Search

Recent News + Video

Volcomunity Blog

“Buzz Boyz in Volcom Skate park” BY Joji Shimamoto

去年の10月にアメリカで開催されたVolcomが主催したスケートコンテスト "Wild in the park"  決勝に出場するために渡米した、Yuto HorigomeとDaisuke Ikedaの2人。 大会でDaisukeが14underのクラスで優勝! そしてYutoもOpenクラスで準優勝という輝かしい成績を残した。 そんな2人が大会後にCosta MesaにあるVolcom parkにて貸し切りセッションを行った。 その時のライディングカットがこちら ↑Yuto Horigome  F/S crooked ↑Daisuke Ikeda  F/S flip ちなみこの時の映像は、Daisukeが表紙を飾ったTransworld skateboardingの最新号の付録DVDに収録されています。 そしてDaisukeは15歳、Yutoも16歳のYoung gunzで、目標もしっかり持っていて これからが楽しみな2人でもある。 big up Buzz Boyz!! true to this joji
Volcomunity Blog

“「ELLI-ROSE」本の発売に向けて” BY ELLI-ROSE

PHOTO ART STYLE BOOK 「ELLI-ROSE」 書店イベント 握手・サイン会は来月 都内某書店にて予定しております。 たくさんの方から「握手会はやらないんですか?」と質問があったので、あることだけは 先に報告しなきゃと思って^_^ 本の製作はとてもいい感じに進んでいて 今、最後の追い込みで素敵に仕上げてます! ファッションやビューティーはもちろん 私のまっすぐな気持ちや思い 素顔やライフスタイル ミュージックに恋愛 ヒストリーやプライベートがたくさん知れる本になってます。 今まで支えてくれたファンの皆様への、感謝の気持ちをこの一冊に込めて、エリーローズらしさ、エリーローズの世界観を魅せます。 皆さんが少しでも共感できたり、ハッピーな気持ちになれたり、癒されたり、インスピレーションや夢を与えられ、支えになれたら嬉しいな。 私のことを知らない人にエリーローズを知ってもらえる本になっています。 たくさんのサポートがあったからこそ この本が出せて.... 心からありがとうって感謝の気持ちでいっぱい... 本当に嬉しくて、エリ幸せです(/ _ ; )♡ 販売イベントにも是非来てください。 詳細等は追って告知しますので 楽しみにしていてくださいね♡
Product

VOLCOM x RAINS COLLABORATION

デンマーク発のレインウェアブランド"RAINS"に別注したレインジャケットをリリース! V&R Jacket : 18,000yen +tax / Size : S,M,L,XL RAINSのライトウェイトウォータープルーフ素材をエレガントでマットな質感に仕上げ、着用した際に快適かつ動作性の高いプロダクトになっています。クラシカルなコーチジャケットデザインを取り込んだうえ、耐水性を高めるために取り外し可能なフード付き。 50%ポリウレタン+50%ポリエステル 耐水圧3000㎜ 冒頭の映像は、本コラボレーションのアンバサダーであるデンマーク出身のVOLCOM SKATE TEAM RIDER "Rune Glifberg"が出演し、RAINSとRuneの地元であるコペンハーゲンで撮影されたプロモーション映像となっています。 ABOUT RAINS 年間を通して降雨量が多いデンマークの首都コペンハーゲンで生まれたブランド“RAINS”。伝統的なレインコートのスタイルをRAINS独自のフィルターを通すことによって、多様性や彩りの多いモダンなシティライフにマッチしたデザインであるのと同時に、実用的な機能性を持ち合わせたアウターウェアへと変換しています。RAINSのデザインの基盤には、モダンなスタイルと機能性を融合させるという現代のニーズがあります。雨につきまとう憂鬱なイメージをポジティブに変えて、雨の日も美しく、インスピレーションの湧くものだという新しい価値観を提案しています。 RAINSのミッションは、日々の生活やアウトドアライフの中に起こりうる、様々な瞬間を楽しむためのインスピレーションやモチベーションを与えることです。年間121日も雨が降る国にとっては、欠くことのできないアプローチです。 本商品に関するお問い合わせ先 03-5771-4560 VOLCOM JAPAN CUSTOMER SERVICE
Volcomunity Blog

“「ELLI-ROSE」レプモ予約” BY ELLI-ROSE

PHOTO ART STYLE BOOK 「ELLI-ROSE」 レプモでも予約開始です! https://shop.lespros.co.jp/talents/detail.php?id=83 レプモにて予約していただくと、 ①購入者全員に直筆サイン入り ②抽選で1名様にスペシャルボックスをプレゼント♪ ぜひ応募してね♡ 【特典付き予約受付期間】2/3(水)21:00 ~ 2/23(火)23:59 【発売日】2016年2月24日(水)
Surf

Kelly Slater – 2016 Volcom Pipe Pro Champion!

2/2(火)ハワイ、オアフ島、ノースショア、バンザイパイプラインでこの冬一番の波で開催されたVolcom Pipe Proファイナルデイが無事終了した。 Jamie O’Brien (HAW)、Bruce Irons (HAW)、Makai McNamara (HAW)を相手にシャロー・リーフで炸裂するバレルバトルとなったファイナルヒートをKelly Slaterが2年ぶり2度目のチャンピオンを獲得した! Kelly Slater. photo: Brian Bielmann ファイナルは30分のヒートで行われ、開始早々Jamie O’Brien、Bruce Ironsがロースコアーの波に乗り、それを見ていたMakai McNamaraがこのヒートのハイエストセカンドスコアーの8.67ポイントでアンサーバック。20歳のMakai McNamaraがオープニングウェーブでリードし、Kelly Slaterは、1本目の波で7.83ポイントを出し2位につける。 11回世界チャンピオンを獲っているKelly Slater、他の選手が中々スコアー出来ない中、バックアップの8.73ポイントを出し勝利を確定させた。 『最高だよ。大会で優勝したのは2年振り。それがこのイベントだった」と、Kelly Slaterが笑って言った。「確かに今シーズンを最高に良い形でスタートを切れたから良い気分だよ。ビッグウェーブ、素晴しいバレルをゲット、ハイスコアもマーク出来た。パーフェクトな南東からのトレードとビッグな爆弾のような波。最高な一日だった。』 Jamie O’Brienは、長いレフトのセカンドセクションでバレルを見つけ 4.27ポイントを出し、インサイドのバックドアバレルで5.67ポイントのミドルスコアーを出しトータル9.94ポイントを出し2位でフィニッシュ。 Jamie O'Brien. photo: Brian Bielmann Jamie O'BrienはRound 4で、ウルトラディープなバックサイバレルをメイクし、ファイナルデイの最初のパーフェクト10ポイントをスコアーし、Electric 10-point ride awardを獲得し$1,000をゲットした! 『残り時間が11分ぐらいあった。波を見つけて、自分にプライオリティがあった。自分を出来る限りのポジションに自分をセットしようとした。いつものヒートでは、あまり深いポジションは好きではないんだ。メイク出来るとは思わなかったけど、その波は大砲のような勢いでスピッツとともに自分を吐き出した。快感だったね。ビーチの大歓声が聞こえて来たよ。』 Makai McNamarもセミファイナルで、イベント最大の最も完璧なパイプラインの波でバレルをメイクし Electric 10-point ride awardを獲得し$1,000をゲットした! Makai McNamara. photo: Brian Bielmann Makai McNamara. photo: Brian Bielmann Bruce Ironsは、今大会の最もチャージを見せたライダーに与えられるTodd Chesser Hard Charger Awardを獲得した。 「こんな賞を受賞出来る何て予想していなかった」とBruce Ironsが言った。 「僕はTodd Chesserをリスペクトして育ってきたんです。子供の頃からずっと彼を見て来ました。彼はいつもTodd Chesserだった。ビーチで見ていると彼は必ず最大のライトに突っ込んでいた。パドルアウトするたびに、僕はTodd Chesserの波についていつも考えている。この賞を本当に誇りに思います。」 Bruce Irons. photo: Brian Bielmann ファイナルデイのハイライト動画はこちらから! Volcom Pipe Pro Official Results 1st – Kelly Slater (USA) $16,000 and 3000 pts 2nd – Jamie O’Brien (HAW) $10,000 and 2250 pts 3rd – Makai McNamara (HAW) $4,750 and 1680 pts 4th – Bruce Irons (HAW) $4,250 and 1580 pts Todd Chesser Hard Charger Award – Bruce Irons Semifinal – 1st and 2nd advance, 3rd=5th place, 4th=7th place SF1: Kelly Slater (USA), Bruce Irons, Marco Giorgi (URY), Joan Duru (FRA) SF2: Jamie O’Brien, Makai McNamara, Tom Whitaker (AUS), Dusty Payne Quarterfinals – 1st and 2nd advance, 3rd=9th place, 4th=13th place QF1: Bruce Irons, Marco Giorgi (URY), Jack Robinson (AUS), Dimitri Ouvre (BLM) QF2: Kelly Slater (USA), Joan Duru (FRA), Chris Ward (USA), Torrey Meister QF3: Makai McNamara, Dusty Payne, John John Florence, Eala Stewart QF4: Jamie O'Brien, Tom Whitaker (AUS), Mason Ho, Soli Bailey (AUS) Round of 32 – 1st and 2nd advance, 3rd=17th place, 4th=25th place H1: Marco Giorgi (URY), Joan Duru (FRA) Koa Smith, Griffin Colapinto (USA) H2: Bruce irons, Torrey Meister, Brent Dorrington (AUS), Kiron Jabour H3: Kelly Slater (USA), Jack Robinson (AUS), Ezekiel Lau, Takayuki Wakita H4: Chris Ward (USA), Dimitri Ouvre (BLM), Sebastian Zietz, Nathan Yeomans (USA) H5: John John Florence, Soli Bailey (AUS), Ian Gouveia (BRA), Aritz Aranburu (ESP) H6: Eala Stewart, Tom Whitaker (AUS), Nic Von Rupp (PRT), Shun Murakami (JPN) H7: Jamie O’Brien, Dusty Payne, Mitch Coleborn (AUS), Tanner Hendrickson H8: Mason Ho, Makai McNamara, Wiggolly Dantas (BRA), Billy Kemper Round of 64 – 1st and 2nd advance, 3rd=33rd place, 4th=49th place H1: Marco Giorgi (URY), Kiron Jabour, Keanu Asing, Joel Centeio H2: Koa Smith, Brent Dorrington (AUS), Derek Peters (USA), Patrick Gudauskas (USA) H3: Bruce Irons, Joan Duru (FRA), Mikey Bruneau, Billy Stairmand (NZL) H4: Torrey Meister, Griffin Colapinto (USA), Conner Coffin (USA), Granger Larsen H5: Ezekiel Lau, Dimitri Ouvre (BLM), Gavin Gillette, Ian Walsh H6: Jack Robinson (AUS), Nathan Yeomans (USA), Hank Gaskell, Jean Da Silva (BRA) H7: Sebastian Zietz, Takayuki Wakita, Carlos Munoz (CRI), Brian Toth H8: Chris Ward (USA), Kelly Slater, Gavin Beschen, Yago Dora (BRA) H9: John John Florence, Eala Stewart, Balaram Stack (USA), Leonardo Fioravanti (ITA) H10: Ian Gouveia (BRA), Hiroto Ohhara (JPN), Hizunome Bettero (BRA), Victor Bernardo (BRA) H11: Tom Whitaker (AUS), Soli Bailey (AUS), Yujiro Tsuji (JPN), Leandro Usuna (ARG) H12: Nic Von Rupp (PRT), Aritz Aranburu (ESP), Kai Mana Henry, Ricardo Christie (NZL) H13: Dusty Payne, Makai McNamara, Miguel Tudela (PER), Kevin Sullivan H14: Mitch Coleborn (AUS), Billy Kemper, Olamana Eleogram, Bino Lopes (BRA) H15: Mason Ho, Tanner Hendrickson, Noe Mar McGonagle (CRI), Cory Arrambide (USA) H16: Wiggolly Dantas (BRA), Jamie O’Brien, Keoni Yan, Lucas Silveira Round of 96 – 1st and 2nd advance, 3rd=65th place, 4th=81st place H1: Marco Giorgi (URY), Derek Peters (USA), Cahill Bell-Warren (AUS), Kai Barger H2: Koa Smith, Kiron Jabour, Noa Mizuno, Kaito Ohashi (JPN) H3: Mikey Bruneau, Griffin Colapinto (USA), Mitchell Parkinson (AUS), Parker Coffin H4: Torrey Meister, Bruce Irons, Makuakai Rothman, Seth Moniz H5: Gavin Gillette, Jean Da Silva, (BRA), Chris Foster, Ohno Masatoshi (JPN) H6: Hank Gaskell, Dimitri Ouvre (BLM), Tim Reyes, Ian Gentil H7: Brian Toth, Chris Ward (USA), Luel Felipe (BRA), Gavin Sutherland H8: Yago Dora (BRA), Takayuki Wakita, Kaito Kino, Takumi Nakamura (JPN) H9: Leonardo Fioravanti (ITA), Victor Bernardo (BRA), Benji Brand, Kona Oliveira H10: Ian Gouveia (BRA), Eala Stewart, Dylan Lightfoot (ZAF), Takumi Yasui (JPN) H11: Leandro Usuna (ARG), Kai Mana Henry, Joshua Moniz, Kaimana Jaquias H12: Nic Von Rupp (PRT), Yujiro Tsuji (JPN), Imaikalani deVault, Adrien Toyon H13: Makai McNamara, Billy Kemper, Kalani David, Koa Rothman H14: Olamana Eleogram, Kevin Sullivan, Kalani Chapman, Alex Smith H15: Mason Ho, Keoni Yan, Sunny Garcia, Myles Padaca H16: Lucas Silveira (BRA), Cory Arrambide (USA0, Kekoa Cazimero, Allen Schuyler Volcom Qualifier Wildcard - Koa Rothman Round of 112 – 1st and 2nd advance, 3rd=9th place, 4th=105th place H1: Kai Barger, Noa Mizuno, Gregg Nakamura, Joao Marco Maffini H2: Mikey Bruneau, Bruce Irons, Shayden Pacarro, Kamalei Alexander H3: Chris Foster, Ian Gentil, Ulualoha Napeahi, Landon McNamara H4: Gavin Sutherland, Takayuki Wakita, Dylan Goodale, Elijah Gates H5: Kona Oliveira, Eala Stewart, Sheldon Paishon, Derek Wong H6: Kai Mana Henry, Imaikalani deVault, Evan Valiere, Dylan Kowalski (USA) H7: Makai McNamara, Kalani Chapman, Luke Shepardson, Jason Shibata H8: Myles Padaca, Allen Schuyler, Travis Beckmann, Ezra Sitt
Surf

Day 2 Volcom Pipe Pro – RECAP

2/1(ハワイ時間)、ハワイ、オアフ島、ノースショア、バンザイパイプラインを舞台に冬のシーズンでもベストな波でvolcom Pipe Pro Day2が本日無事終了した! ノースショアを代表し、ディフェンディングチャンピオンでもあるJohn John Florence (HAW) が本日のハイエストヒートトータルスコアー18.84ポイントを記録した。 John John Florence. photo: Tai VanDyke 『ヒートは本当にファンだった。1日中ヒートを見ていて興奮したよ。』John John Florenceが言った。『今朝からゆっくり良くなって、信じられないコンディションだったね。緩いオフショア、サニーバレルずっとこのままで…ずっとこのままで…と思っていたよ。』と続けた。 11回ワールドチャンピオンのKelly Slater (USA)は、Chris Ward (USA)、Gavin Beschen (HAW)、Yago Dora (BRA)を相手にChris Wardに次ぎ2位でラウンドアップを見せた。 Kelly Slater. photo: Tai VanDyke 『これは間違いなく今年1番のベストパイプだね。この数時間は信じられないコンディションだった。』とKelly Slaterは言った。『たくさんの波があって、アドレナリンをキープして、自分自身を落ち付かせるのがハードだった。自分の掴んだ最初の波は凄く良かった。でも少し奧過ぎて捕まってしまったよ。その後インサイドでChris Wardが凄く良いバレルをメイクするのを見て、3発食らった。そんな感じで良いスタートではなかった。でもいくつかのバックアップを見つける事ができたんだ。』と続けた。 ハワイアンチャージャーのZeke Lau (HAW)は、エピックなバックドアでイベント唯一のパーフェクト10ポイントを出しトータル16.07ポイントでラウンドアップを見せた。『10ポイントは最高だね!』とZeke Lauは言った。 Ezekiel Lau. photo: Brian Bielmann 昨年の12月に行われたパイプ・インヴィテーショナルに優勝し、センセーションを引き起こしたJack Robinson (AUS)は、パーフェクトなパイプラインで9.00ポイント7.83ポイント、トータル16.83ポイントでラウンドアップを決めた。 ヒート終盤3位に付けていたBruce Irons (HAW)はラスト40秒で素晴らしいバックドアの波にレイトなテイクオフからバレルをメイクし9.40 ポイントをメイクし大逆転でRound 4へ駒を進めた。 Bruce Irons. photo: Lugo ネクストコールは、明日の朝7:30(ハワイ時間) 、2:30(日本時間)です。 明日も予報では素晴らしいコンディションになる模様。 Liveをチェックしてみて下さい。 ヒートを見逃した方は、 Heats On Demand、Photo Gallery をチェック!! Results Round of 64 – 1st and 2nd advance, 3rd=33rd place, 4th=49th place H1: Marco Giorgi (URY), Kiron Jabour, Keanu Asing, Joel Centeio H2: Koa Smith, Brent Dorrington (AUS), Derek Peters (USA), Patrick Gudauskas (USA) H3: Bruce Irons, Joan Duru (FRA), Mikey Bruneau, Billy Stairmand (NZL) H4: Torrey Meister, Griffin Colapinto (USA), Conner Coffin (USA), Granger Larsen H5: Ezekiel Lau, Dimitri Ouvre (BLM), Gavin Gillette, Ian Walsh H6: Jack Robinson (AUS), Nathan Yeomans (USA), Hank Gaskell, Jean Da Silva (BRA) H7: Sebastian Zietz, Takayuki Wakita, Carlos Munoz (CRI), Brian Toth H8: Chris Ward (USA), Kelly Slater, Gavin Beschen, Yago Dora (BRA) H9: John John Florence, Eala Stewart, Balaram Stack (USA), Leonardo Fioravanti (ITA) H10: Ian Gouveia (BRA), Shun Murakami(JPN), Hizunome Bettero (BRA), Victor Bernardo (BRA) H11: Tom Whitaker (AUS), Soli Bailey (AUS), Yujiro Tsuji (JPN), Leandro Usuna (ARG) H12: Nic Von Rupp (PRT), Aritz Aranburu (ESP), Kai Mana Henry, Ricardo Christie (NZL) H13: Round of 96 – 1st and 2nd advance, 3rd=65th place, 4th=81st place H1: Marco Giorgi (URY), Derek Peters (USA), Cahill Bell-Warren (AUS), Kai Barger H2: Koa Smith, Kiron Jabour, Noa Mizuno, Kaito Ohashi (JPN) H3: Mikey Bruneau, Griffin Colapinto (USA), Mitchell Parkinson (AUS), Parker Coffin H4: Torrey Meister, Bruce Irons, Makuakai Rothman, Seth Moniz H5: Gavin Gillette, Jean Da Silva, (BRA), Chris Foster, Ohno Masatoshi (JPN) H6: Hank Gaskell, Dimitri Ouvre (BLM), Tim Reyes, Ian Gentil H7: Brian Toth, Chris Ward (USA), Luel Felipe (BRA), Gavin Sutherland H8: Yago Dora (BRA), Takayuki Wakita, Kaito Kino, Takumi Nakamura (JPN) H9: Leonardo Fioravanti (ITA), Victor Bernardo (BRA), Benji Brand, Kona Oliveira H10: Ian Gouveia (BRA), Eala Stewart, Dylan Lightfoot (ZAF), Takumi Yasui (JPN) H11: Leandro Usuna (ARG), Kai Mana Henry, Joshua Moniz, Kaimana Jaquias H12: Nic Von Rupp (PRT), Yujiro Tsuji (JPN), Imaikalani deVault, Adrien Toyon H13: Makai McNamara, Billy Kemper, Kalani David, Koa Rothman H14: Olamana Eleogram, Kevin Sullivan, Kalani Chapman, Alex Smith H15: Mason Ho, Keoni Yan, Sunny Garcia, Myles Padaca H16: Lucas Silveira (BRA), Cory Arrambide (USA), Kekoa Cazimero, Allen Schuyler Balaram Stack. photo: Lugo