Search

Recent News + Video

Surf

Osmo Thrombo – The Lo-Fi B-Movie Of Hi-Fi Shredding

THE REAL JOURNEY OF AN UNREAL SURF FLICK, OSMO THROMBO. Words by Tom Carey 時にはプランも変更される事がある。 我々のサーフトリップはオーストラリアから始まりインドネシアで終わった。 Nate Leal(フィルマー)、私Tom Carey(フォトグラファー)はカリフォルニアからシドニーのブリズベンの飛行機に乗り、Ozzie Wright、Noa Deane、Mitch Coleborn、Mikey Mallalieu (オージーフィルマー)と会った。しかし、太平洋横断の飛行は天候がひどく変動していた。 オーストラリアのうねりの予想は私達が予想していたよりも良かった。 Noa and beauties from another world. Mitch, Ozzie and Noa travel zonked at the ferry boarding station. You never know who you’re gonna meet while waiting for your boat to come in… ..And you never know who you’ll be invited to hang with once out to sea. The locals enjoyed our company and had some good laughs. インドネシアはカリフォルニアから来るサーファーからは遠く、もう1回のフライト、バンでの3時間の移動、2時間のフェリーライド、そして最後に30分の車での移動と非常に大変な旅であった。だから波が良い事を祈っていた。 No shortage of post card views along the way. Village life. Finding beach shade was key to survival on our destination island. The big goon himself, Ozzie Wright, marks trails and takes his own shade with him everywhere he goes. Ozzie and the best way to shower off days of travel grime. Ozzie out of the shower and right back into being a slob. Noa indy… going big and tech in the natural world. Apparently, all the plane flights to get there wasn’t enough air time for Mitch. Post-surf refueling. All I can say is that these were no ordinary coconuts... ...Just ask Ozzie. The maxed out conditions at the right made for some tricky situations, but when you found a good one, the ramps were massive! Mitch’s backhand is second to none, as seen here. Noaはサーフボードのフィンボックスを壊した後でも幾つかのエアをメイクしていた。しかしフィルムを完成させる為のショットはまだまだ不十分であった。 Ozzie and his favorite travel companion. The little ditch that stopped us in our tracks. Gathering rocks to wedge under the tires and try to lift the van high enough to drive out of the ditch. Noa spotting something unexpected at the left that would completely alter the rest of the trip. (Watch the flick, Osmo Thrombo, about this adventure to found out what.) Ozzie, Mitch and Noa at the Tropical Beach Alien Communication Centre. Ozzie tuned in. 私達は最終日にビックスウェルで目が覚めた。満潮の時は風が良くヘビーチューブをスコアした。干潮時は極度に浅い。 We rented an indo canoe powered by a five-horse-power-converted weed whacker outboard. 私達は興奮してボートからラインナップへ飛び込んだ。 初めにvantage pointの近くに行くとタイドが低く見えた。突然そこにクレイジーな波が入りライダー達はゲットできた。しかし、ラインナップに行くとその波がなかった。楽しいがチューブを巻く波はそこにはなかった。事態が悪化するようにクレイジーなスコールが発生した。そこから20分間集中豪雨が続いたが雨が止み緩いオフショアに変わり波がパンプしてきた。 Ozzie’s wave-count doubled everyone else's on the trip. He’s all smiles here after getting barreled for 50 yards across the shallow reef. After the rain squall, the wave became a full-fledge photo studio. Mitch just inches away from my camera. The power of a fisheye lens. We substituted the sun for offshore winds. Ozzie approved. A few gems came in before the squall. Noa found the best one. Mitch mid-pump on a little screamer. 我々はその日6時間ぶっ続けでチューブの波でサーフした。私たちが望んでいた全ての時間のセッションだった。私たちはその日の夜フッテージをチェックしストークした。 その祝いとしてMitchはヘアーカットを行った。 Mitch got the first cut and rocked it the rest of the trip. 翌朝オンショアで波も終了していた。波が終了し私たちも同じく終了した。家に帰る時だった。旅は終了。 数時間のフッテージと数多くのストーリー。 Ryan ThomasはOSMO THROMBOとういうタイトルをつけた。 ローファイ、カルト、サーフアクション、冒険、ドラマチック、SF、ファンタジー、ブロマティック、コメディー、快感、アウターリミッツのB級映画、ハイクオリティーな波乗りと幻想的なチューブタイム、急展開で奇妙な経験になる。 そして最終的にはMitchを救助する任務へと… Three of them was a handful. I couldn’t imagine keeping track of nine. Until next time!
Press

VOLCOM WOMENS 2017 FALL & HOLIDAY STYLE GUIDE

Dress: VELOUR YOU IN DRESS  Hoodie: BURNED DOWN HOODY  Dress: KEEP CRUISIN DRESS  Sweater: PETAL METAL SWEATER  Jacket: BEAT BEACH JACKET  Tee: OZZIE TEE  Dress: VOLCOM 1991 JUMPER SKIRT  Top: TRUE TO THIS RAGLAN  Jeans: STRAIGHT & DESTROY Short: LIL SHORT  Jacket: TEAM VOLCOM JACKET Dress: KEEP IT FLY DRESS  Jacket: ARMY STONE MA-1 Bodysuit: METAL BODYSUIT  Earring: STONE PARTY PIERCE   Hoodie: FLAG LOVE BIG HOODIE  Pants: VOLCOM 1991 WIDE PANTS   Throwover: LIL KIMONO Hoodie: MY FUTURE PO FLEECE  Skirt: HOOK IT UP SKIRT    Cardigan: PALMS UP SWEATER Top: TRUE TO THIS RAGLAN Jeans: HIGH RISE LADY JEAN   Dress: COLD DAZE DRESS Hat: PIPE DREAM HAT  Earring: STONE PARTY PIERCE   Dress: COOKTAIL SLEEVE DRESS  Bag: STONE TETRA BAG Hat: PIPE DREAM HAT  Backpack: SCHOOLYARD CANVAS BACKPACK   Dress: Girlz Gone Fleece Dress  Shirts: NEW FLAME LS   Jacket: VOL STONE JACKET Shirts: DESERT FLY LS  Short: 1991 SHORT Earring: STONE PARTY PIERCE    Jacket: FULL OF IT JACKET  Hoodie: SLIDIN’ HOODIE Pants: VOLCOM 1991 WIDE PANTS Earring: STONE PARTY PIERCE   Cardigan: Fluffy Gown Cardigan  Blazer: MAD HOTTER BLAZER Pants: MAD HOTTER PANT Tee: LET’S GO RINGER  Earring: STONE PARTY PIERCE    Hoodie: GIRLZ GONE BIG HOODIE  Pants: FROCHICKIE PANT    Earring: STONE PARTY PIERCE    Jacket: FUREALS COAT  Top: ALL OR NOTHING RAGLN  Bralette: BLINGTANG BRALETTE  Pants: VELOUR YOU IN PANT    Jacket: BREWSTER COACH JKT  Tee: RADICAL DAYS TEE  Pants: FROCHICKIE PANT  Jacket: ACID RAIN JACKET  Shirts: CHAMPAIN TRAIL TOP  Skirt: CHAMPAIN TRAIL SKT  Hat: STONE APPROVED HAT Earring: STONE PARTY PIERCE   Tee: GMJ TEE  Skirt: GMJ SKIRT Photo:MASAMI SANO (KiKi inc.) Styling:KUMIKO SANNOMARU Hair&Make: TORI. Model: JULIA ABE
Events

VOLCOM Patagonia Partner CHP SUN RISE BEACH CLEAN UP

VOLCOM NEW FUTUREプログラム(環境保全、教育支援、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組み)の一環として、ネオプレン不使用の天然ラバーのウェットスーツや、コレクションの全てがフェアトレード製品になったスイムウェアなど、高機能ながらも環境・社会的に配慮した製品を展開するアウトドアウェアブランド“Patagonia”と、環境保全、地域支援など、よりよい未来を創るための様々な取り組みを推進する世界で初めて3S(サーフ、スノー、スケート)カルチャーをカバーしたアパレルブランド “VOLCOM”がタッグを組み、日本の老舗サーフボードメーカーであり、サーフィン専門店である“CHP”と、散乱ごみの調査やクリーンアップを通じて海や川の環境保全を行っている非営利の環境NGO団体“JEAN”の協力のもと、今回で9回目となるビーチクリーンを10/15(日)千葉県長生郡一宮町サンライズ&ヨンライズポイントにて開催します! Patagonia、VOLCOM、CHP、JEANは共に手を取り、これまで計8回、継続的にビーチクリーンイベントを行っています。 前回のPatagonia VOLCOMビーチクリーンの模様はこちらからご覧になれます。 ひとりひとりが自分たちの未来に対して意識を持って、実際にアクションを起こすことでよりよい未来を築きましょう! 本イベントはどなたでも参加することができます。いつもたくさんのことを与えてくれる自然、海に感謝し、できることからはじめましょう! また今回はJEAN主導のもと、秋の「国際海岸クリーンアップ(International Coastal Clean : ICC)」に参加します!参加者の方々には、ごみ調査チェックシートへの記入にご協力をお願いします。 「国際海岸クリーンアップ(International Coastal Clean : ICC)」とは: 海のごみ問題は、拾うだけでは決して解決しません。それはいくらごみを回収しても、新たなごみが繰り返し発生し、漂着するためです。秋のキャンペーンでは、海ごみ問題の根本的な解決方法を探るため、アメリカの環境NGOオーシャン・コンサーバンシーが提案する世界共通の手法(ICC)を取り入れ、ごみの内容を調査し、ごみの問題点を参加者一人ひとりに気づいてもらいながら、改善するための方策を探っています。これから先もずっとごみを拾い続けるのではなく、私たち自身がごみを減らさなければ海ごみ問題は解決しないことを、参加者一人ひとりに理解してもらうことが目的です。 【詳細】 日程:10月15日(日) 時間:9:45 (受付開始) 10:00(開会式のちスタート)~11:30(終了) 参加特典:数量限定の記念Tシャツ ※1 場所:千葉サンライズポイント~ヨンライズポイント(千葉県長生郡一宮町東浪見) Aポイント(集合場所)-パタゴニアサーフ千葉ストア (千葉県長生郡一宮町東浪見7404 Tel: 0475-40-6030) Bポイント(ゴミ集積場所)-CHP本店 (千葉県長生郡一宮町東浪見7428 Tel:0475-42-4626) ※パタゴニアサーフ千葉ストア & CHP本店にて オーガニックマーケット/ワークショップ同日開催予定 【↓オーガニックマーケット出展内容atパタゴニアサーフ千葉ストア↓】 <ヨガ教室> 子供から大人までみんなが楽しめる青空ヨガ教室 講師:笑美さん (全米ヨガアライアンス200時間終了・健康運動指導士・日本サップヨガ協会公認インストラクター) 開始時間:11:45~ 所要時間:45分程度 ※どなたでも無料でご参加頂けます。 <ワークショップ> 一宮ウミガメを見守る会 (海岸でのウミガメの巣の調査 ~産卵から孵化して海に帰るまで~&折り紙で折カメ作り) 貝磨き (貝のお守りメダルづくり) <飲食> こがし焼きそば三ツ星 (自然農と焼きそば販売) 好文堂 (感謝団子) <ハンドメイドクラフト・物販等> 海音87 (海のキャンドルのワークショップ、販売) サボテンミサイル (多肉植物の販売) シルバーリボンジャパン & ゆめが丘DC (フラワーアレンジ、和小物、点字用紙リサイクル封筒などの手作り品) すみだ農園 (オーガニック朝採れ野菜) 布ナプキンのお店smile smile (オーガニック素材の生理用ナプキン) AKYU SurfBoardCase (サーフボードケースなど端切れ素材での手作り品) Cocoua (着物などを再利用したバッグや小物) dwarfhandworks (ユーズドのデニム、バンダナを使ったポーチやバッグ、ヘアアクセサリー等) Kei Otsuka(波乗り絵描人) (アート(ウッドキャンバス)) LILIA (手作りアクセサリ) Mind (ハンドメイドのクラッチバックやショルダーバック主に麻や毛糸、 ヴィンテージリーバイスなどを使用したバック) natur+aloha* (手作り人形)Etc... 【↓出展内容at CHP本店↓】 <ワークショップ> VOLCOMワークショップ Supported By シルバーリボンジャパン (点字用紙とスワッチをリサイクルしたSTONE型におい袋) ※1) 3歳以下のお子様に関しては、適切なサイズのご用意がありませんので、 Tシャツの配布ができませんことをご了承ください。 代わりにささやかなプレゼントをご用意してお待ちしております! 永塚製作所の協力のもと、ゴミ拾い用トング“MAGIP”の無料貸し出しを実施予定。 ※数に限りがありますことをご了承ください。 ご使用された方は、必ず所定の場所へご返却をお願いいたします。 またゴミをなるべく出さないためにも、当日ビーチクリーンに使用するゴミ袋は、 各自スーパーやコンビニ等の不要な袋をご用意ください。 CHP本店前に出展予定のVOLCOMテントでは、シルバーリボンジャパンの協力の元、不要になった”点字用紙”と”スワッチ”(下写真参照)をリユースするワークショップを開催予定!もちろん無料で参加できるので、是非ご参加下さい!今回はVOLCOM STONE型のにおい袋を予定! シルバーリボンジャパンとは?: シルバーリボンは、脳や心に起因する疾患(障がい)およびメンタルヘルスへの理解を促進することを目的とした運動のシンボルです。「脳や心に起因する疾患(障がい)への理解ある社会の実現を目指す」、私たちシルバーリボンジャパンは、その理念を掲げて啓発活動を展開しています。 きれいな海を未来につなげていくために皆様のご参加をお待ちしております! 【注意事項】 ※駐車スペースに限りがあるため乗り合わせの上、近隣有料駐車場をご利用ください。 ※ゴミをなるべく出さないためにもMyはし、皿、カップのご持参をお願いします。 ※ビーチクリーンであると便利なもの:軍手、トング ※当日は小雨決行となります。 ※荒天の場合は中止となります。判断が難しい場合は、前日の夕方18時までにパタゴニアサーフ千葉&VOLCOMのSNSから情報発信します。 パタゴニアサーフ千葉 Facebook パタゴニアサーフ千葉 Twitter @PatagoniaSurfC VOLCOM Facebook VOLCOM Twitter @JapanVolcom
Events

#ThisFirstコンテスト ファイナルパーティーレポート!!

去る9/9(土)、テキサス州オースティンに居を構えるVOLCOMの複合型実験スペース”VOLCOM GARDEN”にて、#ThisFirst グローバルコンテストのファイナルパーティーが行われました。 #ThisFirst コンテスト ‐ あなたにとって、常に没頭したいという情熱的な「これだ! と思う事」は何? この6月、Volcomはこの地球上で最も情熱的な15名を選び、彼らの夢に投資します。 申し込みは簡単;形式的な履歴書ではなく、たった1つの質問に答えるだけ。「あなたにとって”これだ! と思う事”はどういう事で、何よりも最優先される”これ”はどんな意味を持つのか?」 あなたが情熱を持つ”これだ! と思う事”に集中できるように、6週もの間、Volcomが投資という形で後押しします。 この日初めて世界中からこのコンテストの勝者が集まり、それぞれの情熱、”This”を、それぞれのキャリアへと変えることに没頭した、6週間の課題期間を成し遂げたことを祝いました! それぞれの”This”の発表、彼ら全ての勝者たちをフィーチャーした映像の先行上映、Fat Tony, Night Beats, Al Lover, Sound on Sound Fest, Deep Eddy Vodka, Austin Eastcidersによるパフォーマンス、ドリンク提供等が行われ、熱狂的で楽しい夜となりました。長い旅路を経て世界中から集まった勝者たち、そしてこのパーティーにきてくれた全ての人々に感謝を。  コスタリカの勝者”Fabian Ruiz a.k.a. Chama”による、DIYスケートギター&セットによるGIG 日本の勝者”御木 惇史”による、和太鼓とドラムセットをMIXしたオリジナルスタイルのソロパフォーマンス ”Chama”と”御木 惇史”による即興ジャムセッション ヒューストンからの勝者”Canarus Leon”によるブレイクダンスパフォーマンス ”Canarus Leon”と彼のクルーR.A.D 天井からつるされた、フィラデルフィアからの勝者・アーティスト”Sara Becker”の作品 スペインの勝者・映像作家”Angel Perez”は、彼が課題として製作した架空ドリンクのCM映像内で使用した、”Horchata”なるドリンクを展示 ボストンからの勝者・フォトグラファー”Tim Briggs”のメキシコ・バハで撮影した水中写真と、UKの勝者・アーティスト”Joanna Painter”のチャコールアートピース Night Beatsによる屋外ステージでのLIVE Fat Tony LIVEショーケース 屋外ミニランプでのベストトリックコンテスト 世界中から集まった勝者たちとVOLCOM CREW 勝者”Sara Becker” and ”Tylah Kerr” 勝者”Steffen Turmer” and ”Angel Perez” 勝者”Brandon Clements” and Volcom Art Director, Patrick Carrie 勝者”Canarus Leon” and ”Joanna Painter” 勝者”Chen Yu Ching” and ”Tim Briggs” 勝者”Fabian Ruiz” and ”御木 惇史” 勝者”Robert Wall” and Volcom's Hope Lane 勝者”Sara Becker” and ”Fabian Ruiz” Photos by  Levi Thompson, Immegart and Reid
Events

VOLCOM Entertainment LIVE vol.9特設サイト開設!

先日、公式発表したVOLCOM Entertainment LIVE vol.9の特設サイトを開設! イベントの情報は全てここに集約されます。新着情報をお見逃しなく!! VOLCOM Entertainment LIVE vol.9特設サイト http://www.volcom.jp/entlive/
Snow

VOLCOM JAPAN SNOW TEAMに2つの新星が加入!!

VOLCOM JAPANスノーチームに新たなライダーが加入した。 これまでに様々なフリースタイル系コンテストで表彰台に上がり続け、Air Mixで2年連続Best16進出をメイクし、MediaにおいてもMIZOUクルーの最注目株として存在感を出し、ついに今年「裏天神Banked」として奥利根国際で開催されたカモシカレース2017でトッププロや水上ローカルを押さえつけて優勝したことで、若干20歳にして国内のアンダーグラウンドシーンでは倍の年齢のレジェンドからも一目置かれる存在になった、「知る人ぞ知る」久保田空也がついにTEAMに加入した。今シーズンはカナダに移り、よりスケールの大きな滑りを求めて成長することだろう。 一方、飛田流輝は、VOLCOMが主宰していたPeanut Butter & Rail Jamで小学生の頃から優勝し続け、ハーフパイプやスロープスタイル、ビッグエアのコンテストでは常に国内トップクラスの実力で好成績をたたき出し、表彰台の常連と言うべき実力を持つ。2016/17シーズンではPSA等のコンテストでの連勝も記憶に新しく、2017年にはスペインのTOTAL FIGHTで世界の舞台での経験も持つ。今後は5年後の北京も視野に入れつつ、コンペのみならずTEAMに加入することでより魅せるスノーボードも磨きをかけていく事を期待したい。 2人ともまだ荒削りながらも、滋賀県特有の変態スタイルと独特な匂いを放つ空也、そして圧倒的な正確性と類稀なるスキルを持つ流輝は、「負けず嫌い」という共通点を持つ。若くして板に乗れていて、トリックのチョイスも摩訶不思議。伸びしろ無限大な今後の2人の動きに要注目! 左/飛田流輝、右/久保田空也、VOLCOMミレニアム世代がシーンを盛り上げてくれることだろう!!