンやったなあ、、、という風に、環境に対する意識を思い出すきっかけになればいいな...という想いのもとに毎回お配りしています。 本イベントは“環境について考える”というメッセージを発信したいという趣旨のもとにおこなっています。毎回たくさんの子供たちが参加してくれることを嬉しく思うのと同時に、このイベントをきっかけに、環境に対して何か少しでも新しい気付きが生まれてくれることを私たちは願っています。 今回は永塚製作所協力のもと、清掃用トング”MAGIP”の無料貸し出しも実施! VOLCOMサーフチーム 脇田泰地、脇田サラも参加しました! 今回集積されたゴミ。 また、本イベントはCHPをはじめ、マーケットへの出店者様やローカルの方たちの協力があってこそできることであり、この地域への還元という部分も趣旨のひとつとして、盛り上げていきたいという気持ちを持っています。 ビーチクリーンを終えた参加者には、ホールフードマシーンメーカー“Vitamix”の協力のもと、“SAMBAZON”のアサイーと、地元一宮“近藤いちご園”のいちごを使用した、スペシャルスムージーが無料でふるまわれました!あまりのおいしさに配布開始からノンストップで終了! ビーチクリーン終了後、こちらも恒例になっているオーガニックマーケットをpatagonia Surf Chiba会場にて開催しました!ローカルのお店を中心にケータリング、お団子、コーヒー、手作り雑貨や観葉植物販売、ワークショップなどが出展。 JEANによる、”マイクロプラスチックってどんなもの?”新たな海洋汚染をわかりやすく紹介する紙芝居も実施されました! VOLCOMブースではシルバーリボンジャパンの協力のもと、不要になった”スワッチ”リユースするワークショップを開催!みんなでVOLCOM STONE型のコースターをつくりました! シルバーリボンジャパンとは?: シルバーリボンジャパンは、脳や心に起因する疾患(障がい)およびメンタルヘルスへの理解を促進することを目的とした運動のシンボルです。「脳や心に起因する疾患(障がい)への理解ある社会の実現を目指す」、シルバーリボンジャパンは、その理念を掲げて啓発活動を展開しています。 前回に引き続き、今回のVOLCOMワークショップは、シルバーリボンジャパンが運営する、うつ病患者などの社会復帰支援施設”ゆめが丘DC”の利用者様たちに協力していただき運営しました。 All photos by GEN ローカルの方々、ご協力、ご参加頂いた方々ありがとうございました! わたしたちひとりひとりの意識が地球の未来を創ります。 Special Thanks : サボテンミサイル、シルバーリボンジャパン&ゆめが丘DC、ナチュラロハ、みんなの貝小屋 貝磨きワークショップ、永塚製作所、近藤いちご園、晴れや、AKYU SurfBoardCase、AMBESSA & CO、Ancora Pizza Napoletana、ATLANTIC COFFEE STAND、cocoua、CHP、dwarfhandworks、GEN、JEAN、Kei Otsuka Surf Art Canvas、mind、patagonia Japan、patagonia Surf Chiba、SAMBAZON、SHINTARO SASAKI、Vitamix、VOLCOM FAMILY and SUNRISE&YONRISE LOCAL VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、環境問題に真摯に取り組むアウトドアウェアブランドPatagoniaとタッグを組み、我々が遊ぶフィールドの将来を地球規模で考えながら、海と山のクリーンアップ活動をおこなっていきます。 次回ビーチクリーン開催は今年の秋を予定しています。ファミリーで参加されても楽しめるイベントです!是非みなさまのご参加をお待ちしております!
Womens

VOLCOM WOMEN’S PRESS 掲載 【ar 6月号】

5/12発売、ar 6月号にて、 VOLCOM WOMEN'S のアイテムが多数掲載されています。 ar  6月号 P60-61 "Fashion News" P208 ◎掲載アイテム              
Volcomunity Blog

“♡本日開催!!日本のHIP-HOPシーンのレジェンドが一堂に会するPARTY!!♡” BY NAZ CHRIS

半年以上前から進めてきた、 DJ KOJI NAKAMURAのDJキャリア31周年ー。 31年間、同じ事をやり続ける尊さ、 シーンに居続けるすごさと難しさはー、 人生の数奇さやサプライジングを 経験してきた人間ならば容易に想像できる。 これこそが、 アーティストとして、 クリエイターとして、 永遠のテーマとして刻まれる。 "継続"。 如何に好きか、 如何に愛するか、 如何に一途であるか。 そんなDJの歩みを、 戦友ともいえるレジェンドたちが 気持ちひとつで祝う一夜になる。 MUROさん。 Watusi(COLDFEET)さん。 矢部直さん(U.F.O)。 高宮永徹(Flower Records)さん。 KO KIMURAさん。 DJ MASTERKEYさん。 DJ YUKIJIRUSHIさん。 DJ JIN(Rhymester)さん。 ROCK-Teeさん。 DJ BEATさん。 DJ YAS(KEMURI PRODUCTION)さん。 DJ MAYUMIさん。 KOCO a.k.a.Shimokitaさん。 DJ HOKUTOさん。 Buddha Mafia(NIPPSさん/CQさん)。 K-WON a.k.a.k-on(ex.NAKED ARTZ)さん。 Tarautula(Spontania)さん。 ラジオ界の大先輩: MC RYUさん。 私、Naz Chris。 日本のシーンの中心にいるアーティスト達が このアニバーサリーにひとつ返事で 協力して頂けた事に、 2HYPE MISFITSのメンバーとして、 心から嬉しく、感謝と、感激と、 リスペクトしかありません。 それだけではありません。 渋谷の街全体が、新宿が、恵比寿が、 ポスターやフライヤーで応援してくれました。 シーンと日本のDJたちを支えて40年、 Disc Jamの社長:阿部さんー。 見てください! 店頭の入り口にこのように… ありがとうございます!!!! 社長の温かさ、 一生忘れません!!! 会場となるclubasiaさん。 特大のポスターを3枚も 外壁に飾って下さいました!!! 渋谷のCLUB BALLさん。 高宮さん、首藤さん、 ありがとうございます 渋谷のHMVさん!!! 長谷川さん、ありがとうございます!! Disk Union、 新宿クラブミュージック館さん、 春山さん、ありがとうございます!!! 他にも多くの飲食店やBARの ご協力を頂きました。 SNS全盛、ボタンひとつで宣伝とシェアが できる時代ですが、 こうして一軒、一軒、 直接、お顔を拝見してお願いすること。 こういったアナログな コミニュケーションを忘れてはいけないと、 今回の事で強く実感。 本当に大切な事は、 インターネット中継やSNS上で 起こるのではありません。 "生"の声はいつでも現場に、街にある。 たくさんの先輩方のご協力を賜りー、 さぁいよいよ今晩です♡ 主役はこの方!!!! DJ KOJI NAKAMURAー。 今日がリアル・バースデー。 2HYPE MISFITSとして、 改めての祝福を♡ 本日23:00!!!! 渋谷はclubasiaでお待ちしています♡ TRUE TO THIS xoxo Naz Chris
Volcomunity Blog

♡東京アングラ・アート・カルチャーの坩堝!!坩堝”WORST ENEMY vol.2″♡ BY NAZ CHRIS

渋谷のLAカルチャーの ギャザリング・スポット"Lil'LA"で、 毎月第2水曜日に開催中の、 『WORST ENEMY ART:CAZUL』♡    普段、ステージで歌って、 DJして、ラップしているアーティストがー、 もちろんそれで芸術のアウトプットが 足りるわけがなく、 普段から様々なカタチで、 それぞれのアートを追っているー。 そんなハングリーな アーティスト仲間たちが集結して、 Tシャツを刷り、 音楽をかけ、 料理を作り、 POP UP STOREを開き、 踊り、 歌い、 人とアートとの出会いを満喫した。 平日に誰も遊ばなくなった東京。 週末すら集まれなくなった友達。 みんな忙しく日々の生活に追われている。 守るべきものだってある。 それでもー、 やっぱり私達は、 自分たちの生きる証を燃焼させるために、 いつだってこの街の中心でありたい。 どんなに時代が変わっても、 命をかけて好きになった、 惚れたもの、愛したもの、愛した人に、 嘘なく忠実であるために。 灯火を消さず、 何もない日常に集まり続ける。 Big Respect♡ CAZUL/TABOO ONE/DJ KOJI NAKAMURA/YOU THE ROCK★/BUTCHER/山田マン/HI-D/Asami(dos)/CO-KEY/Q/Little(Kick The Can Crew)/COMA-CHI/ANTY/LUNA/MASARU... and more friends and crew♡ TRUE TO THIS xoxo Naz Chris
Surf

Behind The Scenes On The Exit The Earthly Film Shoot With The Volcom Team

Exit The Earthly, Ozzie Wright, Nate Tyler, Coco Ho, Mitch Coleborn, Maud Le Car, Dusty Payne, Yago Dora, Quincy Davis,Noa Deaneの自然体を馬鹿げた、サイケデリックなサーフアクションコメディーアドベンチャーショートフィルムとして捉え、Will Oldham とAustin Amelioもサポーティング・キャストとして参戦。 Volcom FilmsよりリリースしたRara Avis や Knifeのような脚本ありの作品精神でほぼ一日で撮影された。 Exit The Earthlyは、Ozzie Wrightが神秘的な島で数日間誰もいないバレル(チューブ)を独り占めし、後に他の友人達が合流するものの、波一本乗る前に皆の板が消える。島に豊富にあるパニックジュースを大量に摂取した勢いに乗り、板を探す(取り返す)冒険が始まる。 彼らの履いているボードショーツはこちらから! VOLCOMクリエイティブディレクターMike AhoがMichael Siebenと共に脚本を書き上げた作品。Volcomサーフギャングはこのトリップに関しては事前になにも聞かされなく、各シーンの撮影間際に初めて脚本を見る。 僕は何をすべきか正確に知らされていなく、新しいコレクションのフォトシュートだと思っていました。まさか演技をすることになるとは思っていませんでした。-Yago Dora このトリップは驚きでいっぱいでした。最初はCOCO,とQUINCYと私でVOLCOMの新しいWOMENSコレクションの撮影かと思っていたのですが、途中でBOYSも参加することを知りました。 - MAUD 演技をしなければいけないことに最初は多少抵抗があったようだが、演技の経験のない皆は次第に溶け込みembraced the strange(変わった・変なことを抱擁する)するようになった。 「何しに来たんだろぅ」って不思議に思ってました - DUSTY "私たちはひどい役者だ。しかし何か良い物を作っていると知っていました。-Mitch ぎこちなく立った状態でかっこつけるような普段のフォトシューティングよりも断然楽しかった - OZZIE サーフ業界のスタンダードからかけ離れた感じなので、視聴者がどのような反応を見せるか分からない - NATE ありきたりのカタログ撮影とはかけ離れた感じ、だからVOLCOM大好き! - COCO 彼らの履いているボードショーツはこちらから! BEHIND-THE-SCENES PHOTOS FROM THE SHOOT Photos and words by Volcom's Global Surf Team Manager, Richie Olivares Ozzie entering the earthly... You know you're safe when these guys are around! Mahalo, Chava, Kai Borg, and Tai! Ring, ring... "SOS, I'm losing my mind and loving it." Ozzie is a complete natural at acting. He lived the part and added a bit of zest to every line. Shade is crucial on any beach. Thank you mother nature for providing this Mag Vibey Stoney fort! Yin Yang Stoneys Boardshorts. A perfect match for Ozzie Wright! Mitch Coleborn throwin' it up for the Polka Dot Stoneys. Lights, camera, action! BEWARE of this puddle of water that will teleport you to this secret island, man! Mag Vibes Stoney session with Yago Dora. Yago day-dreaming about the Georgia May Jagger scene. Ozzie soaking up the last bit of sun on this epic shoot location. The emotions of getting your board stolen... get 'em! Ozzie making the run for it in his Yin Yang Stoney Boardshorts. Dusty: "Ey, Tai boy, I just wanna surf." Tai: "Ey, boy, let's go, I'll swim." Mitch is a trooper and down for whatever! He’s also known as “SPAWN.” Director Mike Aho filing Ozzie’s conch with a bit more of that island freak out juice! The location was magical. Every corner felt like you were on either the Moon or Mars! Any time there was a break, the boys were on it to catch a few waves to keep sane! Dusty keeping his cool! We handed out disposable cameras to everyone and this was what we got out of Ozzie. Stoney fort vibes. The Nates! Coco, Quincy, and Maud thing to hold the humor in! This was the first scene we shot. This Wave Magnet shirt was brown by the end of it. Ozzie selfie take 2. We shot from sunup to sundown. By the end of it, we were cooked! Director Mike Aho prepping the guys for the next scene. This was definitely a team effort and everyone pulled their weight. Push-ups and beer! No better way to keep you lookin' good and happy! Oh, and some handstands to really get that blood flow going! The final scene is where things got a little fuzzy and obviously out of focus! Mike Aho, Ryan Immegart, and Ryan Thomas in their element. The talent! It was so epic working on this project and doing something different! Here’s Mike Aho telling some big Hawaiian bradahs what to do! Chava Greenlee, Kai Borg, and Tai Vandyke have been a part of the Volcom Family since the early days and they’re still running it. Haole Time! Nate Tyler trying to pull it together as the boys are rousting each other! And that's a wrap...
Volcomunity Blog

“⭐︎SURF&CAMPING⭐︎” BY YUKI FURIHATA

Hello皆さんこんにちは〜⭐︎ スノーシーズンも終わり、早速サーフ&スケートキャンプに行ってきましたー⭐︎ ゆっくりとサーフィンして、ゆっくりとBBQとお酒を飲みながら愛犬とまったり。 地方の地物をいただきながら過ごす時間は格別です♪ 冬にはできない夏の楽しさがある四季がある日本って最高。 シーズンにあった遊びをするのが私流。 もちろん、一年中スノーボード、サーフィン、スケートで心も体も ナチュラルにフレッシュなまま。 一年中紫外線の下にいるからシミ、そばかすも気になるけど、 ケアをしながらナチュラルで行こう。 無理に背伸びをせず、自然体のままの今が好き。